オレンジ諸島編第32話(通算114話)「ファイナルバトル!カイリューとうじょう!」


【基本情報】

オレンジ諸島編第32話(通算114話)
ファイナルバトル!カイリューとうじょう!
本放送:1999年9月9日

※放送当時はカイリュ“ウ”と誤植されたこともあったが、現在は修正されている。

【本編のあらすじ】

オレンジリーグ・ウィナーズカップでヘッドリーダー・ユウジとの6対6のフルバトルに挑むサトシ。途中ダメージを負いつつも、残り4体を残してユウジのポケモンを5体倒し、残りは1体。ついにユウジの真打、カイリューが現れた。残り4体といえど、皆先の戦闘でダメージが蓄積しているサトシのポケモン達。果たして勝利を手にすることができるのか!

【主な制作スタッフ】

脚本 :冨岡淳宏
絵コンテ:鈴木敏明
演出 :大町繁
作画監督:たけだゆうさく

【曲情報】

OP 
ライバル!
ED 
ラプラスにのって

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ユウジ(CV:遊佐浩二)
【カイリュー使い】とうたわれる、”サザンクロス・ヘッドリーダー”の男。ヘッドリーダー就任後いまだ無敗を守り切っている。

アナウンサー(CV:長谷部浩一)
ウィナーズカップの実況を担当。

審判(CV:小西克幸)
試合の審判を担当。

【登場したポケモン】

(手持ち)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:こうそくいどう、かみなり
メタモン戦からの再登場。カイリューの【はかいこうせん】を【しっぽをバネにして高くジャンプしかわす】ことで回避、カイリューが隙を晒したところで頭にしがみつき、至近距離から【かみなり】を叩き込んで倒し、勝利に貢献した。

(CV:林原めぐみ)
技:はっぱカッター、たいあたり
リーグ戦5番手。防御面で相性有利のエレブーと戦うがレベル差で押し切られ【かみなりパンチ】で倒される。

(CV:三木眞一郎)
技:かえんほうしゃ、ほのおのうず、ちきゅうなげ、りゅうのいかり
リーグ戦6番手。エレブーの電撃の猛攻に苦しめられるも【ほのおのうず】で振り払い、パワーを活かした【ちきゅうなげ】でエレブーを倒す。
対カイリューでは空中戦に持ち込むもスピードで圧倒され大ダメージ。【りゅうのいかり】のぶつけ合いの末に倒される。

(CV:愛河里花子)
技:ハイドロポンプ、バブルこうせん
イワーク戦からの再登場。ダメージが残っており【ハイドロポンプ】をカイリューの【みずでっぽう】で弾き落とされ、【バブルこうせん】でダメージを与えるも【のしかかり】で倒される。

(CV:愛河里花子)
リーグ戦4番手。ゲンガーの【ナイトヘッド】と【れいとうビーム】の衝突による爆発で倒れる。

(CV:小西克幸)
技:じわれ、とっしん
ゲンガー戦の交代から再登場。フィールドに足を取られ思うように動けずにいたが、パワーを活かしフシギバナを倒した。対カイリューではフィールドの砂地をクッションにして衝撃を和らげながら、空中から攻めるカイリューを角ですくい上げ投げ飛ばす芸当を見せる。しかしダメージが残っていた為か【かみなり】で倒される。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

【ユウジ】

リーグ戦3番手。【ナイトヘッド】と【れいとうビーム】の衝突による爆発で倒れる。


技:ソーラービーム、つるのムチ
リーグ戦4番手。ケンタロスの【とっしん】で倒される。


技:でんきショック、10まんボルト、かみなりパンチ、かみなり
リーグ戦5番手。フシギダネをレベル差で押し切り倒すが、リザードンのパワーに押され【ちきゅうなげ】で倒される。


技:みずでっぽう、れいとうビーム、たたきつける、りゅうのいかり、10まんボルト、のしかかり、ロケットずつき、こうそくいどう、かみなり、はかいこうせん
リーグ戦6番手。ユウジが首から提げているボールから登場。多彩な攻撃技とリザードンを上回る空中戦のスピードを併せ持ち、ダメージが残るサトシのポケモン達を次々に破る。しかし少しずつダメージが蓄積したなかでピカチュウの至近距離からの【かみなり】を受けてついに倒された。

(野生)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【リーグの戦績】

オレンジリーグ・ウィナーズカップ 6対6シングル
(どちらかが3体倒されたところで、フィールドチェンジが行われる。ポケモンの交代は挑戦者のみ可。)

——前回の戦績——
【岩場と水のフィールド】

○ピカチュウ ‐ メタモン●

○ゼニガメ ‐ イワーク●
(【ハイドロポンプ】→【ロケットずつき】)

——ここから今回の戦績——

(ケンタロス→)●ラプラス ‐ ゲンガー●
(【ナイトヘッド】と【れいとうビーム】の衝突による爆発)

【砂漠のフィールド】
○ケンタロス ‐ フシギバナ●
(【とっしん】)

●フシギダネ ‐ エレブー○
(【かみなりパンチ】)

○リザードン ‐ エレブー●
(【ちきゅうなげ】)

●リザードン ‐ カイリュー○
(【りゅうのいかり】)

●ゼニガメ ‐ カイリュー○
(【のしかかり】)

●ケンタロス ‐ カイリュー○
(【かみなり】)

○ピカチュウ ‐ カイリュー●
(【かみなり】)

サトシが勝利したことで、記念トロフィーと【オレンジリーグ名誉トレーナー】の称号を獲得。ウィナーズパレスに手持ちポケモンとの写真と手形が残された。

【ロケット団の行動】

サトシとユウジの戦いを観戦しており、その中でユウジのカイリューにダメージが蓄積したところを奪い取ろうと企てる。その宣言通りサトシが残り2体となったところで気球から網をはりカイリューを捕らえた。しかしカイリューにあっさり網を破られ、【ロケットずつき】で気球もあっけなく破られて吹っ飛ばされて退場。

口上は実況アナウンサーの「あぁ!あれは何だ!?」に乗って登場。途中サトシとユウジに割りこまれ最後まで言えていない。

ニャース(CV:犬山犬子)
観客席では好機を待つために爪をといでいた。

【アイキャッチのキャラ】


フシギバナ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】

No.052:ニャース
普段は夜行性。丸いものが好みで、丸くて光るコインなどを特に気に入る。額の小判のようなものは個体によって線の入り方や形が微妙に異なる。

遊んでいたニャースが講義中のオーキドに邪魔されたことに腹を立てて、顔をひっかいた。

【ポケモン川柳】
おとしもの ニャースとさがそう ねこにこばん

【名(迷)セリフ】

(あっさり退場したロケット団にを見て)「なんだったんだ?あいつら」「…まぁ、いつものことで」(ケンジ/カスミ)

【memo】

・現行のアニポケと異なり、技の枠数制限が設けられていない為、今回のカイリューは特に多くの技を使用している。(現在はゲームと同じく1体につき4つの技に制限されている)

スポンサードリンク
スポンサードリンク