アローラ編第123話(通算1074話)「Zワザを極めろ!灼熱のカキ合宿!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第123話(通算1074話)
Zワザを極めろ!灼熱のカキ合宿!!
本放送:2019年5月26日

【本編のあらすじ】

 アローラポケモンリーグ開催まであと少し。Zワザの特訓をするが上手くいかないマーマネに実践で覚えてもらおうと、男子たち3人はカキの家で合宿をすることに。しかし熱血で感覚的なサトシやカキと違って、頭で考える理論的なマーマネはハードな特訓に全然ついていけない。ついには諦めて投げ出してしまいそうになるが……

【主な制作スタッフ】

脚本   :面出明美
絵コンテ :樋口香里
演出   :小柴純弥
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :酒井裕未、柳原好貴

【使用曲】

OP 
キミの冒険

ED 
心のノート

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

(CV:)、(CV:
男子たち3人の合宿をサポート。夕食は自炊ではなく、家から持ってきてもらう形となった。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

ピカチュウ(CV:大谷育江)

モクロー(CV:林原めぐみ)

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

ニャヒート(CV:西村ちなみ)

メルタン(CV:三宅健太)

 

【リーリエ】

アローラロコン(NN:シロン)(CV:上田麗奈)

 

【カキ】

(CV:三宅健太)
技:トラップシェル
野生時代、池を独り占めしてポケモン達を困らせるシザリガーを相手に何度敗れても立ち向かい、その熱い姿に感銘を受けたカキが特訓に協力。その時に【トラップシェル】を習得し、シザリガーに勝利。その縁もあって、カキの相棒となった。

ポケモン達にとっての兄のような面倒見のよさはその頃から変わらず、合宿でもトゲデマルに自分の食事を分けたり、喧嘩っ早いガラガラを止めたりしている。

リザードン(CV:櫻井トオル)
まだ野生だった頃のバクガメスの修行相手を務め、【トラップシェル】習得に貢献した。

アローラガラガラ(CV:武隈史子)
夕食時にピカチュウのフードを盗ろうとしてケンカになったり、シザリガーにも火花を散らしている。どちらもバクガメスに止められた。

 

【マオ】

アマージョ(CV:藤村知可)

シェイミ

 

 

【スイレン】

アシレーヌ(CV:清水理沙)
技:わだつみのシンフォニア(アシレーヌZワザ)
冒頭、校庭でZワザの練習をしていたところ、見事に成功させた。

イーブイ(NN:ナギサ)(CV:金魚わかな)

 

【マーマネ】

トゲデマル(CV:かないみか)

(CV:うえだゆうじ)
技:シグナルビーム、ほうでん、いとをはく、ぜったいほしょくかいてんざん(ムシZワザ)
冒頭Zワザに挑戦するが、マーマネとの呼吸が合わず失敗。合宿ではバクガメスを相手に果敢にぶつかり稽古をする姿が、あきらめかけたマーマネを元気づけた。また襲いかかったシザリガーからマーマネを守り、自ら戦闘へ。相手の猛攻に追い詰められるが、マーマネの戦いへの決意にZクリスタルが応え、Zワザ【ぜったいほしょくかいてんざん】を成功させて見事シザリガーを破った。

 

(野生ポケモン)

(CV:
技:クラブハンマー、アクアジェット、ダブルアタック
過去にバクガメスがポケモン達の為に戦った池の主。非常に喧嘩っ早く攻撃的。カキの作戦で、池でひとりになったマーマネに襲いかかりクワガノンを追い詰めるが、Zワザ【ぜったいほしょくかいてんざん】で倒される。

実はバクガメスに敗れて以来改心しており、カキの提案でマーマネにバトルを仕掛けるよう、あらかじめ言われていた。またメリープ達のいい兄貴分にもなっている。

(ふらふらスタイル)
バクガメスがカキにゲットされる前、シザリガーに池を独占されて困っていたポケモン達。現在ではシザリガーとも仲良くなった。

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

 

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

 

【アイキャッチのキャラ】

シザリガー

Aパートコール:アマラ、ホシ

 

【ポケもんだい】

出題者:マーマネ

Q,本編内でマーマネ達に襲いかかったポケモンは?

A,青:マケンカニ 赤:ブロスター 緑:キングラー ◎黄:シザリガー

ショートアニメはシザリガーのいる池にて。戦って以来すっかり仲良くなったバクガメスとシザリガー。メリープ達も含め、今では笑顔の絶えない関係になっているようだ。

 

(ポケもんだいスタッフ)

構成   :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出   :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画   :山本珠里亜

 

【名(迷)セリフ】

「母なる海に抱かれて、響け!水平線の彼方まで!【わだつみのシンフォニア】!」
(スイレン)

 

(根性論的な修行の仕方についていけず、不満を漏らすマーマネ。)
「ねぇ、これ本当に必要な特訓なのぉ?」
「もちろんだ!まずは体力をつけないとな!」
「それはそうだけどさぁ、もっとこう直接的にZワザを出す方法とかさ……?」
「そんなものはない!」
「えぇ!?」
「アローラの息吹を感じ、大自然に感謝をする!そうすれば自然と力が湧き上がってくるんだ!」
「うんうん……!」
「サトシは?なんかコツはないの!?」
「俺は、こうガーッとなって、うおーーー!!って感じで、バーッって出してるぜ!」
「2人とも何を言ってるかわかんないよ……こんなのいくらやっても無駄だって……」
「そんなことはない!ヴェラの加護するこの地で特訓すれば、何かつかめるはずだ!」
「そんな非科学的なことやってらんないよ!」
「でもさ、カキはそれで本当にできるようになったんだし……」
「誰でもサトシ達みたいにできると思わないで!僕には無理なんだって!」
(マーマネ/カキ/サトシ)

 

(シザリガーに徐々に追い詰められるクワガノン。怯えるばかりのマーマネだが……)
「やっぱり、僕には無理なんだ……クワガノン!逃げ……」
「クーワ!クワ!」
「クワガノンは、あきらめてない……!、そうだよ、あきらめたら、そこでおしまいなんだ……!僕たちは、一緒に戦ってるんだ!」
(マーマネ/クワガノン)

 

「クワガノン、僕たちまだまだかもしれない……それでも、一緒に戦っていきたいんだ!行くよ!
僕のシステム、完全マッチ!全力プログラム、ラン!【ぜったいほしょくかいてんざん】!!」
(マーマネ)

 

【memo】

・アシレーヌのZワザを完成させ、ポケモンリーグ出場を意気込むスイレン。その姿に惹かれるように、マオとリーリエもリーグ挑戦を目標にZワザの完成を目指すことに。一方でポーズの正確さにこだわるあまりクワガノンとの呼吸が合わないマーマネ。「頭で考えるより体で覚えたほうが早い」とククイ博士に促され、男子たち3人はカキの家で合宿をすることに。女子たち3人もリーリエの屋敷に集まって練習を開始する。

しかし家といっても牧場のはずれにある祭壇にテントを張っての合宿であり、牧場のソフトクリームにつられて参加を決意したマーマネの想いははかなく崩れたのだった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク