アローラ編第61話(通算1012話)「出動!ぼくらのウルトラガーディアンズ!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第61話(通算1012話)
出動!ぼくらのウルトラガーディアンズ!!
本放送:2018年2月8日

【本編のあらすじ】

いつものポケモンスクールに、突如いつもとは違う鐘が鳴り響く。メレメレの花園に開いたウルトラホールからウルトラビーストが出現し、ウルトラガーディアンズに出動要請がかかった合図だ。ルザミーネ達の指示のもと、強大な力を持つウルトラビーストの捕獲のためにはじめての任務に就くサトシ達。果たしてその結果はいかに……?

【主な制作スタッフ】

脚本  :松井亜弥
絵コンテ :浅田裕二
演出  :浅田裕二
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟志
作画監督 :岩根雅明(原画もひとりで担当)、志村泉
ゲストデザイン:一石小百合、太田都

【曲情報】

OP 
未来コネクション
(うた:ЯeaL(リアル))

ED 
ジャリボーイ・ジャリガール
(うた:岡崎体育)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ラキ(CV:浪川大輔)
【アローラ探偵ラキ】の撮影で、メレメレの花園に来ていたところをウルトラホールから現れたマッシブーンと遭遇する。

助監督(CV:櫻井トオル)
【アローラ探偵ラキ】の撮影助監督。

オーキド校長(CV:石塚運昇)
授業中のサトシ達に、ウルトラガーディアンズの緊急出動要請を知らせに来た。

ジュンサー
ワンカットのみ登場。

ルザミーネ(CV:木下紗華)、ビッケ(CV:藤村知可)、バーネット博士(CV:國立幸)
作戦指令室から通信でサトシ達にマッシブーンの情報を伝え、捕獲指令を与えた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんこうせっか、10まんボルト
マッシブーンと対戦。驚異的な力で殴り飛ばされ空高く吹っ飛んでしまうが、それを逆手に取り落下の勢いをつけてかかと落としを仕掛ける一幕も見せた。

モクロー(CV:林原めぐみ)

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

ニャビー(CV:西村ちなみ)

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)
冒頭、通常種とリージョンフォームの違いの授業内で使われた。

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)

リザードン(CV:石塚運昇)
ウルトラガーディアンズ出動時にカキのライドポケモンとして登場。

アローラガラガラ

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

デンヂムシ(CV:石塚運昇)

【オーキド校長】
ネッコアラ(CV:菊池瞳)
ウルトラガーディアンズの緊急出動要請が入った際には、鐘を小刻みに何度も叩いて知らせた。

ロコン
冒頭、通常種とリージョンフォームの違いの授業内で使われた。

【ルザミーネ】

ウルトラガーディアンズの一員として、サトシ達をサポートする役目を与えられた。出動前にウルトラボールと回復アイテムを支給する。

(野生ポケモン)


マッシブーンとは別のウルトラホールから出現。森をさまよっているうちにマッシブーンを追うサトシ達を見つける。その後マッシブーンと戦うピカチュウに興味を示すようになり、ピカチュウの前にだけ姿を現した。無邪気に面白がる様子を見せながらも、すぐにその場を去っている。


技:きゅうけつ、メガトンパンチ
開かれたウルトラホールから現れ迷い込んだ、ウルトラビースト。メレメレの花園に現れた後、各地を転々と移動し、知らない土地への戸惑いから破壊行為を繰り返していた。キテルグマと一歩も引かない張り合いを見せる。時折自慢の筋肉を見せつけるような仕草が見られる。

マハロ山道でカビゴンのエネルギーを吸収していたところをサトシ達が見つけ、捕獲の為に戦闘へ。筋肉は伊達ではなくピカチュウをはるか上空まで殴り飛ばす力強さを見せる。その後加勢しようとしたカキのからだを興味津々に見つめ、突然筋肉をアピール。これにカキが筋肉アピールで乗っかり、これにサトシとピカチュウも加わって筋肉アピール合戦に発展。この隙に目的を思い出したサトシがウルトラボールを投げ捕獲に成功した。捕獲後はメレメレの花園でウルトラホールを再び開き、もとの世界へと返された。

(CV:かないみか)
森でマッシブーンと遭遇し、一歩も引かない力の張り合いを見せる。ムサシとコジロウにマッシブーンの注意が引いた際には、ロケット団に危害が加わらないよう素早くかっさらい、撤退した。

カビゴン
マハロ山道でマッシブーンにエネルギーを吸われ、ふにゃふにゃになってしまっていた。回復の薬を投与してもらった後、木の実を大量に食べたことで元通りに回復した。

(その他)


【アローラ探偵ラキ】でのラキのパートナー。


ウルトラガーディアンズ出動時にサトシ達のライドポケモンとして登場。(左から順にサトシ、リーリエ、マオ、スイレン、マーマネ)

(モブキャラ)

カイリキー、ドサイドン、ゴロンダ
街のポケモン(カイリキーはジュンサーのポケモンと思われる)。マッシブーンと遭遇している。

アローラナッシー
ポケモンスクールのポケモン。出動時に一斉に首を横に倒した。

【ロケット団の行動】

森で木の実を拾っていたところ、ニャースとソーナンスがキテルグマとマッシブーンの戦いを目撃。マッシブーンの言葉はニャースにすらわからず、ただならぬ気迫を感じるなか、大声を上げてのんきに現れたムサシとコジロウ。マッシブーンに気づかれ、キテルグマに素早くかっさらわれて撤退した。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)
ウルトラビーストであるマッシブーンの言葉はニャースにもわからなかったらしい。キテルグマに担がれながらも「正体のわからない奴には触らないに越したことはないのニャ……」と安堵した。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)

ミミッキュ

【コジロウ】
ヒドイデ(CV:武隈史子)

【アイキャッチのキャラ】

マッシブーン

Aパートコール:ルザミーネ・ビッケ

【ポケもんだい】

出題者:ロトム図鑑
Q,今回使用する、ウルトラビースト捕獲用のボールは?

A,青:ダークボール ◎赤:ウルトラボール 緑:サファリボール 黄:マスターボール
マッシブーンが筋肉をアピールする行動は威嚇か自慢かよくわかっていない。ショートアニメは本編の続き。ベベノムのことが気になるピカチュウは、揺れる草むらにベベノムがいると思い飛び込むが、アリアドスのお尻と間違えてしまい怒らせてしまう。そんな様子を影でこっそり見ていたベベノムだった。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :松田真路
演出  :松田真路
総作画監督:松田真路
作画監督 :鈴木敦
原画  :鈴木敦

【名(迷)セリフ】

「マッシブーン……すっげぇ……!」
「なんて力だ……」
「筋肉ムキムキ……」
「かっこいい……!」
「「えっ」」
(サトシ/カキ/マオ/スイレン/リーリエ)
「マブシ!マブシ!マブシ!」
「ま……マブシ!」
「マブシ!?マブシ!マブシ!」
「!……マブシ!マブシ!」
「マブシ!……」
「マブシ!……」
「おぉーなんか楽しそう!マブシ!マブシ!ピカチュウもやろうぜ!」
「マブシ!」
「マブシ!」
「マブシ!」
「ピーカ!」
(マッシブーン/カキ/サトシ/ピカチュウ)

【memo】

・ポケモンスクールからウルトラガーディアンズとしての緊急出動をする際は、教室の奥に用意された特製の出動用ポッドから、任務遂行用のスーツに着替え作戦指令室へ。そこでルザミーネ達からミッションの説明を受けた後、各々ライドポケモンに乗って出動する。ポケモンスクールとエーテル財団の協力のもと、極秘に改造されていたもので、黒板の奥にあるスイッチパネルを押すと起動する仕組み。

・リーリエいわく、ルザミーネには「子供っぽいところがある」らしく、出動用ポッドの凝った仕掛けにも「お母様が好きそうな仕掛けです……」と少しあきれ気味に話した。出動時の掛け声「ウルトラジャー!」を発案、指定したのもルザミーネ。

・任務遂行時のスーツは、普段着から覆いかぶさるようにからだを覆った後に、変身するかのようにそれぞれのからだにぴったりフィットするようになっている。またリーリエは”がんばリーリエ”時と同じく髪型がポニーテールに。ロトムを含むポケモン達も任務中はスーツと同じロゴが描かれたバッジを付けている(♂は首飾り型♀はリボン型)。

・ウルトラビーストに関する情報はロトムが端末からダウンロードし、アップデートが可能。またウルトラビーストも他のポケモンと同じく、ポケモンとして定義づけされるようになった。

・今回の任務用にピクシーから支給されたウルトラボールは、モンスターボールを参考に作られたウルトラビースト捕獲用ボール。また回復用に【かいふくの薬】【まんたんの薬】、オボンの実やモモンの実といった回復アイテムも支給された。

・ウルトラビースト捕獲時の決めゼリフは「〇〇、ウルトラゲットだぜ!」

・マッシブーン捕獲後は、ルザミーネ達も直接メレメレの花園に出向き、装置を使ってウルトラホールを開いた。一度開いたウルトラホールは再び開きやすくなっているという。


ゴ〇ゴ13?
スポンサードリンク
スポンサードリンク