アローラ編第59話(通算1010話)「マオとスイレン、にがあまメモリーズ!」


【基本情報】

SM/アローラ編第59話(通算1010話)
マオとスイレン、にがあまメモリーズ!
本放送:2018年1月25日

【本編のあらすじ】

ある日のポケモンスクールの昼休み、スイレンはふと昨日の出来事をみんなに話した。妹のホウとスイが森で迷子になったのだが、森に棲むあるポケモンが助けてくれたのだという。そしてマオとスイレンも、子供の頃はじめて会った日に、森で同じようなことがあったのを今でも覚えていた。放課後、ふたりが【森のおじいちゃん】と呼ぶそのポケモンに会おうと、サトシを連れて森の中を進むが、話を盗み聞きしていたロケット団もポケモンを狙っており……。

【主な制作スタッフ】

脚本  :宮田由佳
絵コンテ :小平麻紀
演出  :小平麻紀
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟志
作画監督 :秋山泰彦、西谷泰史

【曲情報】

OP 
アローラ!!

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ホウ(CV:西村ちなみ)、スイ(CV:真堂圭)
冒頭、森で迷子になったところをジジーロンに助けられ、ハバンの実を持っていた。

サカキ(CV:三宅健太)
ニャースの妄想内で登場。笑顔でニャースを撫でていた。

マオのパパ(CV:三宅健太)、スイレンのママ
マオとスイレンの幼少期のシーンで登場。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)

モクロー(CV:林原めぐみ)

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

ニャビー(CV:西村ちなみ)

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)

アローラガラガラ

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

デンヂムシ(CV:石塚運昇)

(野生ポケモン)


森のポケモン。過去のシーンではマオがスイレンにあげた花の腕飾りをアブリボンが気に入り、スイレンがあげたところ、お礼に【花粉団子】をふたりに渡した。現在のシーンでムサシがアブリボンに花粉団子をせびった際には攻撃用の毒団子を投げた。


特性:ぎゃくじょう
技:ハイパーボイス、そらをとぶ、たつまき
マオとスイレンが【森のおじいちゃん】と呼ぶポケモン。人間の子供と遊ぶのが好き。住処には好物のハバンの実が自生しており、幼少期に迷子になったふたりをハバンの実で導いたり、崖から落ちたふたりを助けたりした。『いないいないばぁ』の要領で、顔を隠してから驚かせる仕草が時折見られる。ロケット団に捕らわれた際には、特性【ぎゃくじょう】を発動させ怒り、【たつまき】で返り討ちにした。

キテルグマ(CV:かないみか)
ジジーロン捕獲に失敗したロケット団を速やかに回収、撤収した。

(その他)

なし

(モブキャラ)

ドロバンコ
幼少期にスイレンの家で飼っていたと思われる。背中に小さなカゴを付けていた。

ネマシュ、ツツケラ、イトマル、バタフリー、ヤヤコマ
森のポケモン(過去)。

ヤヤコマ、ネイティ、キャタピー
森のポケモン(現在)。

【ロケット団の行動】

マオとスイレンが過去に【森のおじいちゃん】に出会った話を盗み聞きし、さぞかしレアなポケモンだと思いゲットすれば出世間違いなしだと企む。森を進むサトシ達を尾行し、サトシ達がジジーロンの住処を見つけたところで姿を現す。園児になりきってジジーロンを誘おうとするが、あっさり失敗。仕方なくロケットランチャーで強引にジジーロンを捕らえるが、これがジジーロンの逆鱗に触れ、あっさり網も破られる。【たつまき】で返り討ちにされ、すぐさま現れたキテルグマに回収されて撤収。

特別口上。園児になりきって登場した(『バブでちゅ大作戦』)。
「え、なに!?と言われたら」
「教えてあげまちょお名前を!」
「天真爛漫純真無垢(てんしんらんまん じゅんしんむく)、お人形遊びとおままごと大好きよ!ムサシ!」
「猪突猛進無我夢中(ちょとつもうしん むがむちゅう)、やんちゃっ子!コジロウ!」
「夜泣上等自己中心(よなきじょうとう じこちゅうしん)、ミルクとお昼寝大好きベイビー、ニャースでバブ!」
「おこちゃまロケット団参上でちゅ!」
「バブニャー!」
「ソーナンス!」

この歳に似合わぬ服装と口上に、さすがのサトシ達も凍り付き戦意喪失していた。


ムサシの口上時に遊び道具になっているポケモンは、すべて過去のシリーズでムサシが手持ちにしていたポケモン達である。アーボ(無印)、ハブネーク(AG)、ドクケイル(AG)、バケッチャ(XY))

(ロケット団のメカ)

おいたはメッ!ランチャー
コジロウ製作。普段はコジロウが使っていることの多いランチャーを改良したもの。ニャースの持っていた哺乳瓶が変形し、網を発射してジジーロンを(一時的に)捕らえた。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)
尾行時はバタフリーのコスプレをしている。ジジーロンの【子供と遊ぶのが好き】という特徴から、今回のコスプレ作戦を思いつき、自ら赤ちゃんにまでなるが失敗に終わる。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)
口上時はニャースのママ役になり、口紅を付けている(見た目はメスのソーナンスそのもの)。

【アイキャッチのキャラ】

ジジーロン

Aパートコール:ロトム図鑑

【ポケもんだい】

出題者:スイレン
Q,スイレンはマオとはじめて会った当初、マオのことをどう呼んでいた?

A,◎青:アイナ食堂さん 赤:マオマオ 緑:マオりん 黄:おしゃべりさん
(カットはそれぞれ、料理人チャイナ風アイドル風おばちゃんルック。)
ショートアニメはスイレンの家にて。ホウとスイが画用紙にジジーロンの絵を描いており、描き終わるとスイレンも「うん、いい感じ!」と褒めた。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :松田真路
演出  :松田真路
総作画監督:松田真路
作画監督 :鈴木敦
原画  :伊藤京子

【名(迷)セリフ】

(自分で食べて苦かったハバンの実を、泣いているマオに差し出すスイレン。)
「これ、すごくおいしい!食べてみて!」
「え…ほんと……?はむ……。!!苦いじゃん!スイレンのうそつき!」
「ごめん。でもよかった!」
「何が!?」
「マオちゃん、涙ひっこんだ!」
「あ……ほんとだ……。あ!今、呼んでくれたよね!?『マオちゃん』って!」
「えっ……」
「ねぇ、呼んでよ!もういっかい!」
(スイレン/マオ(ともに幼少期))

【memo】

・森で迷子になったホウとスイが帰ってきた際に持っていた木の実は、ハバンの実(効果抜群のドラゴン技を受けた際に威力を半減させるもの)。においは甘く、味は強い苦みのなかに甘さがある。ジジーロンの棲む場所にも自生しており、マオとスイレンは【にがあま】と呼んでいる。

・当初は全員で森へ行く予定だったが、マーマネは「パパとデンヂムシカークラブのイベントに行く」、リーリエは「お母様と買い物に行く」、カキは「牧場の手伝いがある」と、予定があって同行できなかった。

・マオとスイレンが初めて会ったのは、スイレンが母親に連れられてアイナ食堂に来た時。当時のスイレンは今以上に恥ずかしがりやで人と話すのが苦手な子だった。マオはそれとは対照的におしゃべりで元気な子。スイレンは当初マオのことを「アイナしょくどうさん」と呼んでいた。

・過去にアブリボンがふたりにあげた【花粉団子】は、とても甘くて栄養満点。攻撃用の毒の団子も持っているらしく、現在のシーンでその話を聞いたムサシがアブリボンに強引に花粉団子をせびった際には、毒団子を投げられている。

・過去の想い出を思い出すうちに、【森のおじいちゃん】の特徴も思い出してきたところで、ロトムが「特徴を話してくれれば目的のポケモンを検索できる」と豪語。最初に【見た目はおじいちゃん】【緑色】【白色】の3点から導き出したのはユキノオーだったが、即答で「違う」と言われ、その後の想い出話で【空を飛べる】という特徴から、ようやくジジーロンを導き出すことができた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク