アローラ編第94話(通算1045話)「ゴーストポケモン大集合!みんなのお化け屋敷!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第94話(通算1045話)
ゴーストポケモン大集合!みんなのお化け屋敷!!
本放送:2018年10月28日

【本編のあらすじ】

スイレンの妹・ホウとスイがテレビの影響からか、お化け屋敷に行きたいと言い出した。そこでサトシ達は、ウラウラ島から来ていたアセロラと一緒に、2人の為に夜のポケモンスクールにお化け屋敷を作り、2人に披露することに。しかしそれにつられて多くのゴーストポケモンが寄り付き、その力でサトシ達は異世界へと連れ去られたうえ、ホウとスイがポケモン達にさらわれてしまった!

【主な制作スタッフ】

脚本  :宮田由佳
絵コンテ :樋口香里
演出  :でんさおり
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :大西雅也
ゲストデザイン:小野可奈子

【曲情報】

OP 
キミの冒険

ED 
ジャリボーイ・ジャリガール(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ホウ(CV:西村ちなみ)、スイ(CV:真堂圭)
スイレンの双子の妹たち。テレビの影響で急にお化け屋敷に行きたがり、サトシ達お手製のお化け屋敷に大はしゃぎ。ムウマージやネッコアラの夢の中でもはしゃぎまわり、サトシ達の心配も知らずに夢から覚めたのを残念がっていたが、スイレンの本気の怒りの波動には「お化けよりお姉ちゃんのほうが怖い」と震えていた。

オーキド校長(CV:堀内賢雄)
今回のお化け屋敷作りのために、夜のポケモンスクールを使うことを許可してくれた。付添人として校内に残ってくれている。

アセロラ(CV:諸星すみれ)
図書館から資料を届けにポケモンスクールに来た。ポケモンスクールにお化け屋敷を作ればいいと提案、協力した。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
布をかぶってお化けに扮した。しかしつまずいたサトシにのしかかられて、痛みから【10まんボルト】で周りを痺れさせた。パンプジンを【10まんボルト】で追い払う。夢の中で人形劇を見てからだが人形化した。(しっぽがミミッキュのようになった)

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)
夢の中で人形劇を見てからだが人形化した。

【カキ】
アローラガラガラ
布をかぶってお化けに扮した。夢の中で人形劇を見てからだが人形化した。

【マオ】
アマージョ(CV:藤村知可)
夢の中でお菓子の家によってブクブクに太った。

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)
ティーカップが紅茶の滝に落ちそうになった際には、バルーンで皆を包み守った。

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)
夢の中でお菓子の家によってブクブクに太った。

【アセロラ】
(NN:ミミたん)(CV:真堂圭)
正確にはポケモンではなく幽霊。一度トゲデマルに踏まれてつぶされても、実体が布に入るとすぐ元にもどった。幽霊ゆえか時々ゴーストポケモン達が集まりやすいらしい。気配を察知するのが得意。


技:みやぶる
不可解な現象を起こすゴーストポケモン達の正体を【みやぶる】で明かした。本編で使わなかったが【おにび】も覚えている。

【オーキド校長】
(CV:菊池瞳)
ネッコアラの夢の中で、なぜか巨大な姿で登場。襲ってくるフワンテとフワライドを追い払い、天空に輝く鐘を鳴らして、皆をもとの世界で目覚めさせた。このときもとの世界でも、スクールの鐘を鳴らしていた。

(野生ポケモン)

ゴース(CV:三宅健太)、(CV:岩崎諒太)、(CV:國立幸)、ボクレー(CV:桜あず)
技:したでなめる(ゴースト)、おどろかす(ボクレー)
ポケモンスクールに寄り付いたゴーストポケモン達。ムウマージが不思議な力で夢を見せ、サトシ達を異世界へ誘った。ホウとスイと仲良くなる一方、2人を連れ戻そうとするサトシ達に立ちふさがる。ネッコアラの鐘で全員が目覚めた後は、姿を消した。

(その他)


スモークを焚いたなかからリーリエが釣り竿で吊るし、ホウとスイの頬にピタピタと触れさせた。しかし2人に本体を触られて怒り、飛び出す中身でロトムを殴った。


ムウマージの見せた夢の中で登場。カボチャから変化した。本来アローラには生息しないポケモン。サトシ達の前に立ちふさがったが、ピカチュウの【10まんボルト】を受けてもとのカボチャに戻る。

