アローラ編第27話(通算978話)「出でよ!紅き眼差しルガルガン!!」


【基本情報】

SM/アローラ編第27話(通算978話)
出でよ!紅き眼差しルガルガン!!
本放送:2017年5月18日

【本編のあらすじ】

島では最近【謎のルガルガン使い】と言われる強いトレーナーが現れたという噂が流れている。強いトレーナーと聞いて、ぜひ戦いたいとうずうずするサトシ。放課後街の広場に行ってみると、そこにはバトルをしているルガルガン使いのトレーナーが。そのトレーナー、グラジオに早速バトルを申し込むサトシだったが、そこにリーリエが現れ「お兄様!」と声をかける。なんとグラジオはリーリエの兄だったのだ。

【主な制作スタッフ】

脚本  :松井亜弥
絵コンテ :浅田裕二
演出  :浅田裕二
総作画監督:中野悟志
作画監督 :岩根雅明(原画もひとりで担当)、志村泉
ゲストデザイン:村田理、香月麻衣子、直井由紀

【曲情報】

OP 
アローラ!!

ED 
ポーズ(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

スカル団
(タッパ(CV:櫻井トオル)、ジップ(CV:堀総士郎)、ラップ(CV:朝比奈丸佳))
とある路地裏でたむろしていたところでグラジオを見つけ難癖をつけた後バトルを仕掛けるが、あっさり敗れ退散。

グラジオ(CV:岡本信彦)
【謎のルガルガン使い】として巷を騒がせているトレーナーにして、リーリエの兄。アニメではカキ、サトシに次ぐZリングの持ち主で、イワZを所持。半年前にリーリエが住む屋敷を出ていったという。
ロケット団からの呼ばれ方は「凄腕金髪ジャリトレーナー」

船乗りトレーナー
広場でグラジオと対戦するが完敗を喫する。

ジェイムズ(CV:ふくまつ進紗)
リーリエの屋敷の執事。幼少期のグラジオとイーブイ(現在のブラッキー)との思い出をサトシとリーリエに語った。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
グラジオのブラッキーが手紙を届けた際にサトシを起こそうとして、なかなか起きないサトシを【10まんボルト】を浴びせ無理矢理起こす。

モクロー(CV:林原めぐみ)
技:このは
朝のバトル練習でイワンコと対戦。朝練終了後に異常なまでの眠る速さを見せた。

(CV:林原めぐみ)
技:いわおとし、たいあたり、かみつく
朝のバトル練習でモクロー、ニャビーと対戦。いつも以上の気合を見せる。
広場でのグラジオのルガルガンの戦いぶりを見て、自身の進化後の姿でもあるルガルガンに憧れを抱いた。
憧れのルガルガンとのバトルでは能力面で劣るも果敢に立ち向かい、ロケット団に捕まったルガルガンとピカチュウの救出にも一役買った。

ニャビー(CV:西村ちなみ)
技:ひっかく、ほのおのキバ
朝のバトル練習でイワンコと対戦。炎の威力も着実に向上している。

【リーリエ】
アローラロコン(NN:シロン)

【カキ】
バクガメス(CV:三宅健太)

【マオ】
アママイコ(CV:藤村知可)

【スイレン】
アシマリ(CV:愛河里花子)

【マーマネ】
トゲデマル(CV:かないみか)

デンヂムシ

【グラジオ】

技:あくのはどう
ボールには入れず、いつも出して行動している。イーブイの頃に傷ついていたのを幼少期のグラジオが見つけた。
夜、グラジオの手紙をサトシのもとへ届けた。ロケット団に対しては逃走トラックに攻撃しパンクさせる。

(まよなかの姿)
技:ストーンエッジ、カウンター、かみくだく、ワールズエンドフォール(イワZワザ)
【紅き眼差し】の異名を持つ、グラジオの相棒。ハイパーボールで捕まえられた。体格差のあるカメックスをひるませるほどの鋭い眼光が特徴。
カメックスを【カウンター】の一撃で沈める攻撃力もさながら、イワンコを上回る素早さを誇る。ロケット団の妨害にあい捕まるが、ブラッキーとイワンコの活躍で脱出。ロケット団にイワZワザ【ワールズエンドフォール】で巨大な岩塊を叩きつけた。

【スカル団】
ヤトウモリ(タッパ)
技:ベノムショック

ダストダス(ジップ)
技:ヘドロばくだん

ズバット(ラップ)
技:きゅうけつ

【船乗り】

技:ロケットずつき
グラジオのルガルガンと対戦したが【カウンター】で倒される。ロトムいわく「推定重量100kg」。

(野生ポケモン)

キテルグマ(CV:かないみか)
「やなかんじー!」寸前のロケット団を空中で高速でキャッチし、そのまま空高く飛び去った。

(ライドポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

マクノシタ、イーブイ、ケーシィ、エレブー、ガーディ、ワンリキー、エレキッド、コダック、ヤミラミ、ヨーテリー、リオル、ドーブル、ピンプク、ハーデリア
広場でグラジオと船乗りの対戦を見ていた人たちのポケモン。

バタフリー
リーリエの屋敷のバルコニーに来ていた野生ポケモン。

コソクムシ
海岸のポケモン。

【ロケット団の行動】

スカル団をなぎ倒したグラジオの様子を探って、「ルガルガンの雰囲気が、悪が正義の自分たちにぴったり」と思い、捕まえようと計画。

翌早朝、キテルグマが寝ている隙に秘密基地を抜け出しポケモン探しに出発。そこでグラジオとサトシのバトルを見かけ、ルガルガンとピカチュウをまとめて捕まえようと奇襲を仕掛ける。宣言通り2匹を網で捕まえて逃走するが、ブラッキーがトラックをパンクさせた隙にイワンコが網を噛み破り、2匹とも脱出。ルガルガンのZワザ【ワールズエンドフォール】で吹っ飛ばされる。「やなかんじー!」となる寸前でキテルグマに高速キャッチされながら、退場。

口上は奇襲後、グラジオの「何者!」に反応して述べる。

ニャース(CV:犬山イヌコ)
ルガルガンの眼光と戦いぶりを見て「半端ない殺気に満ちていた」と冷や汗をかいていた。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:うえだゆうじ)

【アイキャッチのキャラ】

ルガルガン(まよなかの姿)

Aパートコール:グラジオ

【ポケもんだい】

出題者:ロトム図鑑
Q,今回登場するキャラクターは誰の兄?

◎青:リーリエ 赤:カキ 緑:マオ 黄:マーマネ
ショートアニメは本編の続きで、リーリエが車でサトシを一緒に乗せようとしたが、サトシは特訓と言ってポケモン達と走ってスクールへ。遅刻確実だと読んだロトムだけちゃっかり車に乗っかろうとした。

(スタッフ)
脚本  :吉川兆二
絵コンテ :尼野浩正
演出  :牧野吉高
総作画監督:中野悟志
作画監督 :中矢利子
原画  :永田有香

【名(迷)セリフ】

「見ろ!アローラの朝日だ!」
「きれい…」
「美しすぎて胸が痛むぜ…」
「小判がキラーンと洗われていくすがすがしさニャ…」
「ソーナンス…」
(コジロウ/ムサシ/ニャース/ソーナンス)
「蒼き月のZを浴びし岩塊が今…滅びゆく世界を封印する!くらえ!ワールズエンドフォール!」
(グラジオ)
「お前のイワンコ、いい目をしている。俺のルガルガンにそっくりだ」
(グラジオ)

【memo】

・スクールのお昼休み、ポケモン達はデンヂムシを先頭に縦に連なって電車のように歩き回る遊び【キャタピーごっこ(スイレン命名)】をしていた。
並び順はデンヂムシ→トゲデマル→アママイコ→ピカチュウ→アシマリ→シロン→バクガメス。

・グラジオは「ポケモンバトルの修行に出るため、自身のこれからのことを考えるため」半年前に屋敷を出ていったという。しかし広場で出会ったときのグラジオは、リーリエが記憶していた時の優しさを失くしていたような感じがしていたという。

・本編中、ムサシはずっとルガルガンを「ルガンガ」と誤読している

・ロケット団が逃走に使用したトラックは左ハンドル。コジロウが運転した。

・ロケット団撃退後、グラジオとサトシのバトルの再開となるはずだったがポケモンスクールの登校時間になったため、バトルの決着はお預けに。互いに握手を交わし、立ち去った。
リーリエもその光景を見つけ駆けつけるのだが、兄がもう去ってしまったことにリーリエは「今度こそお屋敷に寄ってもらおうと思ったのに」とむくれていた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク