アローラ編第28話(通算979話)「熱闘ポケベース!ねらえ逆転ホームラン!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第28話(通算979話)
熱闘ポケベース!ねらえ逆転ホームラン!!
本放送:2017年5月25日

【本編のあらすじ】

今アローラ地方で人気のスポーツ・ポケベース。プロリーグのテレビ中継で試合を見たサトシも大興奮で、実際にやってみたいと興奮を抑えられずにいた。そんな中、翌日のポケモンスクールでの特別授業はなんとポケベース!しかも特別講師として現れたのはプロリーグの現役4番バッター・オルオルだった!プロの選手から直々にルールを教えてもらい、いざ、試合開始!

【主な制作スタッフ】

脚本  :藤咲淳一
絵コンテ :浅田裕二
演出  :小柴純弥
総作画監督:中野悟志
作画監督 :村田理、八田木瀧、難波功(補佐)
ゲストデザイン:村田理

【曲情報】

OP 
アローラ!!

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

オルオル(CV:古谷徹)
ポケベースのプロリーグチーム・コイキングスの4番バッター。背番号は11。ククイ博士の依頼でポケモンスクールでポケベースの講師として登場し、試合では解説役を務めた。対ロケット団ではカビゴンと試合に参戦。
メレメレ島出身でポケモンスクールの卒業生でもあり、時折オーキド校長仕込みのギャグを使う。カビゴン専用のZワザを使える【カビゴンZ】を所持(アニポケでは4人目のZリング所持者)

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
サトシチーム2番ピッチャー(対ロケット団でもピッチャー)。ピッチングはしっぽで球をくるみ、回転して素早い投球を繰り出す。攻撃も自らのしっぽを使って投球を打ち返した。

モクロー(CV:林原めぐみ)
試合には不参加。得点ボードの上で寝ている。

イワンコ(CV:林原めぐみ)
対ロケット団との対戦で登板。守備位置はファースト。

ニャビー(CV:西村ちなみ)
ポケベースには興味がないようで眠っていたが、ボールにじゃれる様子も見られた。

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)
カキチーム2番レフト。守備ではリーリエが打球を怖がって落としたボールを口でキャッチしアウトを取った。

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)
技:トラップシェル
カキチーム4番キャッチャー。守備でホームベースに走るサトシの前に立ちはだかり、【トラップシェル】でサトシを焦がした。

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)
カキチーム5番ファースト。攻撃はがむしゃらに回転しながらもバットに当てた。

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)
サトシチーム3番ファースト。守備は水のバルーンで球を包み取る芸当を見せる。攻撃は自らの手を使いバントしたが、手がはれ上がってしまう。

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)
サトシチーム6番レフト。守備でからだのトゲに打球を突きさしてキャッチした。(これでも反則にはならないらしい)

【オーキド校長】
ネッコアラ(CV:菊池瞳)
あちこちで眠っていた。

【オルオル】

技:ほんきをだすこうげき(カビゴンZワザ)
オルオルのパートナー。守備位置はレフト。しかし普段から寝てばかりでほとんど動こうとはせず、それをロケット団につけこまれる事態に。打席に立ってもあくびばかりしており走塁も自分からはまるでしなかったのだが、オルオルによって見せた専用のZワザ【ほんきをだすこうげき】で勢いよく走りだす。キャッチャーのソーナンスをものしかかって押しつぶし落球させて、セーフを取りスクールチームの逆転勝利に貢献した。

(野生ポケモン)

キテルグマ(CV:かないみか)
どこからともなく現れてロケット団を一瞬で全員さらい撤収した。しかもムサシはオルオルのサイン色紙をもらえずじまいである。

(ライドポケモン)

なし

(その他)


テレビのポケベースにて。エレブーズのピッチャー。


テレビのポケベースにて。コイキングスのバッター。しっぽで投球を打ち返した。


授業でのポケベースで、スクールメンバー同士の対戦での審判を担当。しかしどんなボール球も「ストライク!」と言ってしまう。ストライクだけに。

(モブキャラ)

コイキング
テレビのポケベースにて。コイキングスの応援サポーター。

アローラナッシー
テレビのポケベースにて。エレブーズの選手。

オドリドリ(ぱちぱちスタイル)
スクールでのポケベースで踊って両チームを応援。

【ロケット団の行動】

いつの間にか、ムサシがオルオルの大ファンになっており写真を持つほどになっていた。そんな中、カキの【ダイナミックフルフレイムボール】をスイレンが【一本釣り打法】で打ち返し場外ホームランとなった球が、ニャースの顔面に直撃。怒ってスクールに駆けつけ、サトシ達と対峙するがムサシは本物のオルオルに会えてすっかりメロメロ。オルオルのサイン色紙を賭けて、ポケモンスクールチーム対ロケット団のポケベース対決となった。

