アローラ編第115話(通算1066話)「リーリエと秘密の機巧姫!」


【基本情報】

SM/アローラ編第115話(通算1066話)
リーリエと秘密の機巧姫(からくりひめ)!
本放送:2019年4月7日

【本編のあらすじ】

 ルザミーネの夫でありリーリエとグラジオの父・モーン博士の生存がわかり、エーテル財団の一同で捜索を開始する。父親に会いたい2人の強い気持ちに応えて、ルザミーネは屋敷に隠されていたモーン博士の自室に案内する。そこには博士が使っていたというZリング、そして人の手で造られた幻のポケモン・マギアナが残されていた。

【主な制作スタッフ】

脚本   :松井亜弥
絵コンテ :関野昌弘
演出   :小柴純弥
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :高橋優、大西雅也
作画監督補佐:中矢利子、一石小百合、村田理、安田周平

【使用曲】

OP 
キミの冒険

ED 
心のノート

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

グラジオ(CV:
リーリエとともに、エーテルパラダイスの研究室で父・モーン博士の手がかりとなる資料を探していた。マギアナをお世話して動く姿を見たい、と語るリーリエの心の成長を認めた。

(CV:真殿光昭)
モーン博士の関わる研究資料は、彼が行方不明になった後に管理を任されていた。

ルザミーネ(CV:
夫であるモーン博士の生存を知り、捜索を開始。リーリエとグラジオに父親のことを話さなかったことを、少し後悔していたことを漏らした。屋敷の地下室にあったモーン博士の部屋の管理を、本人が戻ってくるまでの間2人に任せることに。

(CV:藤村知可)、バーネット博士(CV:國立幸)
モーン博士の捜索をはじめたルザミーネをサポートする。

ジェイムズ(CV:
リーリエの住む屋敷の執事。ルザミーネと同じく、当時のモーン博士のことを知る。

(CV:
モーン博士がトレーナーとして活躍していた頃をよく覚えており、その思い出を語った。その回想シーンではグレーの髪で服はオレンジ色。

(CV:斉藤次郎)
ルザミーネの夫、リーリエとグラジオの父親である、エーテル財団の優秀な研究者。ウルトラホールの研究途中で事故により行方不明になる。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

ピカチュウ(CV:大谷育江)

モクロー(CV:林原めぐみ)

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

ニャヒート(CV:西村ちなみ)

メルタン(CV:三宅健太)
ごはんに金属のジャンクパーツを用意されているが、いつもフライパンを食べようと狙っている(現在使っているものでもう4個目)。フライパンはよだれが出るほどのものらしい。

 

【リーリエ】

アローラロコン(NN:シロン)(CV:上田麗奈)
Zリング所持の試験として、リーリエとともにZワザに初挑戦。惜しくも失敗に終わってしまい落ち込むも、練習を重ねていつかは使えるようになろうと、ともに強くなることを決意した。

 

【カキ】

アローラガラガラ(CV:武隈史子)

 

【マオ】

シェイミ

 

 

【スイレン】

イーブイ(NN:ナギサ)(CV:金魚わかな)

 

【マーマネ】

トゲデマル(CV:かないみか)

 

【ハラ】

ハリテヤマ(CV:三木眞一郎)
回想シーンで登場。モーン博士がバトルを挑んだ際から変わらずパートナーになっていた。

 

【モーン博士】


回想シーンで登場。トレーナーとしても優秀だったモーン博士のパートナー。

 

(野生ポケモン)

なし

(その他)


ある王国の科学者が作ったという、モーン博士の部屋に隠されていた幻の人造ポケモン。モーン博士が連れてきた当初から動くことがなかったが、リーリエが自分の決意を語るシーンで一瞬だけ瞳が光った。

(モブキャラ)

なし

 

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

 

【アイキャッチのキャラ】

マギアナ

Aパートコール:サトシ達スクールメンバー
(ソウルハートが抜かれている状態で、しゃべらなかった。)

 

【ポケもんだい】

出題者:リーリエ

Q,本編内でリーリエが出会ったポケモンは?

A,青:ディアンシー 赤:ボルケニオン ◎緑:マギアナ 黄:フーパ

ショートアニメはリーリエの屋敷にて。Zワザの特訓に打ち込むリーリエだったが、技術面ではなく詠唱口上の部分を考えてしまう。論理的に考える彼女らしいが、見守りつつも「そこではない」とツッコんでしまうジェイムズだった。

 

※本放送ではポケモンGOとの連動キャンペーン告知のためカットされた。

 

(ポケもんだいスタッフ)

構成   :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出   :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画   :中矢利子

 

【名(迷)セリフ】

(何かに導かれるように、本棚の下の扉を開けたリーリエ。そこには幻のポケモン・マギアナの姿が。)
「マギアナではありませんか。旦那様が大切にしていらした」
「マギアナ……」
「はい。遠い昔、ある王国の科学者が作った人造ポケモンだと、旦那様はおっしゃっていました」
「人造ポケモン……」
「モーンが旅先で出会ったとき、この子は骨董店の片隅にサビだらけで転がっていたそうよ。」
(マギアナの頬をさするリーリエ。)
「ねぇ、リーリエ」
「?」
「さっき、どうして急にこの扉を開けたの?」
「えっ?さぁ、どうしてでしょう……?」
「マギアナはね、王国のお姫様のお世話をするために造られたそうなの。だからモーンは、初めて出会ったときに思ったみたい。『運命だ』って」
「運命?」
「うちにお姫様が産まれたばかりだったから!」
「あっ…!」
「モーンはなんとかしてマギアナを動かそうとしたけれど、上手くいかなくて。お姫様へのプレゼントはお預けになってしまったの」
「お父様から、私へのプレゼント……!」
(ジェイムズ/リーリエ/グラジオ/ルザミーネ)

 

(Zリング所持者としての覚悟を島キング・ハラに見せるリーリエ。)
「さ、リーリエ。君の想いをハラさんにぶつけるんだ。オーロラビームのように!」
「はい!!、あの……」
「頑張れ!」
「俺達がついてるぞ!」
「リラックスリラックス!」
「リーリエらしく、いつもの!」
「がんばリーリエ、だよ!」
(深呼吸で息を整え、思いを伝える。)
「島キング!昨日、母がはじめて父の部屋を見せてくれました。私は父のことを覚えていませんが、昨日は父からの愛を実感することができ、とても幸せな気持ちになりました!そして、こう思ったのです!なんとしても父を探し出したい!そのためにも、もっともっと強くなりたいと!シロンもきっと、私の想いを理解してくれてると思います」
「コン!」
「私、父が戻ってくるその日まで、父のZリングとともに強くなっていきたい。そして、このコオリZで、シロンとともにZワザを使えるようになりたいのです!どうすれば、許可をいただけるでしょうか!?」
「……お気持ち、ハラの心に響きましたぞ!こうしましょう、私の目の前で、Zワザ【レイジングジオフリーズ】を出してみるのですな!」
「「えぇっ!?」」
「いきなり!?」
「うむ!」
「……わかりました、やってみます!」
(ククイ博士/リーリエ/サトシ/カキ/マーマネ/スイレン/マオ/シロン/ハラ)

 

「天から静かに降り注ぐ雪、無数にきらめく氷の結晶、大地を覆う冷たきZよ、熱き我がソウルとともに、今再び天へと昇れ!レイジングジオフリーズ!」
(リーリエ)

【memo】

・リーリエとグラジオの父でありルザミーネの夫・モーン博士。情熱家で夢見がちなところもあるという、優秀なウルトラホールの研究者であったが研究の最中に事故で行方不明になる。その後ルザミーネの指示によって、その研究は中止され資料もお蔵入りになっていた。

持っていたポケモン達は、事故後にいなくなってしまったという。当時は悲しみに暮れるばかりだったルザミーネは自分の不注意を責めたが、その気持ちに共感したリーリエがなぐさめた。

・モーン博士の部屋の机に残されていた、赤いベルトのZリング。研究のためにメレメレ島キング・ハラから授かったものだという。これを一時的にリーリエが持つことになる。

・マギアナはモーン博士が旅先で出会った当初、骨董店の片隅にサビだらけで放置されていた。500年前に王国の科学者によって造られた『王国のお姫様をお世話するポケモン』といわれるマギアナとの出会いは「運命だ」とモーン博士は言っており、当時生まれたばかりのリーリエへのプレゼントとして、連れてきたという。なんとか動かそうとしたのだが、それは叶わず、プレゼントはお預けになっていた。

・2016年公開の映画『ボルケニオンと機巧のマギアナ』で登場したマギアナは『世界に1体だけの人造ポケモン』といわれていたが、今回登場した個体との関連は不明。

・Zリングを所持する試験として、ハラからリーリエに課せられたのは、今の実力でZワザ【レイジングジオフリーズ】を繰り出すこと。結果、Zパワーをシロンに集中させることはできたものの、技の発動までは至らず失敗に終わる。だが「練習すればきっと使えるようになる」とサトシ達に励まされ、またパワーの片鱗を見せられたことで、特別にZリングの所持を許可された(いわば『仮免許』のようなもの)。

スポンサードリンク
スポンサードリンク