ジュペッタ
ネッコアラの夢の中で登場。サトシ・カキ・リーリエに人形劇を見せた。

ヒトモシ、ランプラー、
ネッコアラの夢の中で登場。スイレンとアセロラをティーパーティーの席でもてなした。


ネッコアラの夢の中で登場。スイレンとアセロラの乗るティーカップを落とそうと、電気を帯びて近づいてきたが巨大なネッコアラに追い払われた。

(モブキャラ)

ラプラス
スイレンの家にいるライドポケモン。

ヨマワル
ムウマージの見せた夢の中で登場。

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

【アイキャッチのキャラ】

パンプジン

Aパートコール:アセロラ

【イーブイどこいくの?】

港町を出港した客船の荷物に紛れていたイーブイ。だがホエルオーの波しぶきで海に落とされ、気づけば海のど真ん中。泳ぐこともできずおぼれそうになったところを、マンタインに助けてもらった。マンタインの背中に乗って海を進むイーブイ。一体どこへ向かうのか……?

(メインで登場したポケモン)

イーブイ(CV:金魚わかな)
客船の荷物箱の中で眠りこけていたが、それが海に投げ出され漂流。また泳げないことが判明した。マンタインに乗って海を進む。

ホエルオー
巨体で勢いよくジャンプし、波で客船を揺らした。イーブイが漂流するきっかけ。

マンタイン
海でおぼれるイーブイを助け、そのまま背中に乗せて運んだ。

(スタッフ)

構成  :松井亜弥
絵コンテ :小平麻紀
演出  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :安田周平
原画  :安田周平

【ポケもんだい】

出題者:スイレン
Q,今回サトシ達がポケモンスクールで行ったことは?

A,青:水泳大会 赤:フリーマーケット ◎緑:お化け屋敷 黄:映画の上映会
ショートアニメはスイレンの家にて。寝る時間になっても寝たくないと駄々をこねて騒ぐホウとスイ。しかしスイレンの本気の怒りには懲りたのか、その怒りの波動を察しただけですぐに布団をかぶっていた。スイレンの怒りには、アシマリもビビッている。

(スタッフ)

構成  :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画  :川崎美穂

【名(迷)セリフ】

「いいなぁ、すっごく楽しそう!」
「本当ですね!」
「でも気をつけたほうがいいかも」
「何が?」
「気に入られすぎちゃうと、連れていかれて帰ってこれないことがあるんだって」
「帰って、こられない……!?」
(サトシ/リーリエ/アセロラ)
(夢の世界から戻ってきた後の一幕。)
「おばけいないねー?」
「いないねー」
「せっかく楽しかったのにねー」
「ねー」
「こーら!みんな心配してたんだよ?」
「えーウソー!」
「へーきへーき!」
「「イェーイ!」」
「のんきだねぇ……」
「……ホウ、スイ」
「「うん?うわー!」」
(スイレンの怒りが、2人には怪物のように具現化して見えていた。)
「お姉ちゃん、そろそろ本気で怒るよ……?」
「うぅぅぅー……!」
(ホウ/スイ/マオ/マーマネ/スイレン)

【memo】

・アセロラがポケモンスクールに来たのは、ウラウラ島の図書館から依頼された本を持ってきたから。図書館には結構貴重な資料が置いてあるという。

・アローラではお化け屋敷というものがない(皆名前は知っていた)。

・スクールでのお化け屋敷は、2人の動きを小型カメラの映像でマーマネが監視し、遠隔でサトシ達に指示を出している。

・ゴーストポケモン達にさらわれたホウとスイを助けるべく、2人を追いかけるサトシ達。1度は追いつくも邪魔をさせまいとムウマージに再び幻覚を見せられ、離れ離れにされてしまう(ホウとスイいわく「消えちゃった」)。マーマネとマオは目覚めた場所に突如現れたお菓子の家を食べてぶくぶくに太ってしまい、サトシ・カキ・リーリエは森の中でジュペッタの人形劇を見ているうちに、いつの間にか自分たちが操り人形にされてしまう。

スイレンとアセロラはシャンデラ達のティーパーティーにいるうちに、紅茶があふれだし洪水にさらされる。その後不思議なことにカップは空を飛び、その先で巨大なネッコアラと遭遇。天空から現れた光輝くポケモンスクールの鐘をネッコアラに鳴らしてもらい、皆無事に元の世界で目覚めたのだった。(夢の中での記憶は全員残っている)

・巨大なネッコアラと遭遇した際、アセロラは「最初は皆ムウマージの見せた夢にいたけど、2度目に夢を見せられた時に、なぜかネッコアラの見る夢に入ってしまったのでは」と推測した。

スポンサードリンク
スポンサードリンク