攻撃は動きの鈍重そうなオルオルのカビゴンを執拗に狙い点数を稼ぎ、守備ではニャースの意外な活躍で最終9回裏時点で1点リードの状況に。カビゴン相手にはニャースが必殺の【魔球ニャイリーグボール】を繰り出し勝負に出るが、Zワザ【ほんきをだすこうげき】で本気を出したカビゴンによって逆転され、対決は敗北。しかし、オルオルの計らいでムサシにサイン色紙がプレゼントされる、はずだったがどこからともなく現れたキテルグマに一瞬にしてさらわれて、撤収。サインがもらえずじまいでムサシの悲しい叫びがこだました。

ムサシはあくまでオルオルのファンであり、ポケベースのルールはまるで知らず興味もなかった。

一部特別口上。四字熟語の部分のみ野球にちなんでおり、それぞれトレーニングしながら述べた。

ムサシ「一球入魂全力投球(いっきゅうにゅうこん ぜんりょくとうきゅう)」(ローラーを引いた)
コジロウ「走者一掃好球必打(そうしゃいっそう こうきゅうひだ)」(うさぎ跳びをした)
ニャース「三者凡退満塁押出(さんしゃぼんたい まんるいおしだし)」(ソーナンスを担いだ)

それ以外はいつもと同じ。

ニャース(CV:犬山イヌコ)
キャッチャー→ピッチャー。しかし肉球の手から出されるとは思えない速球でスクールチームを追い詰める。本人いわく「打倒ピカチュウの為に特製のギプスをつけて修行をした成果」らしい。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)
ライト→キャッチャー担当。カビゴンの【ほんきをだすこうげき】によるのしかかりで押しつぶされ、ペラペラになってしまった。

ミミッキュ
当初ピッチャー担当だったが、打席にピカチュウがいると端からデッドボール狙いの大暴投。仕方なくライトに交代された。

【コジロウ】
ヒドイデ(CV:武隈史子)
サード担当。ボールは触手で突き刺して取る。ファーストにいるコジロウに向かう速度は随一だが、勢いが良すぎてボールを落としてしまう。

【アイキャッチのキャラ】

カビゴン

Aパートコール:オルオル

【ポケもんだい】

出題者:ククイ博士
Q,本編内で行われる特別授業のスポーツはどれ?

A,青:ポケサッカー 赤:ポケラグビー ◎緑:ポケベース 黄:ポケピンポン
ショートアニメではポケベースの練習風景が映し出された。いつもは寝てばかりのカビゴンにオルオルも呆れた様子だった。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :尼野浩正
演出  :仲野良
総作画監督:中野悟志
作画監督 :中矢利子
原画  :永田有香

【名(迷)セリフ】

(ボール球もストライクと宣言したストライクに)
「クソボールロト!」
「ストライクだからな。」
「「うんうん」」
(ロトム図鑑/ククイ博士/オルオル,オーキド校長)
「見るニャ!魔球ニャイリーグボールニャ!!」
「解説しよう!ニャイリーグボールとはニャースが極秘特訓によってゲットした、絶対アウトにしてしまう必殺の変化球である!」
(ニャース/コジロウ)
「燃えろ!汗と涙とド根性!走れカビゴン!【ほんきをだすこうげき】!」
(オルオル)

【memo】

・本編のテレビ中継ではオルオルの所属するコイキングスの名前だけが出ており相手チームの名前は公表されなかったが、エレブーがメインで登場したことからエレブーズと推測される。【エレブーズ】自体は無印ジョウト編で登場している。

・サトシ達が授業で行ったポケベースはプロリーグとは異なり、2塁ベースのない所謂【三角ベース】形式。人数の都合上、1チームは人間3名+ポケモン3体の6名構成となっている。

スクールメンバー同士の対戦での打順・守備位置は以下のとおり。
【先攻・サトシチーム】
1番:サトシ(キャッチャー)
2番:ピカチュウ(ピッチャー)
3番:アシマリ(ファースト)
4番:スイレン(サード)
5番:マーマネ(ライト)
6番:トゲデマル(レフト)
【後攻・カキチーム】
1番:マオ(サード)
2番:シロン(レフト)
3番:カキ(ピッチャー)
4番:バクガメス(キャッチャー)
5番:アママイコ(ファースト)
6番:リーリエ(ライト)

・カキの投球はホノオZワザをもじった【ダイナミックフルフレイムボール】(投げるたびに毎回テロップが表示される)。サトシも最初の打席のみデンキZワザをもじった【スパーキングギガボルトスイング】を見せたが、空振りに終わる。

ポケモンスクールチーム対ロケット団の守備位置は以下のとおり。
【ポケモンスクール】
ピッチャー:ピカチュウ
キャッチャー:サトシ
ファースト:イワンコ
サード:オルオル
ライト:カキ
レフト:カビゴン
【ロケット団】
ピッチャー:ミミッキュ→ニャース
キャッチャー:ニャース→ソーナンス
ファースト:コジロウ
サード:ヒドイデ
ライト:ソーナンス→ミミッキュ
レフト:ムサシ
スポンサードリンク
スポンサードリンク