【サン&ムーン】アローラ

アローラ編第129話(通算1080話)「大乱闘!バトルロイヤル151!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第129話(通算1080話)
大乱闘!バトルロイヤル151!!
本放送:2019年7月7日

※サブタイトルコールはナレーションの堀内賢雄氏が担当。

【本編のあらすじ】

 いよいよ開幕されたアローラ初のポケモンリーグ。その予選は出場者151組のトレーナーとポケモン1体が、決勝に進める16名が残るまで全員一斉に戦う、変則バトルロイヤルだ。実力を知る強豪選手が出揃うなか、サトシやリーリエ達は勝ち残ることができるのか!?

【主な制作スタッフ】

脚本   :藤咲淳一
絵コンテ :斎藤徳明
演出   :牧野吉高
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :新城真

【使用曲】

OP 
キミの冒険

ED 
タイプ:ワイルド
(うた:中川翔子)

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

アセロラ(CV:諸星すみれ)
クチナシが審判として参加するついでに、ポケモンリーグに急遽出場。決勝に進出。

ヒロキ(CV:あばれる君)
ポケモンリーグに出場。予選開始と同時に高らかに叫ぶも、集中砲火をくらい一番最初に脱落した。

イリマ(CV:千葉雄大)
その女性人気ぶりは相変わらず。実力も確かで優勝候補ともいわれるが、そこをスカル団に目をつけられる。決勝に進出。

(CV:遠藤沙季)
試合前、実力者であるイリマを警戒するようグズマに助言。そして自らもイリマにバトルを仕掛ける。自身は脱落したものの「計画は成功した」というが……。

グズマ(CV:加瀬康之)
高い実力を見せつけ、決着目前になってもなお余裕の表情を見せる。決勝に進出。

タッパ(CV:櫻井トオル)、ジップ(CV:堀総士郎)、ラップ(CV:朝日奈丸佳)、スカル団員
相変わらず女子にモテモテのイリマに対し、タッパは強い嫉妬心を見せている。

グラジオ(CV:岡本信彦)
サトシとはお互いをライバルと認め、互いに決勝に進むよう少なく言葉を交わした。決勝に進出。

ザオボー(CV:真殿光昭)
優勝特典であるロイヤルマスクとのエキシビションの為に、急遽出場。決勝に進出。

ピカーラ(CV:藤田咲)
ピカチュウが大好きな、ピカチュウの谷の管理人。ピカチュウで出場するが、ムサシのミミッキュに敗れ脱落。

ブルガン(CV:水内清光)、(CV:岩崎征実)、ミスターエレク(CV:岩崎諒太)
ボスであるブルガンは観戦、部下の2人が予選に出場。カキのバクガメスを2人がかりで追い詰めるが、まとめて倒され脱落した。

、オルオル、釣り名人、マツリカ、カヒリ、オーキド校長(CV:堀内賢雄)、ハウ(CV:福山潤)
ポケモンリーグに出場(対戦中のセリフなし)。このうちマツリカ、オーキド校長、ハウが決勝に進出。

ジーキョウ
アローラポケモンリーグの実況者。

ハラ(CV:檜山修之)、ライチ、クチナシ(CV:)、ハプウ
予選バトルロイヤルの審判を全員で担当。

(CV:木下紗華)、(CV:藤村知可)、バーネット博士(CV:國立幸)
スタジアムの客席とは別の場所で、試合を観戦(試合中はロトムも同じ場所にいる)。

ジョーイ(CV:清水理沙)
リーグ開催期間は、スタジアムに4島のジョーイが一同に会した。

 

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

(CV:大谷育江)
技:アイアンテール、エレキネット、10まんボルト
ウソッキー、ニョロボン、オニシズクモ、ギャラドス、エアームド、ブロスターを撃破。途中何度かダウンするも打開し、

 

【リーリエ】

アローラロコン(NN:シロン)(CV:上田麗奈)
技:こなゆき
カキが攻撃を加えたボーマンダに追撃し撃破。

 

【カキ】

バクガメス(CV:三宅健太)
技:ドラゴンテール、トラップシェル、からをやぶる、ダイナミックフルフレイム(ホノオZワザ)
アローラサンドパン、メタグロスを撃破。またマッドブーバーのブーバーンとミスターエレクのエレキブルに狙われるも、【ドラゴンテール】で撃破する。

 

【マオ】

シェイミ
ナギサと協力し、ヒトデマン、ハーデリア、サニーゴを撃破。

 

【スイレン】

イーブイ(NN:ナギサ)(CV:金魚わかな)
シェイミと協力し、ヒトデマン、ハーデリア、サニーゴを撃破。

 

【マーマネ】

トゲデマル(CV:かないみか)
技:びりびりちくちく、ニードルガード
サトシ達の知らない間に新技【ニードルガード】を習得していた。マシェードとニョロトノを撃破。

 

【グラジオ】

(CV:櫻井トオル)
技:マルチアタック、ブレイククロ―
新たに【ロックメモリ】を装備し、ファイアロー、オコリザルを撃破。

 
【ヒロキ】

ドロバンコ
開始と同時に威勢よく叫んだが、そこを集中砲火され1番に倒される。

 
【ザオボー】

フーディン
技:サイコキネシス
ガントルを撃破。

 

【ピカーラ】

ピカチュウ(NN:ボルト)
技:エレキボール
髪型が特徴的なピカチュウ。にらみ合いをしていたコイキングとナマコブシを撃破、しかしムサシのミミッキュに倒される。

 

【マッドブーバー】

ブーバーン

【ミスターエレク】


技:かみなりパンチ

2体がかりでカキのバクガメスを狙うが、【ドラゴンテール】で一掃され倒される。

 

【イリマ】

イーブイ(CV:清水理沙)
技:とっておき、でんこうせっか、スピードスター
スカル団のしたっぱ達のポケモンを一掃。しかし直後に現れたプルメリのエンニュートに脚を狙われ、撃破するも負傷する。

 

【タッパ、ジップ、ラップ、スカル団員たち】

ヤトウモリ、ズバット、ヤングース、アーボ、スリープ、アローララッタ
徒党を組んでイリマのイーブイに集中攻撃を狙うが、【とっておき】の一撃でまとめて倒される。

 

【プルメリ】

エンニュート
技:ヘドロウェーブ、ドラゴンクロー、りゅうのはどう
したっぱ達を倒した直後のイリマのイーブイを狙う。【スピードスター】で倒されはしたものの、イーブイの脚を負傷させた。

 

【グズマ】

ハッサム
ジャラランガを撃破。

 

【オーキド校長】

ネッコアラ
戦闘描写はなかったが、決勝に進出した。

 

【アセロラ】

ミミッキュ(NN:ミミたん)

カゲボウズ
戦闘描写はなかったが、決勝に進出した。

 

【ハウ】

アローラライチュウ
戦闘描写はなかったが、決勝に進出した。

 

【ジョーイ】

ハピナス、

 

(野生ポケモン)

なし

(その他)

オコリザル、ウソッキー、カビゴン、ボーマンダ、ブロスター、アブリボン、アローラライチュウ、メタグロス、アローラサンドパン、アローライシツブテ、ジャラランガ、エアームド、ギャラドス、アローラダグトリオ、ケンタロス、コータス、オニスズメ、ニョロボン、オニシズクモ、ヒトデマン、ハーデリア、サニーゴ、マシェード、ニョロトノ、ガントル、ファイアロー
技:かえんほうしゃ(コータス/ボーマンダ)、かぜおこし(オニスズメ)、ブレイブバード(ファイアロー)
予選出場者のポケモン達。

(モブキャラ)

ペリッパー、トロピウス、ニューラ、ブルー、パラセクト、パウワウ、クチート、カクレオン、ガーディ、オクタン、カイロス、メグロコ、エイパム、チラーミィ、アメモース、バルチャイ、アローラゴローン、ヤドン、ヤドラン、バタフリー、オドリドリ(ぱちぱちスタイル)、レディアン、ピカチュウ
予選出場者のポケモン達(ワンカットのみ)。

 

【ロケット団の行動】

ニャースとソーナンスに店番を任せ、ムサシとコジロウはポケモンリーグに出場。逃げの一手で戦いを避けて生き残る作戦でいくはずだったが、ピカチュウを見ると見境なく攻撃するミミッキュに手を焼き、振りまわされる羽目に。しかし振り回されている間になんと予選が決着し、決勝に進出する。しかし、決勝トーナメントでは1回戦からムサシとコジロウの対戦カードとなってしまう。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)

(ムサシ)

ソーナンス(CV:うえだゆうじ)

ミミッキュ(CV:浪川大輔)
技:シャドーボール、ウッドハンマー、シャドークロー
逃げ回る作戦に反し、フィールドにいるピカチュウだけを見境なく狙い、半ば暴走していた。ピカーラのボルトを撃破。決着寸前にもサトシのピカチュウを狙い戦いを仕掛けるが、その間に予選が終了。それでもピカチュウへの憎しみは高まるばかりで、ピカチュウに不意打ちしようとしたがムサシが無理矢理ボールに収め、事なきを得た。

(コジロウ)

ヒドイデ(CV:武隈史子)

 

【アイキャッチのキャラ】

エンニュート

Aパートコール:サトシ達

※本放送では両パートとも『ポケモンGOスナップショット』の写真公開に刺し変わった。

 

【ポケもんだい】

出題者:コジロウ

Q,アローラポケモンリーグの優勝候補とされているのは誰?

A,◎青:イリマ 赤:ムサシ 緑:ザオボー 黄:サトシ

ショートアニメは本編のその後。決勝トーナメント対戦カードが発表された直後、ポケモンセンターの外でそれを羨ましそうに除くのはヒロキ。「自分も出たかった」と大いに嘆いていた。

 

第一声がいつもの「アローラ!」ではなく、出題時は「関門海峡(かんもんかいきょう)!」、回答時は「門司下関(もじしものせき)!」と、なぜか地名をコールしている。
※福岡県北九州市・門司(もじ)区と、山口県下関(しものせき)市、その間にかかる海峡が、関門海峡。

(ポケもんだいスタッフ)

構成   :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出   :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画   :海老沢咲希

 

【名(迷)セリフ】

「聖獣シルヴァディに、さらなる力を授ける!ロックメモリをその身に受け入れよ!すべてを貫く岩の牙よ、炎の翼を大地に落とせ!【マルチアタック】!」
(グラジオ)

 

【memo】

・ロケット団は過去のポケモンリーグ編では、売店の売り子などをしながらサトシ達の試合を観戦する立場だったが、出場者として参加するのは今回がはじめて。

その出場時に施した変装は、ゲーム版【X・Y】から登場したキャラクター『ジーナ』『デクシオ』をモチーフにしている。また、リーグでのふたりの登録名はそれにかけて『ムサジーナ』『デコジロー』

・出場者のひとり、ピカーラの使ったピカチュウのボルト。その髪型は【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS】の主人公、うずまきボルトの髪型がモチーフになっている。

※本放送当時、テレビ東京系列では【BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS】の放送時間は日曜日17:30~、【ポケットモンスター サン&ムーン】の放送時間は同日18:00~
さらにさかのぼると、前番組【NARUTO-ナルト-】シリーズとは木曜日19時放送時代から放送枠が隣同士である。