【サン&ムーン】アローラ

アローラ編第112話(通算1063話)「新種発見!メルタン、ゲットだぜ!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第112話(通算1063話)
新種発見!、ゲットだぜ!!
本放送:2019年3月10日

【本編のあらすじ】

 昨日サトシ達が発見したポケモンが、オーキド博士の解析によって【メルタン】という新種の存在だとわかった。そんな中、ナットを落とした1匹のメルタンを助けたことでとても懐かれたモクロー。そのメルタンがまたしても大事なナットを落としてどこかに失くしてしまう。モクローがナットを探して孤軍奮闘するなか、ロケット団も昨日ひどい目にあったメルタンを捕まえようとしていて……?

【主な制作スタッフ】

脚本   :藤咲淳一
絵コンテ :小平麻紀
演出   :小平麻紀
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :安田周平、村田理

【使用曲】

OP 
キミの冒険

ED 
心のノート

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

オーキド博士(CV:
送信してもらったメルタンのデータを解析し、新種のポケモンとして認定した。

(CV:
メルタンに勝手に鉄を食べられ、穴の開いたフライパンに驚いていた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:アイアンテール

(CV:林原めぐみ)
技:タネばくだん、はっぱカッター
昨日落としたナットを取り戻してあげた1匹のメルタンと仲良くなり、面倒を見ている。メルタンにも懐かれており、落としてしまったナットを探そうと孤軍奮闘。ドーナツのにおいに誘われるままにロケット団と遭遇し、そこでナットを見つける。

その後ロケット団と戦闘。【タネばくだん】でコジロウを倒すも【はっぱカッター】を占いで絶好調のニャースに避けられ、【みだれひっかき】からメルタンを身を挺してかばい、ボロボロになるも、それでも最後までメルタンを守り切り、サトシ達にもメルタンを会わせた。

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)
技:ストーンエッジ

ニャヒート(CV:西村ちなみ)
技:だいもんじ

モクロー以外の3体は、トリプルバトルでカキと対戦した。

 

【リーリエ】

アローラロコン(NN:シロン)(CV:上田麗奈)

 

【カキ】

バクガメス(CV:
技:かえんほうしゃ

リザードン(CV:櫻井トオル)
技:つばめがえし

アローラガラガラ(CV:武隈史子)

3体とも、トリプルバトルでサトシと対戦した。

 

【マオ】

アマージョ(CV:藤村知可)

シェイミ

 

 

【スイレン】

オシャマリ(CV:清水理沙)

イーブイ(NN:ナギサ)(CV:金魚わかな)

 

【マーマネ】

トゲデマル(CV:かないみか)

クワガノン(CV:うえだゆうじ)

 

【ルザミーネ】

(CV:林原めぐみ)
ウルトラガーディアンズ地下基地に大量に現れ、機械を食べてしまうメルタン達の扱いに難儀していた。しかし金属の廃材に目を輝かせるメルタン達にひらめき、ジャンク部品を使って手懐けることに成功し見事に統率を取った。

 

(野生ポケモン)

メルタン(CV:三宅健太)(→サトシ手持ち)
技:ラスターカノン
オーキド博士の解析によって、『分類:ナットポケモン はがねタイプ』の新種ポケモンとして認定された。昨日モクローがサトシのリュックに入れた個体が残っており、その後もモクローに懐いて一緒に行動している。ヤミカラスに襲われモクローに助けてもらうが、またしても頭部のナットを落とし、挙句ロケット団の移動販売車の部品にされてしまう。

一時的にタンバリンをかぶってしのぐが、その後ロケット団と出くわして本来のナットを取り戻す。自分を身を挺して守ってくれるモクローの為に、ロケット団を怒りの【ラスターカノン】で返り討ちに。その後サトシ達や地下基地にいた仲間達とも再会するが、自分の意志でモクローとともにいることを選び、サトシにゲットされて仲間となった。


モクローにかまってほしいメルタンのナットの光に反応し、メルタンを連れ去ろうとするが、モクローに蹴られてメルタンを放し退散した。

キテルグマ(CV:かないみか)、ヌイコグマ(CV:藤田ニコル)
ロケット団撤収時に登場。ロケット団は雑に扱うなか、自分の子であるヌイコグマには優しくする一面を見せた。

(その他)

プリン
ワンカットだけ登場。なぜか風に吹かれるまま飛んでいた。

(モブキャラ)

アブリー、
空のポケモン。

キュワワー、クレッフィ、スナバァ
メルタンのナットの代わりにされた。

 

【ロケット団の行動】

その日の占いで幸運だったらしいニャースの考える、新作のドーナツを人の賑わう映画館で売りさばく【映画館の前で売ればバカ売れ計画】を考えていたが、途中で車が故障し修理していた。ナットがひとつ穴が開いており代わりを探すことになるが、その時空からメルタンが落としたナットが落ちてきて、それがジャストフィット。そのまま映画館へ直行する。

しかし時すでに遅し、6時間の長編映画がはじまった直後で外には誰もおらず計画は大失敗。仕方なく昨日見つけたメルタンを探すことに。そこに空からメルタンが降ってきて、おまけでサトシのモクローも現れる。メルタンが自分のナットを取り戻した後、昨日の恨みを晴らすべくメルタンを捕まえようとする。ニャースがメルタンをかばうモクローに猛攻するが、メルタンの怒りを買い、【ラスターカノン】で返り討ちにされた。そのまま現れたキテルグマとヌイコグマに車ごと運ばれて撤収。

 

ムサシはメルタンを勝手に『メカラビ』と呼んでいる。(”目からビ”ーム(【ラスターカノン】)を撃つから)

(手持ちポケモン)

(CV:犬山イヌコ)
技:みだれひっかき
その日は朝の占いの結果が良く(?)、「こんなとき空から○○が降ってきたらいいのに」とつぶやくと本当にそれが降ってくる。せっかく作ったドーナツをモクローに食べられ怒りのままに突っ込むが、勢い余って移動車に激突しメルタンのナットが持ち主に帰ってきた。

メルタンをかばうモクローと戦い、【はっぱカッター】を「技が止まって見える」と評するほど華麗な身のこなしを見せて回避(本人は『占いの結果が良いから』と考えている)。【みだれひっかき】で猛攻するが、メルタンの逆鱗に触れ、ナットで爪が折れて【ラスターカノン】で返り討ちにあった。

(ムサシ)

(CV:うえだゆうじ)
メルタンがかぶっていたタンバリンを使って、どこで覚えたかわからないが巧みなタンバリン芸を披露した。

 

【アイキャッチのキャラ】

ピクシー

Aパートコール:ククイ博士、バーネット博士

 

【ポケもんだい】

出題者:バーネット博士

Q,新たに発見されたポケモン・メルタンのタイプは?

A,青:ひこう 赤:じめん 緑:エスパー ◎黄:はがね

ショートアニメはククイ博士の家にて。穴の開いたフライパンの犯人がメルタンとわかり、新しいフライパンは穴を開けないようにとメルタンに注意するバーネット博士。理解しているかはわからないが、用済みの穴の開いたフライパンをもらい、夢中でかじりつくメルタンだった。

 

(ポケもんだいスタッフ)

構成   :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出   :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :安田周平
原画   :安田周平

 

【名(迷)セリフ】

(メルタンの落としたナットがニャースの顔に直撃した。)
「ホントにナットが降ってきたのニャ……」
「どうナットんのよそれ……」
(ニャース/ムサシ)

 

(ミツハニードーナツを映画館前で売りだすロケット団だったが……)
「なによ!ぜんっぜん売れないじゃない!!映画館の前で売ったらバカ売れ計画ぅ?ダメじゃん!」
「6時間かかる長編映画がはじまったばかりで、誰もいないぞ」
「ソーナンスゥ……」
「もーう、やめやめ!作戦変更!メカラビ探しにいく!」
「……メカラビぃ?」
「うっ!?」
「俺の王冠溶かした目からビームの奴らか……見つけたらただではおかーん!!ただでは!!」
「コジロウがミミッキュみたいになってるのニャ……!」
「ソソソソソソ……!」
(ムサシ/コジロウ/ソーナンス/ニャース)

 

【memo】

・前回同様に、モクローに懐いているメルタンはサトシのリュックの中に隠れている。スクールに向かうためモクローを入れたリュックを背負ったサトシが、一時だけリュックに違和感を感じていた。

・ロケット団が新しく売り込もうとしていたのは、六角形のハニカム構造になっている『3つ合わせてミツハニードーナツ』

・コジロウいわく、メルタンの頭のナットは「形・ツヤ・硬さ、どれをとっても完璧なナット」

・ナットを落としたメルタンをはじめは知らんぷりしようとしたが、仕方なく代わりを当てはめることにしたモクロー。当てはめたのは【マゴの実、セロハンテープ、シャンプーハット、浮き輪、穴あき缶詰、フラフープ、キュワワー、クレッフィ、スナバァ】。最終的にタンバリンで一時的に落ち着く形となった。

・モクローに懐きサトシがゲットしたメルタンは、後半から仲間達よりもナットの色が若干濃い。ロケット団の車の部品にされた影響と思われる。