アローラ編第90話(通算1041話)「未来へつなげ!かがやきさまの伝説!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第90話(通算1041話)
未来へつなげ!かがやきさまの伝説!!
本放送:2018年9月13日

※サブタイトルコールが行われなかった。

【本編のあらすじ】

【UB:BLACK】ことネクロズマの正体が、伝説のかがやき様が光を失った姿だと判明した。アローラとベベノム達の住む世界を救うべく、かがやき様を復活させようとするサトシ達。復活のカギを握るのは、サトシ達だけではなく、アローラの人々やポケモン達ひとりひとりのZパワーだ。皆既日食とマナーロ祭りのなか、皆のZパワーでかがやき様を復活させ、平和を取り戻すことはできるのだろうか!?

【主な制作スタッフ】

脚本  :米村正二
絵コンテ :毛利和昭
演出  :毛利和昭
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :安田周平、村田理
作画監督補佐:難波功、宮田忠明

【曲情報】

OP 
未来コネクション

ED 
ジャリボーイ・ジャリガール

※サブタイトルコールが省略された為、OPは本編にあわせてBパート内で流れた。

【レギュラー以外の登場キャラクター】

グラジオ(CV:岡本信彦)
7人目のウルトラガーディアンズとして、サトシ達と共闘中。描写はないが、旅の成果かZリングがパワーリングに変わっており、ルナアーラから専用Zクリスタル【ルナアーラZ】を受け取り、サトシとともにZワザを繰り出した。

バーネット博士(CV:國立幸)、ルザミーネ(CV:木下紗華)、ビッケ(CV:藤村知可)
ビッケの尽力でサトシ達との通信が成功し、サトシ達をサポート。またルザミーネは島の人々へのZパワー注入の協力を仰いだ。

ザオボー(CV:真殿光昭)
ククイ博士とロケット団の侵攻を食い止めていたが、手持ちポケモンが全滅し、後の戦闘をククイ博士に委ねた。ロイヤルマスクの隠れファンであり、白衣の下にはTシャツを着ていた。

ハラ(CV:檜山修之)、ライチ(CV:沢城みゆき)、クチナシ(CV:相沢まさき)
メレメレ、アーカラ、ウラウラ各島のキング/クイーン。マナーロ祭りに来た人々にZパワーの注入を呼び掛けた。

マトリ(CV:浅井清己)、ゴズ(CV:酒井敬幸)
ロケット団の精鋭部隊【マトリ・マトリックス】を率いる。ゴズはククイ博士とザオボーの2人と対峙したが、ボスゴドラを倒され撤退。その後飛空艇でウルトラホールに突入を試みたが、カプ・コケコの襲撃で被害を受け、やむなく撤退した。

ロケット団員(CV:西村ちなみ、岩崎諒太)
マトリとゴズの部下で、精鋭部隊【マトリ・マトリックス】の一員。

アナ、モアニ、アセロラ
セリフなしで登場。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)

モクロー(CV:林原めぐみ)

(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

ニャヒート(CV:西村ちなみ)

ベベノム(CV:愛河里花子)(→パーティ離脱)
アーゴヨン達にZパワー注入の協力を仰いだ。かがやき様の復活により自分たちの世界に平和が戻り、今度は自分がアーゴヨン達と世界を守っていくと決心し、サトシ達と別れた。

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)

リザードン(CV:石塚運昇)
ウルトラホール間の空中移動時にライドした。

アローラガラガラ

【マオ】
アマージョ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

デンヂムシ(CV:石塚運昇)

【グラジオ】
(CV:櫻井トオル)
技:エアスラッシュ

(CV:愛河里花子)
ウルトラガーディアンズのバッジ着用時、赤いリボンが付いていた。(メスの可能性あり?)

ルガルガン(まよなかの姿)(CV:三木眞一郎)

オンバーン
空中移動時にライドした。

【ククイ博士】
ウォーグル
メガボスゴドラに倒された。

ガオガエン(CV:櫻井トオル)
技:DDラリアット、ハイパーダーククラッシャー(ガオガエンZワザ)
ロイヤルマスクとしての相棒。ザオボーには「サトシ達には内緒にしてほしい」と断りを入れたうえで繰り出した。【ハイパーダーククラッシャー】でメガボスゴドラを倒す。

【ザオボー】
フーディン、スリーパー
メガボスゴドラに倒された。

【ゴズ】
メガボスゴドラ
技:ヘビーボンバー、ラスターカノン
ボスゴドラがメガシンカした姿。ガオガエンに倒された。

【モアニ】
オドリドリ(ふらふらスタイル)

【ハラ】

【ライチ】
ルガルガン(まひるの姿)

【クチナシ】
アローラペルシアン

島キング/クイーンの手持ちポケモン達は、マナーロ祭りの儀式に則り、自らのZワザのパワーをかがやき様に注入した。

(野生ポケモン)

(たそがれのたてがみ) / 日食ネクロズマ
ネクロズマ
ウルトラネクロズマ
技:フォトンゲイザー
サトシ達4人のZワザを集結させたZパワーではソルガレオの解放には足りず、逆にパワーアップさせてしまう。アローラの人々のZパワーを受けてようやくソルガレオを解放するも、まだ力が足らず暴走。しかし、ソルガレオとルナアーラのZワザを受け、ようやく鎮静。【かがやき様】の姿である、ウルトラネクロズマとなり、その光でベベノム達の世界を照らした。そして人々が送ったZパワーによって、巨大なかがやき様がアローラに具現化。島中の人々を見守りながら、姿を消した。


技:ムーンライトブラスター(ルナアーラZワザ)
サトシ達に協力し、ネクロズマと戦う。グラジオに自らのZクリスタルを託し、ソルガレオとZワザを繰り出した。


技:サンシャインスマッシャー(ソルガレオZワザ)
ネクロズマに取り込まれていたが解放され、オボンの実で回復。サトシが持っているソルガレオZにより、ルナアーラとZワザを繰り出した。

(CV:愛河里花子)
ウルトラホールに突入しようとするロケット団の飛空艇を襲撃。その後、アローラの人々に率先して、かがやき様へZパワーを送った。

カプ・テテフ(CV:清水理沙)、カプ・ブルル(CV:石塚運昇)、カプ・レヒレ
各島からカプ・コケコとともにパワーを送った。

(CV:鳳芳野)
ベベノム達の群れの長。サトシのベベノムの促しを受けて、Zパワー注入に協力した。テレパシーを使い、自分の世界に残るベベノムの思いをサトシに伝えた。

ベベノム(群れ)
アーゴヨンにならいZパワーを注入した。

キテルグマ(CV:かないみか)
ロケット団(ムサシ達)にパワーの注入を促した。悪事を働こうとしたところを即座にさらい撤収させている。

(その他)

ガブリアス、メタング、フライゴン、ハクリュー、チルタリス
ウルトラホール間の空中移動時にライドした。

(モブキャラ)

キャタピー、トランセル、イトマル、ワルビル、パラセクト、コダック、ナックラー、ワシボン、モンメン、コイル、チュリネ、レディバ、エモンガ、エルフーン、ウソッキー、ダンゴロ、ムウマ、ピチュー、マンキー、ダストダス、ヤミカラス、ペリッパー、オコリザル、ケーシィ、レアコイル、エレブー、ヤブクロン、ガントル、パラス、ゴースト、ゴーリキー、ケンタロス、タマタマ、ピンプク、ヤヤコマ、ヤミラミ、ゴマゾウ、ゴクリン、フシギダネ、ラッキー、ロコン、ガーディ、ゴース、マクノシタ、アゴジムシ、エレキッド
マナーロ祭りに集まった、アローラの人々のポケモン。

ケララッパ、ドデカバシ、ビブラーバ、ヤレユータン、コダック、ニョロモ、ニョロゾ、タマタマ、ペリッパー、レディバ、ウソッキー、エルフーン、サメハダー、チョンチー、ナマズン、ヒトデマン、ヤドン、アズマオウ、ドククラゲ、ランターン、ホエルコ
島の野生ポケモン達。人々とともにパワーを注入した。

【ロケット団の行動】

気球で移動中、端末からハラの呼びかけを見ていた。空気的に自分たちもパワーを送らないといけないかと困惑し、ムサシは「腕が疲れちゃう」と文句を言うが、突然現れたキテルグマに驚き、気球も墜落。そして「パワーを送ればサトシ達が早く帰ってきて、早く横取りができるのでは」と思い、キテルグマにならってパワーの注入に協力した。

サトシ達が帰還後、本来の目的のソルガレオとルナアーラを捕まえるチャンスだと構えるが、キテルグマにさらわれ撤収した。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)

ミミッキュ(CV:浪川大輔)

【コジロウ】
ヒドイデ(CV:武隈史子)

【アイキャッチのキャラ】

ネクロズマ

Aパートコール:ナレーション(石塚運昇氏)

【ポケもんだい】

出題者:バーネット博士
Q,アローラの人々が【かがやき様】と呼び崇めているポケモンは?

A,青:ルナアーラ 赤:キテルグマ ◎緑:ネクロズマ 黄:ソルガレオ
ショートアニメは平和を取り戻したアローラから。島キング/クイーン3名が、今回のマナーロ祭りを振り返った。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :小平麻紀
演出  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画  :坂田愛子

【名(迷)セリフ】

(ルザミーネからの連絡を受け、島キング/クイーンが人々にかがやき様へのZパワー注入を呼び掛ける。)
「アローラの皆さん、聞いてください!今アローラの守り神カプ・コケコが、ウルトラホールに向かって力を送っています。実はウルトラホールの先には、光を失ったかがやき様がいるのです!古来よりこの地に伝わる伝説によれば、不思議な光で世界を満たし、アローラを誕生させたのはかがやき様だと言われております!」
「そのかがやき様が光を出し尽くし、黒く成り果ててしまいました。かがやき様を救うには、アローラの皆の力が必要です!」
「ともに力を送ってくれ!マナーロ祭りで受け継がれてきた、感謝を捧げる祈りとともに!」
「それがソルガレオを、ルナアーラを、かがやき様を救うことになるのです!」
(ハラ/ライチ/クチナシ)
「思いっきりいくぜソルガレオ!」
「月の魔眼よ、闇の魔宮を照らせ!」
「【サンシャインスマッシャー】!」
「【ムーンライトブラスター】!」
(サトシ/グラジオ)
(ウルトラホールが急に閉じ始め、サトシ達は急いで帰還するが……)
「べーべ」
「ベベノムはここに残ると言っている……」
「えっ!?」「ピカ!?」
「べべべべ」
「そして私たちと力を合わせ、この地を守ってゆくと……」
「ピーカ……」
「……それが一番だよ。お前がいたところが、元に戻ったんだもんな」
「ピーカ」
「ベベ……」
「サトシ、もう時間がないぞ」
「わかってる!……じゃあなベベノム、いつかまた会おう!元気でな」

(涙ぐみながらも別れるサトシとベベノム。ベベノムは決心し、地面に絵を描いた。それはサトシとピカチュウの絵。そして添えられたのはあの『すきすき、大好き』を現すイナズマのマーク。)

「ベーベーベ!」
「あぁ……!」
「ピカ!」
「サトシとピカチュウのことがすきすき、大好きだって!」
「俺もすきすき、大好きだーー!!」
(ベベノム/アーゴヨン/サトシ/ピカチュウ/カキ/マオ)

(平和を取り戻した後のポケモンスクール。)
「じゃあ朝の挨拶もう一度!」
「マックスハイテンション!」
「大きな声で!」
「「アローラー!」」
(サトシ/カキ/マオ)

※このセリフは前OP【アローラ!!】の歌詞そのまま。

【memo】

※ナレーションやオーキド博士、オーキド校長役などを務め、先日亡くなった石塚運昇氏の後任は、堀内賢雄氏に決まりました。10月21日放送分よりオーキド校長役として登場します。
※カントー編第38話「ピカチュウのもり」(1998年4月16日放送)以来約20年半続いていた、木曜19時台放送(テレビ東京系列・本放送)の最終話。

・カプ・コケコがZパワーを注ぐ際にとっていた、『手で三角形をつくり、空にかざすポーズ』。これはマナーロ祭りで、島キング達が感謝の祈りを捧げる際に取るもの。サトシ達との通信でネクロズマ(かがやき様)へのZパワーが足りないことを知り、ルザミーネ達は壁画の古代文字の解読もあって、「カプ・コケコはかがやき様へZパワーを送っているのではないか」と勘付く。ルザミーネが島キング・島クイーン達にも協力をあおぎ、島の人々とポケモン達が一斉にかがやき様への感謝を込めて、Zパワーを送った。

・ハラが島の人々にパワーを送る呼びかけをするシーンで、劇場版シリーズではおなじみの【いつもの親子】が登場している。

また同じ場面で、OPを歌唱しているЯeal(リアル)の3人がポケモン達とともに登場。この時登場しているピカチュウには前髪がある。
(11月発売の新作『ポケットモンスター Let’s GO!ピカチュウ/イーブイ』の新要素から採用したと思われる)

・平和を取り戻し、ポケモンスクールにいつもの日常が戻ってきた、かに思えた。前と同じく白衣を着こみローテンションのククイ博士に驚くサトシ達。しかしこれは、ただの風邪だった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク