【無印(新ロゴ版)】

ポケットモンスター(2019新ロゴ版)第4話(通算1101話)『行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!』


【基本情報】

ポケットモンスター(2019新ロゴ版)第4話(通算1101話)
行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!【ガラル】
本放送:2019年12月8日

【あらすじ】

ネットニュースに掲載された『ポケモンが巨大化する現象』の謎を探るために、一路ガラル地方へ向かうふたり。シュートシティからワイルドエリアへ向かう列車の到着を待つ間、名物のスコーンを堪能するが、気を抜いている間に野生のクスネ達とそのリーダーであるヒバニーが、サトシのリュックを奪ってしまう。どうやらこのヒバニーはクスネ達とその日暮らしの生活をしているようだが……。

【スタッフ/使用曲】

脚本   :赤尾でこ
絵コンテ :中田誠
演出   :高木啓明
総作画監督:安田周平
作画監督 :高橋優、高木麻穂

OP
1・2・3
(After the Rain(そらる×まふまふ)Ver.)

ED
ポケモンしりとり(→ミュウ Ver.)

【登場キャラクター】

(レギュラーキャラ)

サトシ(CV:松本梨香)

シュートシティに到着し、名物のスコーンにすっかりご満悦。しかしヒバニーに気を取られている間にクスネ達にリュックを奪われてしまう。ヒバニーをピカチュウが懲らしめリュックは取り戻したが、ヒバニーからは嫌われている様子。

ゴウ(CV:山下大輝)

奪われたサトシのリュックを探す際に、二手に分かれて先にヒバニー達を発見。ピカチュウと戦ったヒバニーのキック力を評価した。懲りずにスコーンを奪ったクスネ達をかばうヒバニーを、自分のポケモンだと嘘をついてまで守ろうとし、さらに『自分の思うように生きればいい』と諭した。

サクラギ博士(CV:中村悠一)

ポケモンが巨大化する現象を自分の目で見て体感するいい機会とし、ふたりを直接ガラル地方へ向かわせる。現地でもスマホロトムを介して連絡を取っている。

スマホロトム(CV:堀内賢雄(サトシ)/マリナ・アイコルツ(ゴウ))

ゴウのスマホロトムは当初、クスネに似せて泥で汚れているヒバニーを判別できなかった。

(レギュラー以外)

キクナ、レンジ

サクラギ博士の助手。

ネットニュースの画像で登場。ガラル地方のポケモン研究者。

(CV:

サトシ達がスコーンを買った店の店主。ヒバニーとクスネの事情を昔から知っているが、いつも店のスコーンを盗まれるのには困っている。

【本編に登場したポケモン】

(手持ちポケモン:レギュラー)

《サトシ》

ピカチュウ(CV:

技:アイアンテール、10まんボルト、エレキネット
リュックを奪い挑発するヒバニーと戦い、懲らしめる。また事あるごとにサトシのお尻を蹴っ飛ばすヒバニーには【10まんボルト】で仕返ししたりと、まだ仲良くなれてはいない様子。

(手持ちポケモン:レギュラー以外)

バリヤード(CV:うえだゆうじ)

ふたりの食べる朝食バイキングの準備を手伝っている。ときどきパントマイムでそっくりに動作して、モノ音も出ているのかゴウも一度だまされた。

(野生ポケモン)

(CV:

クスネ達を引き連れるリーダー的存在。小石を蹴って注意を惹かせるなど、脚力を活かした攻撃や素早さを持つ。自分のぶんのスコーンをクスネ達に分けてあげる仲間想いなところもある。

人に心を開かず、特にサトシには強く当たる場面も多々あるが、はじめて自分の可能性を信じて接してくれるゴウには惹かれるものを感じた。クスネ達に運ばれてワイルドエリア行きの列車に乗った後は、過去の自分と決別するように、泥を落として本来の白いからだに戻る。

(CV:

ヒバニーの子分にあたる3匹組。名前の通り、他人のモノをくすねる(奪う)ことが得意。ゴウに諭されてからは自分達だけで生きようと決意。ヒバニーをサトシ達の乗る列車まで強引に乗せて、リーダーの旅立ちを見送った。

(モブ/セリフなし登場)

トゲピー、ナエトル、ヒトツキ

ガラル地方行きの飛行機に乗っている。

ヨーギラス、ジャラコ、ヌメイル、ジヘッド

シュートシティの人々のポケモン。

マメパト、ニューラ

シュートシティの野生ポケモン。

ピッピ、ウパー、ピチュー、キルリア

サトシ達の乗った、シュートシティ行き列車に乗っていた人のポケモン。

【アイキャッチ】

ヒバニー

Aパートコール:サトシのスマホロトム

【Cパート/ひらめきゲット!Let’sポケなぞ!!】

(EDクレジットのみ表記あり。)

【メモ】

・速く動けば歯も速く磨ける……?

冒頭で寝起きのふたりが歯を磨くシーンがあり、サトシは『歯ブラシと一緒に自分も動けば速く磨ける』という自論を実践。ピカチュウもそれに乗っかるが調子に乗りすぎて、酔ってしまった。ちなみに同じシーンでゴウが歯ブラシを左手に持っていることから、左利きであることが判明した。

・待ち時間どうする?

シュートシティに到着したふたりは、目的地のワイルドエリア行きの列車に乗る予定だが、次の列車到着までは3時間待ち。バスも6時間待ちと聞かされ、待ち時間の間、腹ごしらえに街に繰り出した。

・ヒバニーとクスネ達の過去

昔からシュートシティを住処にしていたクスネ達は、人々と関わろうとせず、食べ物をくすねて生きながらえていた。そこにいつからかヒバニーが仲間になり、クスネ達もお腹をすかせることは少なくなったという。本来ヒバニーのからだは白いが、クスネ達の仲間になるために、自ら泥だらけになってわざと茶色くなった。こすると本来の白いからだが見受けられる。