SMアローラ編

アローラ編第118話(通算1069話)「最上階を目指せ!爆音のドラゴンジム!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第118話(通算1069話)
最上階を目指せ!爆音のドラゴンジム!!
本放送:2019年4月21日

【本編のあらすじ】

 ウラウラ島・マリエシティへ1泊2日の観光旅行に訪れているサトシ達は、案内人・チクワがトレーナーを務める、ポケモンジムをモチーフにした施設【ジムオブカントー】に挑戦する。みんなで協力してアトラクションをクリアしていき、最上階で頭領とのバトルに挑戦するのだが、その頭領の奇抜な作戦に苦戦必至!?

【主な制作スタッフ】

脚本   :面出明美
絵コンテ :樋口香里
演出   :牧野吉高
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :山崎玲愛

【使用曲】

OP 
キミの冒険

ED 
心のノート

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

ジョーイ
セリフなしで登場。

チクワ(CV:
サトシ達を引率する案内人であり、ジムオブカントーのトレーナー。語尾は「だってよ」。4階を担当。ジムバトルの審判も務めた。

(CV:岩崎諒太)
ジムオブカントーのトレーナー。ちょんまげ頭が特徴で、語尾は「である」。1階を担当。

ガンモ
ジムオブカントーのトレーナー。背の低い太った子で、語尾は「ござる」。2階を担当。

(CV:
ジムオブカントーのトレーナー。メンバーの紅一点で、外人なまりで英語混じりのしゃべりが特徴。語尾は「デース」。3階を担当。

(CV:
ジムオブカントーのボス(頭領)。しかし施設のコンセプトである忍者のスタイルを「イケてないから」という理由で自分だけ否定しており、どうしても「リーダー」と呼ばれたいらしい。ロックスターのような奇抜な服装と髪型が特徴。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:アイアンテール
3階・手裏剣投げエリアで、サトシの投げた手裏剣を【アイアンテール】で打ち返しクリアした。

(CV:林原めぐみ)
技:たいあたり、つつく、ブレイブバード
リュウキの爆音作戦への対策として、持ち前のマイペースさを買われてジムバトルに選出。接近戦からジヘッドの【かみつく】に捕まり振り回されるが、メルタンのファインプレーでジヘッドがケンカをしだし脱出。ダブルバトルでもメルタンと組み、一方的に攻撃されるメルタンを助けようと【つつく】の派生から【ブレイブバード】を新たに習得。連携攻撃で2匹を同時に倒し、勝利した。

(CV:三宅健太)
技:ずつき、ラスターカノン、かたくなる
4階・アスレチックエリア最後の関門で、迫る鉄球を落とすために出された。鉄球の鎖を溶かして落とすも、支えをなくした鉄球がアスレチックを壊してしまい、スイレンが脱落することに。ジムバトル最中、モクローのピンチを助けようと、リュウキの靴の金属を食べて音楽を止めさせ、そのやる気を買われて突発的なダブルバトルに選出される。

一時はサトシの指示を無視して先走った行動も目立ち、クリムガンに対して防戦一方となるが、モクローが【ブレイブバード】を習得したことで持ち直し、連携攻撃で勝利した。帰りの船でジムオブカントー制覇のバッジを半分食べてしまった。

【リーリエ】

アローラロコン(NN:シロン)(CV:上田麗奈)
技:こなゆき
1階・水渡りエリアで池を凍らせ、全員を渡らせた。

【カキ】

アローラガラガラ(CV:武隈史子)
3階・手裏剣投げエリアで、ホネをバットに見たて手裏剣を打ちクリアした。ジムバトルにも選出されるが、リュウキの流す爆音にノリノリになって我を忘れている間に、一撃で倒される。

【マオ】

シェイミ

【スイレン】

イーブイ(NN:ナギサ)(CV:金魚わかな)

【マーマネ】

トゲデマル(CV:かないみか)

【リュウキ】


技:あくのはどう、ドラゴンダイブ、かみつく
2対の頭は普段主導権争いでケンカをするが、リュウキの流す音楽を聴くとヘッドバンキングで乗ることで素直になる。我を忘れているガラガラを一撃で倒した。次いでモクローを【かみつく】で捕らえ振りまわすが、音楽が止まった途端またケンカをしだし放してしまう。ダブルバトルでは上空から攻撃しようとするモクローを威嚇して追い払うも、【ブレイブバード】で破られ、連携攻撃で倒された。

(CV:櫻井トオル)
技:ドラゴンクロー
ダブルバトルから登場。メルタンに連続攻撃を仕掛けるが、【ブレイブバード】で破られ、連携攻撃で倒された。

(野生ポケモン)

なし

(その他)


ジムオブカントー2階の茶店でガンモを手伝った。

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

【アイキャッチのキャラ】

トサキント

Aパートコール:チクワ
(トサキント自体は本編に出ていないが、【トサキント羊羹】という和菓子が登場した。)

【ポケもんだい】

出題者:カキ

Q,今回、ジムバトルに挑戦するのは誰と誰?

A,青:スイレンとサトシ ◎赤:カキとサトシ 緑:マオとカキ 黄:マーマネとリーリエ

ショートアニメは帰還後のスイレンの家にて。寝間着としてマリエシティ土産の和装を早速着たスイレンと、それをうらやましがるホウとスイ。欲しがるだろうと見越して子供用サイズのものも買っており、3人で和装を着て眠りにつくのだった。

(ポケもんだいスタッフ)

構成   :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出   :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画   :海老沢咲希

【名(迷)セリフ】

「あれが、頭領ロト?」
「誰だぁ?そんな、イケてない名前で俺を呼ぶのはぁ!?」
(一同呆然。挙句失望して号泣するスイレン。)
「忍者じゃ……ない……」
「スイレン?」
「俺はリュウキ!いわゆるスター!俺は俺の道をゆく、このスタイルを変える気はないぜ!だって、スターだからな!」
「頭領ー、挑戦者とバトルお願いするんだってよ」
「頭領なんてイケてない!!リーダーと呼べリーダーとーー!!」
「リーダーは、どうしてもこの忍者スタイルが嫌なんだってよ」
「そこは統一しようよ……」
(ロトム図鑑/リュウキ/スイレン/マオ/チクワ/マーマネ)

【memo】

・この回から、テレビ東京の担当プロデューサーが細谷伸之→關口彩香に交代された。『けものフレンズ2』におけるSNSでの発言問題によるもの。【ミュウツーの逆襲 EVOLUTION】でも同様。

・【ジムオブカントー】は、カントーに憧れるトレーナーたちによって、カントー地方のジムをモデルに、アトラクション施設として作られた。ゆえに正式なポケモンジムにはあたらない。

服装が忍者風なのもアローラ人がカントーを想像したうえでのもの。見た目は五重塔になっており、サトシも「カントーにこんなジムあったかな?」とツッコんだ。(和風なジムでいえば、セキチクジムが該当するが)

・1階・水渡りはリーリエの知恵もあり全員で突破、2階の茶店も全員突破となるが、食べたりないマーマネと和菓子のレシピを知りたいマオが離脱。3階・手裏剣当てでは運動神経もあってリーリエ以外が突破。4階・アスレチックでは先にカキとサトシがクリアするも、最後の鉄球ゾーンでメルタンを使ったのが仇になりアスレチックを壊してしまい、スイレンは進めずじまいになり、やむを得ず脱落した。

・リュウキは自らやポケモン達を鼓舞するために爆音で音楽を流す(曲は【XY&Z】)。サトシ達が爆音に耳をやられるなか、ガラガラとトゲデマルはノリノリになっていた。