アローラ編第38話(通算989話)「ミミッキュのばけのかわ!」


【基本情報】

SM/アローラ編第38話(通算989話)
ミミッキュのばけのかわ!
本放送:2017年8月17日

【本編のあらすじ】

アーカラ島での課外授業を終えメレメレ島に戻ってきたサトシ達。そしてピカチュウを狙い現れたのは久しぶりのロケット団。しかしとっておきのZワザをお見舞いされ空高く吹っ飛ばされる始末。しかもキテルグマが来ないままムサシとミミッキュは別の方向へ落ちていく。しかも、戦いの衝撃でミミッキュのかぶっているばけのかわが破れてしまっていた。【ミミッキュの中身を見た者は大変な目にあう】と言われており、困ったムサシはばけのかわの代わりになるものを探すことにしたのだが……。

【主な制作スタッフ】

脚本  :関根アユミ
絵コンテ :尼野浩正
演出  :榎本守
総作画監督:中野悟志
作画監督 :田之上慎、門智昭、
作画監督補佐:鷲田敏弥、服部憲知
ゲストデザイン:郷津春奈

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター -20th Anniversary-

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

サカキ
ロケット団のボス。ミミッキュの中身を見てしまったニャースの空想内で登場し、ニャースの頭をなでていた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
奇襲を仕掛けたロケット団に捕まるがあっさり解放された。

(たそがれの姿)(CV:中川慶一)
技:いわおとし、ワールズエンドフォール(イワZワザ)
ロケット団を相手に早速Zワザ【ワールズエンドフォール】を発動させたが、途中で岩塊が砕け散り技が失敗に終わる。その原因が【進化したことで増幅したパワーのコントロールの経験不足】にあることをククイ博士に指摘され、その日の午後の授業で技の実戦練習を重ねる。ロケット団との再戦で特訓の成果を活かし、今度こそ【ワールズエンドフォール】を成功させロケット団を撃退した。

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)
技:ダイナミックフルフレイム(ホノオZワザ)
Zワザを失敗したルガルガンに代わり、ロケット団を撃退した。技の実戦練習でルガルガンの相手をする。

リザードン(CV:石塚運昇)
登校時にライドしていた。

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)
技:アクアジェット
技の実戦練習で【アクアジェット】を使い、水上スキーの要領でアママイコを引っ張った。

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

(野生ポケモン)


ムサシが買ったマラサダを狙って群れで襲い掛かり、マラサダとムサシが直したミミッキュのばけのかわを奪い去った。ムサシとミミッキュの活躍で撃退される。

キテルグマ(CV:かないみか)
リベンジ戦に敗れ吹っ飛んだロケット団を空中でキャッチし、森へ撤収した。

(ライドポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

スクールに登校途中のサトシ達に不意打ちを仕掛けピカチュウを強奪。反撃に出たサトシがルガルガンのZワザ【ワールズエンドフォール】を発動させるが途中で岩塊が砕け散り技が失敗。これをチャンスと見るが間髪入れずカキのバクガメスが放ったZワザ【ダイナミックフルフレイム】で吹っ飛ばされる。なぜかキテルグマも来なかった為そのまま吹っ飛び、ムサシとミミッキュがコジロウ達とはぐれショッピングモールに落ちてしまった。

吹っ飛んだ衝撃でばけのかわが破れ中身が見えかかっていたミミッキュ。ボールに戻そうとしても拒否し、困ったムサシは気分転換に買ったマラサダの店の紙袋をかぶらせて難を逃れる。そしてばけのかわの代わりを探そうとショッピングモールを回るが結局自分の買い物ばかり。結局代案もミミッキュに拒否されてしまう。
結局ばけのかわはムサシが自ら修復することに。それが出来上がりホッと一息つこうと買ったマラサダに手を付けた瞬間、またしてもヤミカラスの群れがマラサダを奪いに現れ、マラサダと直ったばかりのばけのかわを盗られてしまう。しかしムサシがからだを張ってそれを取り返し、それに応えようと、群れをなして再び現れたヤミカラスをミミッキュが撃退、無事コジロウ達とも再会できた。

その後調子づいたムサシとミミッキュはサトシにリベンジすべく再びスクールに現れる(コジロウ達はなぜか後ろで応援にまわった)。しかしピカチュウがいると相変わらず標的はピカチュウになってしまうようで、隙を晒したところをルガルガンの【ワールズエンドフォール】が炸裂し吹っ飛んだ。今度はキテルグマが現れて全員まとめて担がれて、撤収。

口上は述べなかった。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山イヌコ)
ヤミカラスに対抗しようと紙袋から直ったばけのかわに飛び込んだミミッキュの“中身”をうっかり見てしまい、またしても失神する。ムサシの大声で意識を取り戻した。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)
ムサシとミミッキュとはぐれて涙を見せた。


技:ウッドハンマー
ルガルガンを相手に出されるが相変わらずピカチュウ以外には興味なし。吹っ飛んだ衝撃によってか、正体を隠すばけのかわが破れてしまう。ボールに入ることも拒んだが、ムサシが買ったマラサダの紙袋をかぶって難を逃れた。結局この紙袋が落ち着いているようでしばらくそのまま過ごしていたが、破れたばけのかわを直すことにしたムサシの言葉に最初は戸惑いながらも素直に従い、修復されたばけのかわを渡され涙を見せる場面も。ヤミカラスの群れが襲いかかった際にはムサシへ恩を返すかのごとく、いつもと違い素直に指示を聞きヤミカラスを撃退。しかしルガルガンとのリベンジ戦でもピカチュウに攻撃したのは変わらずだった。

ショッピングモールにあったピカチュウの遊具に対してすら憎悪をにじませていたが、子供たちがそれで遊ぶ姿を見てどこかコンプレックスを感じているような描写が見られた。

【アイキャッチのキャラ】

ヤミカラス

Aパートコール:コジロウ・ニャース・ソーナンス
「ン」の部分だけソーナンスが担当。)

【ポケもんだい】

出題者:ムサシ
Q,本編内でムサシが買ったマラサダを盗んだのは誰?

A,◎青:ヤミカラス 赤:ジャリボーイ(サトシ) 緑:モクロー 黄:ニャース
ムサシの解説は分類を【つらのかわポケモン(〇:ばけのかわポケモン)】、タイプを【ピカチュウさかうらみタイプ(〇:ゴースト/フェアリータイプ)】などと適当に言っておりミミッキュにツッコまれている。
ショートアニメでは秘密基地に干された洗濯物(なぜかキテルグマを模した服がたくさん)の中にミミッキュのばけのかわがあり、怯えるニャース。その背後にはまがまがしい中身を現したミミッキュ……ではなく、紙袋をかぶったミミッキュだった。紙袋が相当気に入ったようである。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :尼野浩正
演出  :仲野良
総作画監督:中野悟志
作画監督 :安田周平、中矢利子
原画  :新井達也

【名(迷)セリフ】

「大丈夫さルガルガン、お前のせいじゃないよ」
「いや、失敗の原因はルガルガンにあるのかもしれない」
「博士…それってどういうこと?ルガルガンはこんなに頑張ってるのに!」
「その頑張りこそ、Zワザの決まらない原因かもよ」
「えっ…?」
「ルガルガンは、進化したことでこれまでとは比べ物にならないパワーを得た。でも、今のルガルガンにはそのパワーをコントロールする経験値が足りない
「それって例えば、頑張りすぎて攻撃する前にパワーが途切れちゃう、とか?」
「そういうことかもしれないな。基礎となるいわタイプの技をもう一度見直したらどうだ?ルガルガンのパワーを、自分の力とできるように!」
(サトシ/ククイ博士/リーリエ)
「(ばけのかわを)直してあげるから、貸しなさいよ。よくわかんないけど、ピカチュウの姿でいることが、あんたにとって大事みたいだし
(ムサシ)
「そういえばソーナンスは?」
「はぐれたニャ」
「『ソーナンス、遭難す』なんてな」
「くだらないニャ…」
「ムサシだったら笑ってくれるぞ!ドカーンって」
(コジロウ/ニャース)(※ちなみに「ソーナンス、そうなんす!?」のサブタイトルはジョウト編で存在する。

【memo】

・マラサダの店の紙袋をかぶって難を逃れたミミッキュ。破れたばけのかわはボロボロで、ムサシに「これもう捨てたら?」と言われるが、ミミッキュにとっては何やら思い入れがあるようだ。

・コジロウ達は森でムサシとミミッキュを探していたが、ムサシ達がショッピングモールの方向に落ちたのを思い出した途端、顔が青ざめる。今財布を握っているムサシにショッピングで稼いだバイト代を使われるのを危惧し急いで街のほうへ探しに走るのだった。

・ミミッキュが着せられた着せ替えは、リボンコーデ、カジュアルバケツコーデ、フリフリポシェットコーデ、ノスタルジック麦わらコーデ。他にも多数小道具を用意していたが苛立ったミミッキュに拒否された。

リボンコーデ
カジュアルバケツコーデ
フリフリポシェットコーデ
ノスタルジック麦わらコーデ
スポンサードリンク
スポンサードリンク