アローラ編第81話(通算1032話)「アローラの若き炎!ロイヤルサトシ誕生!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第81話(通算1032話)
アローラの若き炎!ロイヤルサトシ誕生!!
本放送:2018年7月5日

【本編のあらすじ】

今日もロイヤルドームで盛り上がりを見せるバトルロイヤル。絶対王者・ロイヤルマスクとガオガエンの対戦相手は、卑劣な手段を厭わない悪役ユニット・リベンジャーズだ。しかしその反則行為への怒りから飛び出したサトシのニャヒートがリングに乱入してしまう。そこから急遽2対2の特別タッグマッチが行われることとなり、サトシは【ロイヤルサトシ】として、ロイヤルマスクとタッグを組むことに!

【主な制作スタッフ】

脚本  :米村正二
絵コンテ :関野昌弘
演出  :中田誠
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟史
作画監督 :伊藤典子、矢田木瀧
ゲストデザイン:一石小百合、郷津春奈

【曲情報】

OP 
未来コネクション

ED 
ジャリボーイ・ジャリガール

【レギュラー以外の登場キャラクター】

バーネット博士(CV:國立幸)
サトシ達とロイヤルマスクの試合観戦に同行。ロイヤルマスク本人とは知らずにククイ博士を強引に連れてきており、恐妻家の一面が見られる。

ロイヤルマスク(CV:中川慶一)
バトルロイヤルの絶対王者。そしてその正体はククイ博士。リベンジャーズの卑劣な手段にも屈することなく対峙し、特別タッグマッチではサトシとコンビを組んだ。試合終了後は正体がバレないようにそそくさと退場している。

ミスターエレク(CV:岩崎諒太)
リベンジャーズの一員。エレキブルとガオガエンの対戦中、自らガオガエンの脚をつかみ妨害した。

マッドブーバー(CV:岩崎征実)
リベンジャーズの一員。言いがかりをつけてロイヤルマスクに特別マッチを挑ませた。

ブルガン(CV:水内清光)
悪徳企業【レインボーハッピーリゾートカンパニー】の社長であり、リベンジャーズの真のビッグボス。ロイヤルドームを買収し自社企業の傘下にしてやろうと目論んでいる。実況するロケット団には『地獄の欲張り野郎』と呼ばれた。

リベンジャーズ(CV:村上裕哉)
リベンジャーズの一員。

トレーナー(CV:三宅健太)
バトルロイヤルに参戦したトレーナー。

マーマネのパパ、ホシ、ジェイムズ
ワンカットのみ登場。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)

モクロー(CV:林原めぐみ)

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

(CV:西村ちなみ)
技:ニトロチャージ、ひっかく、ほのおのキバ、リベンジ
特別マッチを観戦中、リベンジャーズの卑劣な行為に衝動を抑えきれず、ブーバーンに攻撃。その一件から急遽ロイヤルマスクのガオガエンと組みタッグマッチに挑む。最初は相手の連続攻撃に圧倒されるも、空中から高さを加えた【ほのおのキバ】などで応戦。また戦闘中に新たな技【リベンジ】を習得し、威力の上がった一撃でブーバーンとエレキブルを倒した。

ロイヤルマスクの決めポーズを披露する際には二足歩行で立っている。

ベベノム(CV:愛河里花子)

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
アローラガラガラ
技:アイアンヘッド
ダブルロイヤルとリベンジャーズのタッグバトル中、ニョロボンとアローラベトベトンの妨害行為を阻止した。

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)
技:アクアジェット
ダブルロイヤルとリベンジャーズのタッグバトル中、ニョロボンとアローラベトベトンの妨害行為を阻止した。

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

【バーネット博士】
ゴンベ(CV:愛河里花子)

【ロイヤルマスク(ククイ博士)】
(CV:櫻井トオル)
技:クロスチョップ、じごくづき、ビルドアップ、DDラリアット、ハイパーダーククラッシャー(ガオガエンZワザ)
ロイヤルマスクの相棒。反則を厭わないリベンジャーズが相手でも、フェアな試合で果敢に挑む。急遽行われたタッグマッチではサトシのニャヒートとタッグを組み、抜群のコンビプレイを見せた。タッグバトル決着後なおも往生際の悪さを見せるリベンジャーズには【ハイパーダーククラッシャー】の一撃でなぎ払い、一掃した。

【ミスターエレク】

技:ワイルドボルト、けたぐり、かみなりパンチ
前日のメインイベントでガオガエンに挑戦する。翌日の特別マッチにも登場し、ブーバーンとタッグを組む。

【マッドブーバー】
(CV:うえだゆうじ)
技:かえんほうしゃ、からてチョップ、だましうち、なげつける、ほのおのパンチ
エレキブルとガオガエンの試合中に、出場資格がないにもかかわらずガオガエンに不意打ちを仕掛ける反則行為を犯した。翌日の特別マッチでニャヒートに横やりを入れられ「恥をかかされた」と一方的に抗議し、エレキブルとタッグを組む。

※【だましうち】は、(不自然によそよそしく振る舞って)相手の油断を誘い、隙をついて攻撃する。

【なげつける】は本来『自分が持っている道具を相手に投げつけて攻撃』する技だが、今回のタッグマッチでは『ニャヒートを直接掴んで振りまわし、投げ飛ばした』。他の技でいう【じごくぐるま】などに近い。

【リベンジャーズ】
アローラベトベトン、アローラゴローニャ
技:ハイドロポンプ(ニョロボン)、ヘドロばくだん()、ロックブラスト(
特別マッチに乱入し、ガオガエンを取り囲んで一斉攻撃。またリング外からガオガエンを妨害した。ニョロボンのみ一般トレーナーに混じってバトルロイヤルにも参加した。

【ブルガン】

ゴージャスボールに入っている。リベンジャーズが全員倒された後、最後の抵抗とばかりに出された。しかしニャヒートの【ニトロチャージ】とガオガエンの【DDラリアット】の同時攻撃に何もできず倒された。

【トレーナー】

技:、バレットパンチ(カイリキー)、うたかたのアリア(アシレーヌ)、かげぬい(ジュナイパー)
それぞれバトルロイヤルに参戦。

(野生ポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

ゲンガー、ピクシー、ナゲツケサル、カイリキー、ベロリンガ、アローラペルシアン、ゴロンダ、ハピナス、ヤドン、コダック、マンキー、ワンリキー、バタフリー、イワンコ、ピチュー、キュワワー、エレキッド、イーブイ、フワンテ、レディバ、ヤミラミ、ラッキー、ニョロモ、アローラダグトリオ
試合を観戦する観客たちのポケモン。

【ロケット団の行動】

2日間続けて、変装してバトルロイヤルの司会をしている。リベンジャーズの反則行為に同じ悪として感動したり、リングに降りてきたサトシに少し動揺も見せたが、特に悪事を企むこともなく、最後まで仕事をまっとうした。

司会時の名乗りは、コジロウ【ファイアー・コジーロ(実況)】、ムサシ【フリーザー・ムーサ(解説)】、ニャース【サンダー・ニャターレ(解説)】。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)
リングに乱入したニャヒートの活躍を影ながら応援している。一度ブーバーンの言葉を訳して実況しているが全く怪しまれなかった。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)

【アイキャッチのキャラ】

ブーバーン

Aパートコール:ブルガン・ブーバーン
「サン&ムーン」の部分をブーバーンが担当。)

【ポケもんだい】

出題者:バーネット博士
Q,今回ロイヤルマスクとタッグを組んでバトルに挑むのは?

A,◎青:サトシ 赤:カキ 緑:マオ 黄:マーマネ
ショートアニメは本編翌日のククイ博士の家にて。「ニャヒートが覚えた【リベンジ】が凄かった」とククイ博士が口を滑らせてしまい、バーネット博士に怪しまれる。「売店のモニターで見た(から知ってた)」と苦し紛れにごまかしたが、なんとか正体はバレずに済んだようだ。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :牧野吉高
演出  :牧野吉高
総作画監督:中野悟史
作画監督 :中矢利子
原画  :小出紋加

【名(迷)セリフ】

(リベンジャーズの反則行為に我慢ならず、カキとスイレンが妨害を阻止する。)
「カキ!スイレン!」
「お前らぁ!何してくれてんねん!」
「危険だ!下がりたまえ!」
「気持ちはわかるけど、勝負はダブルロイヤルに任せましょう!」
「でも!」
「君たちの熱い思いは受け取った!だが、たとえ相手が反則攻撃をしても、クリーンファイトで迎え撃つ!それがダブルロイヤルだ!」
「うん!」
「「か、かっこいい~!!」」
「わかった!」
(サトシ/ブルガン/ロイヤルマスク/バーネット博士/スイレン/カキ)

【memo】

・【リベンジャーズ】とは、バトルロイヤルで反則行為を厭わない悪のユニット。そのトップにいるのがブルガンである。ロイヤルマスクとガオガエンに対しても、複数体ポケモンを繰り出す、脚をつかむなどの物理的な妨害、不意打ちなどをしており、反則負けを犯しても全く悪びれない。

・前日のバトルロイヤルをサトシ達がテレビで観戦するなか、マオとスイレンは会場で応援しており、その様子が中継で流された。

・リベンジャーズからの挑戦を受け特別シングルマッチに受けて立つロイヤルマスク。しかし翌日は『ククイ博士として』観客席に連れてこられており、そわそわと落ち着かない。こっそり抜け出そうとしてサトシに気づかれたが、「買い出しに行ってくる」と理由を付けてそそくさと舞台裏へ。その時にはすでに入場のコールまで始まっており、大急ぎで『ロイヤルマスクの姿』に早着替え。ガオガエンと猛ダッシュでステージへ向かい、なんとか間に合わせてポーズを決めることができたが、本心は焦りで憔悴しきっていた。

・ブルガンは以前カキ一家の牧場を乗っ取ろうとした一件(70話)で逮捕されたはずだが、何事もなく登場している。その旨は本編で語られていない。

関連記事

カキの家族が営むアーカラ島の牧場に、突如リゾートホテルの建築を目論む悪徳企業が押しかけてきた。卑劣な手段を使う相手に、カキはサトシ達に相談し対抗の手伝いをしてもらうことに。そんな中、相手の不法侵入を目撃したカキは立ち退きを賭けてポケモンバトルを挑むのだが……。

・特別タッグマッチは各々が1体ずつポケモンを出すが、2体同時に出るダブルバトルではなく、1対1のシングルバトルで随時相方のポケモンと【タッチ】して交代するルール。

・スイレンはガオガエンの【ビルドアップ】で増強された筋肉に異様に目を輝かせており、筋肉フェチと思われる描写がされた。また試合を見終わった後感想を聞かれたリーリエは「私も挑戦します、ロイヤルマスクに!」とやけに闘志を燃やしていた。


スポンサードリンク
スポンサードリンク