アローラ編第121話(通算1072話)「マオ奮闘!森のポケモンカフェ!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第121話(通算1072話)
マオ奮闘!森のポケモンカフェ!!
本放送:2019年5月12日

【本編のあらすじ】

 アイナ食堂の食材調達のために、食堂裏の森で店を開く「先生」こと、ヤレユータンのもとを訪ねるマオ。そこで急遽ヤレユータンの接客の手伝いをすることに。いつもとは違う、ポケモン相手の接客に果敢に挑戦するマオ。ついには島の守り神、カプ・コケコを相手におもてなしをすることに!?

【主な制作スタッフ】

脚本   :藤咲淳一
絵コンテ :尼野浩正
演出   :箕ノ口克己
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :大西雅也、中矢利子、山崎玲愛、海老沢咲希
作画監督補佐:安田周平

【使用曲】

OP 
キミの冒険

ED 
心のノート

挿入歌 
未来コネクション

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

ライチ(CV:沢城みゆき)
アイナ食堂を訪れて料理に舌鼓を打った。その後マオが留守の間食堂の手伝いをするも、相変わらず転んでばかりで、見かねたサトシ達が協力する。その後帰ってきたマオがヤレユータンからもらった壊れたZリングを、修理して手渡した。

マオのパパ(CV:三宅健太)
【おおきなキノコ】を先生(ヤレユータン)のところまで調達に行って欲しい、とマオにお使いを依頼する。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

ピカチュウ(CV:大谷育江)

 

【リーリエ】

アローラロコン(NN:シロン)(CV:上田麗奈)

 

【カキ】

バクガメス(CV:三宅健太)
炎を出してピザを焼いた。

リザードン(CV:

アローラガラガラ(CV:武隈史子)
バクガメスをサポート。皿回しよろしく、ホネでピザを回した。

 

【マオ】

(CV:藤村知可)

2匹でアイナ食堂の手伝いをしており、ヤレユータンの店でも応援や皿洗いなどで、マオのサポートを務めた。

 

 

【スイレン】

アシレーヌ(CV:清水理沙)

イーブイ(NN:ナギサ)(CV:金魚わかな)

 

【マーマネ】

トゲデマル(CV:かないみか)

 

【ジュンサー】


メレメレ島のジュンサーの相棒として活動している。ヤレユータンの店の常連であり、ニャースいわく「いつも同じものしか頼まない」。その好物であるモーモーミルク(張り込み中にもよく飲んでいる)をマオが見事当て、満足して帰っていった。

 

(野生ポケモン)

ヤレユータン
メレメレ島の森でバーを営むマスター。今回からマオにも「先生」と呼び慕われるようになる。おおきなキノコを調達に来たついでに、見よう見まねで手伝いはじめたマオに、自分の仕事を代わりにやってみるように促し、力を試す。そしてカプ・コケコに認められクサZを授かった彼女に、店にあった古ぼけたZリングを渡した。

ヌイコグマ(CV:藤田ニコル)、キテルグマ(CV:かないみか)
序盤にヤレユータンの店に来て、騒ぐムサシとコジロウを無理矢理撤収させ、静かにしていたニャースの頭をなでた。以前と同様に、ヤレユータンにお土産のハニーミツを渡し、その対価でもらったパイルジュースは、ヌイコグマが飲んでいる。

ナゲツケサル(群れ)(CV:櫻井トオル、岩崎諒太)
64話にてサトシともチームを組んだ、メレメレ島の群れ達。ヤレユータンの店に来店し、マオの接客に満足したお礼として、帰り際にヤシの実をプレゼントした。

(群れ)
ヤレユータンの木の実畑に現れる。ニャースは木の実畑を荒らしに来たのではと慌ててヤレユータンを呼ぶが、マオが手懐け、【ハートのウロコ】を渡した。ベリブの実が好物で、ドリの実を合わせた【ベリドリポンチ】を食べた。

ゴロンダ
タケノコを使った【青竹サラダ】を食べた。


2匹組で来店。【樹液のペアドリンク】を飲んだ。


3匹組で来店。【ヤレユータン特製・お花のミツの泉】を飲んだ。

コイキング
水場もないのにどうやって来店したかはわからない。何を出されたかは不明だが、マオもメニューに悩んでいた模様。

(CV:うえだゆうじ)
マオとスイレンが昔から呼び慕う「森のおじいちゃん」。好物のハバンの実を使った【スペシャルにがあまドリンク】を飲んだ。


日が暮れた頃、ヤレユータンの店で自ら光り、明かりを照らす。

コータス
マオがモフモフ大根バーガーを作る際、調理の熱源として背中の甲羅が使われた。

カプ・コケコ(CV:愛河里花子)
夕方、ヤレユータンの店に突如として来店。ヤレユータンに任されてマオが応対することになり、出されたのが全力のメニュー【モフモフ大根バーガー】。その味と出来栄えに満足し、その証としてマオに【クサZ】を授けた。

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

 

【ロケット団の行動】

昼間からヤレユータンの店にいた。ムサシとコジロウは本部からのマトリの小言にうんざりしたのか不平不満ばかり漏らすなか、店の雰囲気を重んじて静かにするよう注意するニャース。さらに文句を垂れる2人だが、そこにヌイコグマとキテルグマが立ち入り、ニャースを残して2人だけ撤収させられる。

その後ニャースはヤレユータンを手伝うマオを見届けることに。最初は煽るような態度を見せつつも、ポケモン達を次々に笑顔にさせるマオの働きぶりに、徐々に心を動かされる。そしてカプ・コケコがマオを認めて、クサZを授ける一幕も最後まで見届けた。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)
今日はオフの日と決め、ヤレユータンの店でカウンターの端を陣取り、ゆっくりと時間を過ごす。その為店で騒ぐムサシとコジロウにも苛立ちを見せていた。2人が撤収させられた後、ヤレユータンの接客を手伝うマオに対して時折煽るような態度を見せながらも、その応対ぶりを見届ける。

その後森のポケモン達を次々に満足させるマオに徐々に心を動かされ、彼女が作ったパイルジュースにも素直に「おいしい」と発言。カプ・コケコに振る舞った【モフモフ大根バーガー】が出るなら、アイナ食堂に行ってみたいと、期待を寄せた。

 

【アイキャッチのキャラ】

オニドリル

Aパートコール:ライチ

 

【ポケもんだい】

出題者:ニャース
「アローラ」ではなく「ナマコブシー」で登場。)

Q,今回緑ジャリガール(マオ)が手に入れたものとは?

A,青:ちいさなキノコ 赤:マトマの実 ◎緑:クサZ 黄:サニーゴの枝

ショートアニメは、夜も更けた頃のヤレユータンの店にて。夢の中でボス・サカキの膝の上で撫でられ、すっかり幸せ気分のニャース。そんな中、迎えにきたキテルグマに抱えられて

 

(ポケもんだいスタッフ)

構成   :吉川兆二
絵コンテ :Giulia Lamperti
演出   :Giulia Lamperti
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画   :伊藤京子

 

【名(迷)セリフ】

(店にナゲツケサル達が来店し、驚くマオ。)
「ナゲツケサル!?」
「何を驚いているのニャ?」
「知らなかった……ポケモンのお客さんも来るんだ」
「ニャーもポケモンニャ!」
「あ、そうだった……!」
(マオ/ニャース)

 

「マスター、おかわりニャ。……ニャ?」
(ヤレユータンではなく、マオがパイルジュースを差し出す。)
「はい、どうぞ!」
「おみゃーが作ったのニャ?」
「うん!」
「どうせおいしくないのニャ……ニャ!?お、おいしいニャ……!」
「……よかった!」
(ニャース/マオ)

【memo】

・先週の進化にあたり、OPのオシャマリがアシレーヌに変更された。

・ヤレユータンの声は、前任の石塚運昇氏から変更された。

・マオが不在の間、ライチが接客を手伝うことにしたのだが、いつも以上のドジっぷり。そこに偶然訪れたサトシが見かねて手伝うことにし、続けてモーモーミルクの配達に来たカキ、繁盛する店をのぞきにきたリーリエ・スイレン・マーマネと、スクールメンバーみんなで手伝いに入った。

・マオはヤレユータンの店で最初にニャースと対面時、ニャースが「今日はオフなのニャ」と発言したうえでも、「後で仲間を呼んで悪さするんじゃないの?」と疑っている。

・ヤレユータンは店の近くに自分の木の実畑を持っており、そこで店で使う上質な様々な木の実を育てている。このことは常連であるニャースでさえも知らなかった。

・マオがオニドリルに振る舞った【ベリドリポンチ】は、ドリの実の中をくりぬいたその中に、ベリブの実の果肉を入れてフルーツポンチにしたもの。「ベリブの実が好きなポケモンは、ドリの実も好き」という知識は、リーリエから教わったという。

・マオがカプ・コケコに振る舞った全力のメニュー【モフモフ大根バーガー】。ポニ大根を使った【モフモフ大根】に、トロトロに煮込んだポニ大根、パイルの実を挟み、ナッツとモモンの実をトッピングしたバンズ、仕上げにハニーミツを惜しみなくかけた逸品。

・カプ・コケコに認められ、クサZを獲得したマオ。その後宣言した目標は「アイナ食堂を人だけではなく、ポケモンにも来てもらえるお店にすること」

・マオが手に入れたZリングは、緑を基調としたカラー。腕輪の部分が壊れていたが、ライチが修理した。カキのZリングと同じく、紐の周りに2色の石をはめているデザイン。これにより、スクールメンバー6人全員が、Zリングの所持者となった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク