アローラ編第57話(通算1008話)「ロトム、フォルムチェンジが止まらない!」


【基本情報】

SM/アローラ編第57話(通算1008話)
、フォルムチェンジが止まらない!
本放送:2018年1月11日

【本編のあらすじ】

休日のある日、サトシ達が買い物に出かける間ポケモン達との留守番を任され張り切るロトム図鑑。その途中、宅配で届けられた1台の洗濯機。しかしその中にもフォルムチェンジした別のロトムが潜んでいた。そしてひょんなことから図鑑と洗濯機、2匹のロトムが入れ替わってフォルムチェンジしてしまい大騒ぎ!果たして2匹のロトムはもとの姿を取り戻すことができるのだろうか……?

【主な制作スタッフ】

脚本  :藤咲淳一
絵コンテ :金崎貴臣
演出  :小柴純弥
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟志
作画監督 :難波功、宮田忠明

【曲情報】

OP 
アローラ!!

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

宅配便のお兄さん
サトシ達が留守のなか、ロトム(ウォッシュロトム)が潜む洗濯機を届けにきた。しかし間違えて届けてしまったようで、入れ替わってロトム(ロトム図鑑)が入ったままの洗濯機を引き取り、本来の届け先であるポケモンセンターへ宅配した。

ジョーイ(CV:清水理沙)
ロトム図鑑が入り込んでいるとも知らず、新品の洗濯機が届き喜ぶが、不良品だと思い込み引き取ってもらおうとしていた。ロトムの入れ替わりの際に撃ったピカチュウの【10まんボルト】の被害を2度も受けている。

ホウ(CV:西村ちなみ)、スイ(CV:真堂圭)
スイレンの双子の妹。扇風機の取り合いをしており、ロトム(ロトム図鑑)がスピンロトムになっても変わらず追いかけまわしていた。

オルオル
テレビのポケベース中継に登場。

ラキ(CV:浪川大輔)
テレビの【アローラ探偵ラキ】に登場。

メイド
リーリエの屋敷に勤めるメイド。カットロトムに振り回された。

ジェイムズ(CV:ふくまつ進紗)
暴れるカットロトムに追われるリーリエを助けた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:10まんボルト、エレキボール
寝ていたところをモクローに蹴られる、ウォッシュロトムの入ったロトム図鑑に顔をつねられるなど、ひどい目に合う描写が多い。ロトムが入れ替わるときは毎回【10まんボルト】が放たれている。

モクロー(CV:林原めぐみ)

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)

ニャビー(CV:西村ちなみ)
技:ひのこ

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
アローラガラガラ
技:ホネこんぼう
ひとりでに動きだしたヒートロトムに殴りかかった。

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

【ジェイムズ】
(ぱちぱちスタイル)
技:めざめるダンス
リーリエを追いまわすカットロトムに【めざめるダンス】の電撃をくらわせた。

(※【めざめるダンス】はオドリドリのスタイルによってタイプが変わる技。

(野生ポケモン)

プリン(CV:かないみか)
波に揺られて流れていた。その後どこかで歌い眠ったドロバンコに落書きの仕打ちをしていた。


街にひっそりと潜んでいた『珍しいポケモン』。ロトム(ウォッシュロトム)が撮影に成功する(ただしピントがブレブレ)。その後ロトム(ロトム図鑑)も直接見つけたが写真撮影ができず。そのまま影のように消えていった。


プリンの歌で眠り落書きされた。

(その他)

ロトム(ロトム図鑑)(CV:浪川大輔)
技:ハイドロポンプ、バブルこうせん(ウォッシュロトム時)
もともとサトシの持つ図鑑に入っていたロトム。ピカチュウの【10まんボルト】を受けて飛び出し、洗濯機に入り込んでウォッシュロトムにフォルムチェンジ。そのまま手違いでポケモンセンターへと運ばれた。図鑑として長く居すぎた為か他のフォルムには馴染めず、すぐに洗濯機から抜け出しコンセントと電線を伝って逃げ出し、図鑑を探すことに。

その後もフォルムチェンジを繰り返しながら、ポケモンスクールのメンバー達に気づいてもらおうとするもうまくいかず、ポケモンセンターにある洗濯機に入り【ウォッシュロトム】に舞い戻る羽目に。そこでサトシと再会し、ピカチュウとバトルになるがその過程で【10まんボルト】を受け図鑑に入っていたウォッシュロトムと入れ替わりで元の図鑑に収まることができた、のだが……。

ロトム(ウォッシュロトム)(CV:三宅健太)
もともと洗濯機に潜みフォルムチェンジしていた、ロトム図鑑とは別の個体。ピカチュウの【10まんボルト】を受けて飛び出し、図鑑に入り込んだ。図鑑時の一人称は『我が輩』、もともとの名残か語尾に「ウォッシュ!」がつく。物陰に潜んでいたマーシャドーを偶然にも撮影に成功するがピントがブレブレで、しかも本人が「真っ白のほうが好き」だと、マーシャドーを撮影した勝手に写真を消してしまう有様。再び【10まんボルト】を受けたことでロトム図鑑と入れ替わりもとの洗濯機に戻ることができた。


宅配便のお兄さんのパートナー。

(モブキャラ)

クリムガン
テレビのポケベース中継でバッターとして登場。

ドーブル
テレビの【アローラ探偵ラキ】のラキのパートナー。

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

【アイキャッチのキャラ】

ウォッシュロトム

Aパートコール:ロトム(ウォッシュロトム)
(『ポケットモンスター サン&ムーン、ウォッシュ!』)

【ポケもんだい】

出題者:ロトム図鑑
Q,本編内でロトムに起こるとんでもないこととは?

A,青:ゴンベに食べられる ◎赤:図鑑から出てしまう 緑:ニャビーに焼かれる 黄:プリンに眠らされる
図鑑の姿に慣れすぎた為、他のフォルムは「居心地が悪かった」らしい。ショートアニメは本編の続き。ポケモンセンターと同化したロトムをいち早く察知したピカチュウが【10まんボルト】を撃ち、飛び出したロトムがすぐさまサトシの持つ図鑑に戻ったのだった。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :松田真路
演出  :松田真路
総作画監督:松田真路
作画監督 :鈴木敦
原画  :鈴木敦

【名(迷)セリフ】

「(ふぅー、やっと落ち着ける場所を見つけたロト……。でも僕はずっとこの洗濯機で生きていくロト……?って、サトシロト!サトシに会えたロトー!僕はここロトー!)」

(不意に排水口から【ハイドロポンプ】を放つ)
「【ハイドロポンプ】!?ピカチュウ、【エレキボール】だ!」
「(違うロト!バトルするつもりじゃないロトー!)」
「ピカチュウ気をつけろ!何か来る!」
「(あぁー違う違う!もうどうしたらわかってくれるロトー!?)」

(からだから泡があふれ出す)
「【バブルこうせん】!?」
「(技じゃないロト―!僕の涙ロトー!あぁー止まらないロトー!)」
(ロトム図鑑/サトシ)

【memo】

・今回の事件のきっかけは、目覚めたルガルガンとニャビーのじゃれあいから。かまってもらおうとじゃれるルガルガンに怒ったニャビーが【ひのこ】を飛ばし、それが寝ていたモクローに命中。黒焦げになって怒るモクローが蹴りをかますが避けられ、寝ていたピカチュウに命中。たまらずピカチュウが【10まんボルト】を放ちロトムもろとも皆が感電、2匹のロトムが入れ替わる事態になった。

・洗濯機に入っていたロトムと入れ替わり、【ウォッシュロトム】となってポケモンセンターに運ばれたロトム(ロトム図鑑)。【ウォッシュロトム】状態では電源や起動のスイッチが目の部分になっており、目を二度も直に触られてその痛さから泡と洗濯物を吐き出し、すぐさま逃げ出している。

電線を移動するなか、磁場に吸い寄せられ再び出た先は、スイレンの家にある扇風機。今度は【スピンロトム】にフォルムチェンジし、はしゃぐホウとスイに追いかけまわされ、目を回しながらも脱出し、場所を推測してククイ博士の家へと帰り着いた。

しかしそこには誰もおらず、行きついた先はテレビの中(フォルムチェンジはしていない)。『中身のなくなった図鑑を捨てたのでは』と危惧しサトシを探しに急ぐが、またしても磁場に吸い寄せられ、現れた先はリーリエの屋敷にある芝刈り機。【カットロトム】となり、リーリエに気づいてもらおうと追い回すが、ジェイムズのオドリドリの【めざめるダンス】で痺れ、脱出する。

続いて飛び出した先はマオとカキのいるアイナ食堂のオーブンレンジ。【ヒートロトム】となり、2人に気づいてもらおうとひとりでに動くも、2人にとっては動く家電にホラー同然。カキのガラガラの【ホネこんぼう】で殴られ、その衝撃で脱出する。その後マーマネの家にある冷蔵庫に現れ【フロストロトム】となる。マーマネに気づいてもらおうとするが結局気づかれず、しびれを切らして扉を開け、凍らせてしまい、そのまま逃げるように退散する。

結局行きついた先はポケモンセンターの洗濯機。【ウォッシュロトム】となった先で、おかしくなった図鑑のことをジョーイに相談するサトシと再会する。図らずもピカチュウとバトルとなるが、ピカチュウの【10まんボルト】で周りが感電した衝撃で図鑑に入っていたウォッシュロトムもろとも飛び出し、再び元の姿を取り戻すことができた。

しかしその直後、ウォッシュロトムの出した泡ですべって転んだサトシの体重がかかり、耐えかねたピカチュウが【10まんボルト】を放ち、ロトムが再び飛び出す。ウォッシュロトムは無事だったが、図鑑にいたロトムはなんとポケモンセンターの屋根と同化していたのだった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク