本編解析(SMアローラ編)

アローラ編第37話(通算988話)「イワンコといのちの遺跡の守り神!」


【基本情報】

SM/アローラ編第37話(通算988話)
イワンコといのちの遺跡の守り神!
本放送:2017年8月10日

【本編のあらすじ】

ライチとの大試練を突破したサトシ。イワンコに進化の兆しが見えだし、そしてアーカラ島での課外授業もいよいよ終わりの時が近づいてきた。しかし帰島を翌日に控えた夜、イワンコが突如姿を消してしまう。一度は見つけたものの、何者かに傷つけられたイワンコ。サトシの制止も聞かずどこかへと去ってしまった。翌日皆でイワンコを探しに向かうなか、別の場所ではイワンコのもとに2匹のルガルガンが。2匹がイワンコを連れて行った先は、アーカラ島の守り神、カプ・テテフを祀る命の遺跡だった。

【主な制作スタッフ】

脚本  :松井亜弥
絵コンテ :神谷純
演出  :渡辺正彦
総作画監督:中野悟志
作画監督 :直井由紀

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター -20th Anniversary-

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ライチ(CV:沢城みゆき)
サトシ達とともにイワンコ捜索に協力。サトシのイワンコがルガルガンに進化したこと、グリーンフラッシュ現象を見られたことに感動し号泣する場面も。

 

グラジオ(CV:岡本信彦)
とある洞窟に来ていた。イワンコの声に反応し行動するルガルガンを特に止めはせず、仲間のタイプ:ヌルの身を案じていた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
イワンコが部屋から抜け出したのをいち早く察知しサトシに知らせ、またサトシと一緒に夜通しイワンコを探した。

モクロー(CV:林原めぐみ)

(CV:林原めぐみ) → (たそがれの姿)(CV:中川慶一)
技:いわおとし
大試練で自らがモクローを傷つけたことをまだ悔やんでいたようだった。夜にポケモンセンターから脱走し、ひとり技の修行をしていたところにカプ・テテフが現れ、バトルになるが敗れ傷つき、サトシの制止も聞かずにどこかへ去ってしまった。その後川に流され倒れたところを2匹のルガルガンに助けられ、カプ・テテフのいる命の遺跡へ運ばれた。

カプ・テテフにエネルギーを分け与えてもらったことで回復し、そこに夕日が緑色に光る【グリーンフラッシュ】現象を前にルガルガン達と遠吠えをし、自らもルガルガン(たそがれの姿)に進化した。

ニャビー(CV:西村ちなみ)

 

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

 

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)

リザードン(CV:石塚運昇)
空からイワンコを探す際に出した。

アローラガラガラ

 

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

 

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

 

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

デンヂムシ

 

【ライチ】
ルガルガン(まひるの姿)(CV:うえだゆうじ)
単独でイワンコ捜索に向かい、川に落ち傷ついたイワンコを見つける。そこでグラジオのルガルガンと出会いともに行動。カプ・テテフと一時対峙するが、イワンコがルガルガン(たそがれの姿)に進化した時には一緒に遠吠えを響かせた。

 

【グラジオ】
ルガルガン(まよなかの姿)(CV:三木眞一郎)
サトシのイワンコの遠吠えに反応し、声のするほうへ向かい、その先でイワンコとライチのルガルガンに出会い、ともに行動。カプ・テテフと一時対峙するが、イワンコがルガルガン(たそがれの姿)に進化した時には一緒に遠吠えを響かせた。


ずっとグラジオのそばについていた。

(CV:櫻井トオル)
プレミアボールでゲットされたポケモン。グラジオいわく「昼間に誰かに姿を見られるとまずい」らしく、洞窟で出された。頭は鎧のような金属で包まれている。

(野生ポケモン)

(CV:清水理沙)
特性:サイコメイカー
技:サイコショック、ドレインキッス
脱走し修行をしていたイワンコの前に気まぐれに現れ、バトルで打ち負かした。子供のような思考を持ち「無邪気で残酷な面を持ち合わせている」といわれており、イワンコやルガルガンに対してときに険しい表情を見せ苛烈な攻撃を見せることも。

イワンコを助けようと立ち向かったサトシの意思をくみ取ってか、【ドレインキッス】で2体のルガルガンとサトシのエネルギーを吸収し、イワンコに分け与えることでイワンコのキズを回復させた。

(ライドポケモン)

なし

(その他)


空のポケモン。突然通り過ぎたことで驚いたイワンコが川に落ちてしまう。


命の遺跡にて、カプ・テテフの振りまく鱗粉の力でキズを癒した。

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

【アイキャッチのキャラ】

カプ・テテフ

Aパートコール:ロトム図鑑

【ポケもんだい】

出題者:ククイ博士
Q,本編内で進化するポケモンは?

A,青:アシマリ 赤:ニャビー ◎緑:イワンコ 黄:モクロー
ショートアニメでは前回に引き続き、ククイ博士とライチがサトシのイワンコの進化について語らっていた。予想は外れたものの、ポケモンの進化の奥深さやルガルガンのこれからの成長に楽しみが尽きないようだ。

※本放送では【劇場版ポケットモンスター キミにきめた!】の見どころ紹介のためポケもんだいはカット。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :尼野浩正
演出  :平野宏樹
総作画監督:中野悟志
作画監督 :中矢利子
原画  :永田有香

【名(迷)セリフ】

「ルガルガンの目…さっきの太陽みたいな緑色だ!」
「黄昏時に進化したから、『ルガルガン(たそがれの姿)』、だな!」
(サトシ/ククイ博士)
「ポケモンの不思議さには、こうして博士になった今でも驚かされるよ」
「人間の子供たちも不思議だよ。ときに予想を超える成長を見せる」
(ククイ博士/ライチ)

【memo】

・ライチのルガルガンがイワンコの頃、進化直前に今回同様に突然どこかへいなくなり、戻ってきた時にはすでにルガルガンに進化していた後だったという。

・カプ・テテフは【振りまく鱗粉で傷ついたポケモンを癒す】とともに、【無邪気で残酷な面も持ち合わせている】と言われており、バトルが好きな反面、自らの力加減を知らず、力の弱いポケモンを相手にすると瀕死にまで追い込むという。(【無邪気で残酷】という表現はロトムには理解できなかったようだ)

・【グリーンフラッシュ】現象は、太陽が緑色に光る、日没や日の出に起こるといわれるめったに見られない自然現象。アーカラ島では「グリーンフラッシュを見た者には幸運が訪れる」と言われている。

ルガルガン(たそがれの姿)は、ゲームでは11月発売の最新作【ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン】で登場するルガルガンの新たな姿。ゲームに先行してアニメに登場した。ロトム図鑑にも図鑑データが存在しなかったため、これから「図鑑にデータのないポケモンは、ロトム図鑑が説明文などを考え自らアップデートする」ことになった。

・本編にならい、ED映像もイワンコがルガルガン(たそがれの姿)に変更された。