アローラ編第36話(通算987話)「ライチの大試練!一番ハードなポケモン勝負!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第36話(通算987話)
ライチの大試練!一番ハードなポケモン勝負!!
本放送:2017年8月3日

【本編のあらすじ】

課題を通して試練を突破しクサZを獲得したサトシは、島クイーン・ライチから大試練への挑戦を許された。アーカラ島の守り神、カプ・テテフを祀る【命の遺跡】で行われる今回の試練は、ポケモンを2体同時に指揮するダブルバトルだ。サトシはイワンコとモクローを選出するが、いつになく攻撃的な態度をとるイワンコ。これが思わぬピンチを招くことに……。

【主な制作スタッフ】

脚本  :冨岡淳宏
絵コンテ :浅田裕二
演出  :小柴純弥
総作画監督:中野悟志
作画監督 :大西雅也

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター -20th Anniversary-

ED 
ポーズ(2番)

挿入歌 
アローラ!!

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ライチ(CV:沢城みゆき)
島クイーンとして、大試練でサトシを迎える。儀式的な面では一島クイーンとしての厳かな面を見せた(スイレンには「まるで別人のよう」と言われた)。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
バトルには不参加、応援にまわった。

(CV:林原めぐみ)
技:このは、ブルームシャインエクストラ(クサZワザ)
大試練に選出(ボールに出た時点から起きており、気合の入りが見受けられた)。主にイワンコを持ち上げながらの空中戦に持ち込み、さらにダイノーズの【マグネットボム】を空中でうまく誘導し自爆させたところですかさずクサZワザ【ブルームシャインエクストラ】を発動させ、見事命中しダイノーズを倒した。しかし、続けてイワンコを掴もうとした際に反抗して暴れたイワンコの【かみつく】で倒されてしまった。

(CV:林原めぐみ)
技;いわおとし、かみつく
冒頭からいつになく攻撃的な態度を見せており、特にライチのルガルガンに対して敵意をむき出しにしていた。大試練前からサトシの手に噛みつく一幕も(サトシは「気合が入ってる」ととらえたが)。
その気合を買われ大試練に選出。時折サトシの指示も耳に入らず突っ込んでしまうところも見受けられたが、ダメージを受けても負けずに反撃する闘志を見せる。ダイノーズを倒しルガルガンのみになったことでさらにヒートアップするが、サトシが空中戦に出ようとモクローに掴まれた際に反抗して暴れ、【かみつく】で味方であるモクローを倒してしまった。

モクローを自分が倒してしまったことに我に返り、責任を感じてしょげてしまうが、サトシの励ましを受けて再びバトルへ。ルガルガンの【いわなだれ】に飛び乗って上を取り、空中からの【いわおとし】が連続命中してルガルガンを倒し、勝利に貢献した。

ニャビー(CV:西村ちなみ)
バトルには不参加、応援にまわった。

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

【ライチ】
(まひるの姿)(CV:うえだゆうじ)
技:いわなだれ、アクセルロック、ワールズエンドフォール(イワZワザ)
大試練に選出。高い素早さとパワーでサトシのポケモン達を翻弄する。イワZワザ【ワールズエンドフォール】を繰り出すもサトシの機転で【ステルスロック】の破壊に利用されダメージは負わせられず。イワンコとの一騎打ちの末【いわおとし】で倒される。


技:ステルスロック、マグネットボム、でんじほう、ギガインパクト
“チビノーズ”と呼ばれる3つのユニットを磁力で自在に操る。バトルでもこのチビノーズの能力を活かし数の面で試合を有利に運んだ。また防御面を活かしてルガルガンの援護に務めた。モクローのZワザ【ブルームシャインエクストラ】で倒される。

(野生ポケモン)

カプ・テテフ
試練を終えたサトシ達の前を、鱗粉を振りまきながら飛び去った。

(ライドポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【試練・大試練の戦績】

アーカラ島大試練・サトシvsライチ(2対2ダブル)

〇モクロー・イワンコ ‐ ルガルガン・ダイノーズ●

(ダイノーズ←モクロー【ブルームシャインエクストラ】
モクロー ←イワンコ【かみつく】 ※パーティアタック
ルガルガン←イワンコ【いわなだれ】)

サトシが大試練を突破したことで、ライチからZクリスタル【イワZ】が贈られた。

【ロケット団の行動】

(本編出演なし)

【アイキャッチのキャラ】

ダイノーズ

Aパートコール:ククイ博士

【ポケもんだい】

出題者:ククイ博士
Q,今回の大試練でライチが繰り出すポケモンはルガルガン(まひるの姿)と、もう1匹は?

A,青:アローライシツブテ 赤:ガントル 緑:カプ・テテフ ◎黄:ダイノーズ
ショートアニメではライチとククイ博士が、サトシのイワンコの進化先(ルガルガンのどちらの姿になるか)について語らっていた。ククイ博士は「夜のほうが活発だから」と【まよなかの姿】を、ライチは「自分のルガルガンに憧れているから」と【まひるの姿】を支持していた。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :尼野浩正
演出  :平野宏樹
総作画監督:中野悟志
作画監督 :中矢利子
原画  :永田有香

【名(迷)セリフ】

(ピンチの中でも笑顔を見せて)
「面白くなってきた!これを打ち破るからバトルは熱いんだ!」
(サトシ)
「轟け、命の鼓動!大地を貫く岩の響きよ!いけ!ワールズエンドフォール!」
(ライチ)
「イワンコ、お前進化するのか?」
「【まひるの姿】になるのか【まよなかの姿】になるのか、興味が尽きないロトー」
「へへっ、俺はどっちでもかっこいいと思うぞー!なりたいほうになーれっ」
(サトシ/ロトム図鑑)

【memo】

・カキがライチとの大試練に挑んだ際はシングルバトル(バクガメスvsルガルガン)だったが、サトシの大試練は2対2のダブルバトル。これはサトシがメレメレ島でハラとの大試練を突破し、Zクリスタルも3個獲得していることで、「それだけアローラの大地に認められている」サトシの全力を引き出させる為の、ライチの提案だった。

・ダイノーズの設置した【ステルスロック】で行動範囲を制限されたイワンコとモクロー。猛攻を受けピンチに陥るが、ルガルガンの放ったZワザ【ワールズエンドフォール】をギリギリまで引き付けたうえで避けることで、巨大な岩塊により【ステルスロック】を破壊させる、というサトシの頭脳プレーによって【ステルスロック】を攻略した。

・自らのパーティアタックでモクローを倒してしまったことに、我に返りしょげてしまうイワンコ。そこでサトシは前に【いわおとし】の特訓をした際に見せた、お尻を振るポーズをやって見せ「ルガルガンに勝とう!俺も一緒に戦うからさ!」と励ましてイワンコを奮い立たせた。

・イワンコは種族上進化が近くなると攻撃的な面や単独行動が多く見られる。今回のサトシのイワンコもこれに当てはまるとみられ、試練決着後にライチとククイ博士はサトシに「イワンコの進化が近いのかもしれない」と伝えた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. アキナ より:

    初めまして。先日無印ポケモン29話の記事にてコメントさせていただきましたアキナと申します。お手数ですが、一度ご確認いただけると助かります。

    • absolute absolute より:

      コメントありがとうございます。
      はじめてコメントがついてうれしい限りです。これからもよろしくお願いします

  2. アキナ より:

    こちらこそわざわざありがとうございます。
    差し支えなければ先の無印29話の方のコメントにもご回答いただければ幸いです。