アローラ編第56話(通算1007話)「寝る子は強い、ネッコアラの秘密!」


【基本情報】

SM/アローラ編第56話(通算1007話)
寝る子は強い、ネッコアラの秘密!
本放送:2017年12月28日

【本編のあらすじ】

いつもポケモンスクールの鐘を鳴らす役目を持ちながらも、普段からずっと眠ったまま起きることがないネッコアラ。眠りながらも行動できるその生態にサトシ達は興味津々だ。トレーナーでもあるオーキド校長の話も交え、普段見られないネッコアラの姿を見ていくが、そこに突如現れたのは神出鬼没でお騒がせなあのプリン。ひょんなことからプリンとネッコアラの熾烈な争いが繰り広げられて……?

【主な制作スタッフ】

脚本  :米村正二
絵コンテ :尼野浩正
演出  :渡辺正彦
副監督  :小平麻紀
総作画監督:中野悟志
作画監督 :直井由紀

【曲情報】

OP 
アローラ!!

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

バーネット博士(CV:國立幸)
ククイ博士と結婚し、同棲。その日からは出張の予定だったが朝の時点で何も準備ができておらず、ククイ博士に手伝ってもらっている。

オーキド校長(CV:石塚運昇)
サトシ達にネッコアラとの出会いの話を聞かせた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)

モクロー(CV:林原めぐみ)
ネッコアラの戦う姿を見たサトシが「モクローも寝ながら戦えるのでは」と思いつき寝たままバトルに出される。しかしやっぱり寝たまま何もしなかった。

ルガルガン(たそがれの姿)(CV:中川慶一)
技:いわおとし
ニャビーと早朝特訓に励む。

(CV:西村ちなみ)
技:ひのこ、ほのおのキバ、ひっかく
ルガルガンと早朝特訓に励む。ネッコアラとのバトルにも登場するが、攻撃を命中させられず反撃の【ウッドハンマー】でダウンした。

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)
技:かえんほうしゃ、ドラゴンテール
ネッコアラと対戦するが攻撃が当てられず、【こうそくスピン】が直撃してひっくり返り起き上がれなくなった。

アローラガラガラ
技:アイアンヘッド
寝ているネッコアラにちょっかいを出し返り討ちにあう。

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)
ネッコアラに【うたう】を覚えさせる合唱時には最前列を取っており、自身も歌うことが好きになった様子。

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

【バーネット博士】
ゴンベ(CV:愛河里花子)
一緒に水中の調査に出ていた。朝食で通常の10倍のポケモンフーズを2秒でたいらげる。

【オーキド校長】
(CV:菊池瞳)
技:ウッドハンマー、こうそくスピン、うたう
スクールの鐘を鳴らした勢いのまま転がり、サトシ達が授業をしている校庭に落ちてきた。オーキド校長と出会った際には、持っていた丸太をなくしたことで激しい寝返りで住人を困らせていたが、オーキド校長の頭の上を気に入り、やがてポケモンスクールの鐘を打つ丸太を気に入って使うようになった。

寝ていても巧みに攻撃を回避し反撃が可能。サトシのニャビーとカキのバクガメスに立て続けに勝利した。プリンの落書きもかわしており唯一一度も被害を受けなかった。それどころか新たに【うたう】を覚えたことで、眠ったプリンに落書きし返した。

(野生ポケモン)


海中のポケモン。ちょっかいを出したサトシに内臓を飛び出させてパンチした。

キテルグマ(CV:かないみか)
森でポケモンを探すロケット団を捕まえ撤収するが、その途中プリンの歌を聞き眠らされる。起きたときには劇画調の濃い落書きをされており、心なしか怒っていたのか?ロケット団を掴む腕も力がこもっていた。

(CV:かないみか)
技:うたう、はたく
登校するサトシの上を風に吹かれるままに飛んでいた。その後森でロケット団と出くわし、歌で眠らせ、怒って落書きして去っていく。その後風に吹かれてサトシ達の前に現れ歌うが、ネッコアラに対してだけは落書きをかわされるうえに反撃され、怒りのボルテージがたまっていく一方。

風に吹かれて退場しては何度も仕返しに現れるがしかし、ネッコアラの覚えた【うたう】で逆に眠り、ネッコアラに落書きを受ける羽目に。しかしこの落書きに大ウケし、かえってネッコアラとは仲良くなる結果になった。最後も突風に吹かれてそのままどこかへ飛んで行った。

(ライドポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

ヨワシ、ラブカス
海中のポケモン。

アブリー
ネッコアラとモクローの対戦(?)最中に飛んできた。

【ロケット団の行動】

原点に返り、森でボスに献上するポケモンを探していたところ、草むらが動きだし一斉に飛び込む。しかしそれはキテルグマだった。抱きかかえられ撤収されるも、その途中出会ったプリンの【うたう】で全員眠らされる。

起きたのは夕方。プリンの落書きにゲラゲラ笑いあうなか、キテルグマの落書き顔のインパクトに驚かされ、そのまま掴まれて撤収した。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)

【アイキャッチのキャラ】

プリン
下からみた姿。シルエットは円形。)

※カントー編のアイキャッチで一度登場した【上から見たプリン】の再来である。

関連記事

【基本情報】 カントー編第53話(通算56話) ポケモンけんていしけん!? 本放送:1998年7月30日 ※ポケモンショック以前...


Aパートコール:オーキド校長
(【ポケットモンスター サン&ムーウマ】。)

【ポケもんだい】

出題者:マーマネ
Q,今回登場する、ネッコアラ最大のライバルとなるポケモンは?

A,◎青:プリン 赤:ケーシィ 緑:ベトベター 黄:ガルーラ
ショートアニメは本編後の放課後の出来事。ロトムが録画した映像を見ているサトシ達。マーマネが「もっと音量を大きくしてほしい」と頼み音が聞こえるが、同時にプリンの歌声が流れ、全員眠った。

※本放送では『アニポケ放送1000回記念・8週連続プレゼント』告知のためポケもんだいはカットされた。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :松田真路
演出  :松田真路
総作画監督:松田真路
作画監督 :鈴木敦
原画  :伊久美安里

【名(迷)セリフ】

「よし、起死回生で【なかよくする】は大成功だ!」
「うん、これにて一件らくチャーレム!」
「プリーン!またなー!」
「とか言ってると、ほんとに来るよ!?」
「その時はまた、ネッコアラと仲良くポケモン歌バトルだ!」
(ククイ博士/オーキド校長/サトシ/マオ)

【memo】

・リーリエの日記による振り返り描写が終わり、この回から石塚運昇氏によるナレーションが復活した。

・ククイ博士の手に結婚指輪が描写されている。

・バーネット博士の海中調査で、ロトム図鑑がフィルターをかぶせた防水仕様になっている。

・ネッコアラは一生を眠ったまま過ごすポケモン。食事も眠ったまま行う。人間やほかのポケモンは食べられないがネッコアラにとって好物の特殊な葉っぱを好み、その葉っぱを食べるととても眠くなる作用があるという。

・ネッコアラは時折話を聞いているような表情の変化を見せるが、これはその時見ている夢に合わせて表情が変わっているだけ。

・ネッコアラが持っている丸太は、本来生まれた時にすでに持っており、一生しがみついて放さない。しかしオーキド校長がネッコアラと出会った当初はその丸太をなくし、安眠できずに激しい寝返りを打って住民を通せんぼしていた。偶然オーキド校長の頭の上を気に入り、しばらくは頭の上でともに過ごしていたのだが、ある時ポケモンスクールの鐘を打つ丸太を自分から気に入り、放さなくなった為その丸太をネッコアラにあげることに。それ以降、決まった時間にスクールの鐘を鳴らす役目を持つようになったとか。(ネッコアラが来る以前はオーキド校長が毎日鐘を鳴らしていた)

・ネッコアラがなぜ寝ながら攻撃を回避できるのか、そのメカニズムは不明。

・怒って落書きをするプリンとそれをかわすネッコアラ。またプリンが仕返しに現れれば堂々巡りできりがない。そこでプリンとネッコアラを仲良くさせるためにオーキド校長が思いついた案は【ネッコアラにも【うたう】を覚えさせ一緒に歌わせる】というものだった。

スイレンの指揮のもと、ピカチュウ達が歌ってそれを真似させることでネッコアラは【うたう】を習得。仕返しにきたプリンに対し、『ポケモン歌バトル』と称して一斉に歌わせた結果、なんとプリンが眠りネッコアラに落書きをされる結果となった。しかしプリンには落書きが大ウケし、かえって2匹が仲良くなるきっかけとなった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク