オレンジ諸島編第23話(通算105話)「ユズジム!タイプバトル!3VS3!」


【基本情報】

オレンジ諸島編第23話(通算105話)
ユズジム!タイプバトル!3VS(たい)3!
本放送:1999年7月1日

【本編のあらすじ】

マンダリン島から連絡船に乗り、3つ目のジムがあるユズ島を訪れたサトシ達。しかしそこで島の周りの渦潮に巻き込まれた少女を見つけ、救助する。その少女・マリーの兄こそが、ユズジムのリーダー・ジギーだ。しかし島に着いて早々ジギーはマリーを助けたカスミに一目惚れ。邪険に扱われるサトシは面白くないと感じながらもジムに挑むのだが…

【主な制作スタッフ】

脚本 :園田英樹
絵コンテ:藤本義孝
演出 :栗本宏志
作画監督:梶浦紳一郎

【曲情報】

OP 
ライバル!
ED 
タイプ:ワイルド

【レギュラー以外の登場キャラクター】

マリー(CV:かないみか)
パウワウと渦潮に巻き込まれておぼれたところをサトシ達に助けられた。ジギーの妹。サトシを応援する節も見られたが、基本的には兄のジギーを慕っており兄の肩を持つ発言も多い。
男ばかりのユズジムで唯一の女の子であり、カスミに「姉になってほしい」とせがんだ。

ジギー(CV:堀川亮)
マリーの兄で、“サザンクロス南の星”の名を持つユズジムのリーダー。キザな面があり、マリーを助けたカスミに惚れていきなり花束を渡す、突然踊りだす、挙句カスミにジムのトレーナー達の指導をお願いしだす。反面サトシには挑発的な態度を取っている。

オーキド博士(CV:石塚運昇)
ジム戦前夜、サトシとケンジが連絡を取った。

少年A(CV:伊藤健太郎)
ジギーの弟子にあたる、ユズジムの関係者。ジム戦の模様をピジョットに乗って実況した。

【登場したポケモン】

(手持ち)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:でんげき、10まんボルト、でんこうせっか
ジム戦1番手。電気技がエレブーには吸収されて通用せず、【かみなりパンチ】で場外寸前まで吹っ飛ばされ、敗北。

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:はっぱカッター、ねむりごな
ジム戦2番手。【はっぱカッター】をかわされ苦戦するが【ねむりごな】が命中しナッシーを眠らせ勝利。場外に落下したナッシーを【つるのムチ】で救助する。

リザードン(CV:三木眞一郎)
技:かえんほうしゃ
技テスト中にサトシが(カスミを口説き話を聞かないジギーにいら立って)作戦もなしに出したが、暴走。すぐに戻されたが【かえんほうしゃ】がカスミに当たって怒らせてしまう。

ゼニガメ(CV:愛河里花子)
技:みずでっぽう、ハイドロポンプ、ロケットずつき
ジム戦3番手。スターミーの【10まんボルト】に苦しめられるが、カスミに喝を入れられたサトシの機転で地面に【みずでっぽう】を撃ち脱出。場外に落下しそうになるがさらに新たに習得した【ハイドロポンプ】を噴射してフィールドに着地した。最後は【ロケットずつき】でスターミーを倒した。
(【ハイドロポンプ】はからだを甲羅にひっこめた後、からだを回転させ全方位に水を噴射する。)

ラプラス(CV:愛河里花子)
マリーを助ける際にサトシが連絡船から降りて出した。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)
ジギーがカスミをダンスに誘った際にはサトシが抱きかかえている。

ヒトデマン(CV:三木眞一郎)
マリーを助けるために飛びこんだカスミをサポートする。

【ジギー】

技:でんこうせっか、かみなりパンチ
ジム戦1番手。ピカチュウの【10まんボルト】を吸収し無効化。物理攻撃でも優位に立ちピカチュウを倒す。


技:タマゴばくだん
ジム戦2番手。ジギーが用意したBGMによるダンスで攻撃をかわす芸当を見せる。フシギダネの【ねむりごな】で眠らされ場外に転落。【つるのムチ】で救助された。


技:みずでっぽう、10まんボルト
ジム戦3番手。ナッシー同様にダンスをバトルに応用する戦術を見せる。しかしゼニガメが新たに習得した【ハイドロポンプ】と【ロケットずつき】に倒される。

(野生)

なし

(その他)


マリーが渦潮に飲まれた際に一緒にいたポケモン。


少年A(ジギーの弟子)が空からジム戦の模様を実況した際に乗っていた。

(モブキャラ)

エビワラー、ゴローニャ、フーディン、サイドン、モルフォン、キュウコン
ユズジムで使われているポケモン。ジギーの方針で皆ダンスを習わせているという。

【ジム戦/ライバル対決/リーグの戦績】

本戦前に【技テスト】として、高速で走るボート上から現れるターゲットをポケモンの技で撃ち落とす試験が出された。

技テストは合格したサトシ。本戦前に、ジギーが「同じタイプの3体で勝負をしてやる」と発言し、サトシも了承した為同タイプ対決の3本勝負形式となった。

ユズジム 1対1シングル×3本勝負
第1戦・でんきタイプ対決
●ピカチュウ ‐ エレブー○
(【かみなりパンチ】)

第2戦・くさタイプ対決
○フシギダネ ‐ ナッシー●
(【ねむりごな】)

第3戦・みずタイプ対決
○ゼニガメ ‐ スターミー●
(【ロケットずつき】)

2対1で勝負を制したサトシが、リンボーバッジを獲得した。

【ロケット団の行動】

マリーを救助したサトシ達を見つけて全速前進するが、前を見ておらずユズ島の渦潮に飲まれる。

その後技テスト最中のサトシ達を乗せたボートに偶然先回りして島の内部に現れ、向かってくるサトシ達に奇襲しようとするが偶然ターゲットが目の前に。サトシがそれをゼニガメで破壊すると、近くの木が岩ごと落ちてきて、それに跳ね飛ばされて退場。

その後島の外の細い岩に潜水艦が乗っかりなんとかバランスを保っていたのだが、ニャースがくしゃみをした衝撃で海に落ち、再び渦潮に飲まれる。

その後サトシがジム戦の最中に、海からバトルフィールドの崖を登って上にたどり着こうとしたのだが、眠って落ちてきたジギーのナッシーに激突し、またまた海に落とされる。
結局何の成果も出せないまま、1話に4回も「やなかんじー!」オチとなった。

口上はジギーの「君のリザードン、一体なんなんだ!」に反応し述べるが、なぜかそのサトシ達のボートがかなり遠くにいる中で述べている。

ニャース(CV:犬山犬子)
ムサシの髪の先端が鼻にかかり、くしゃみをした。

【アイキャッチのキャラ】

パウワウ

【オーキド博士のポケモン講座】

なし

【名(迷)セリフ】

「同じみず系ポケモン使いのカスミさんに、この勝利を捧げます!」「えっ…」「わぁ、お兄ちゃんったらやっぱりカスミお姉ちゃんのことが好きだったんだー」(ジギー/カスミ/マリー)

「サートーシー!しっかりしなさいよー!ポケモンの力を引き出すのはトレーナー次第なのよ!」「わかってるよ、うるさいな!」「だったら何とかしなさいよ!ボーっと踊りに見とれてる場合じゃないでしょ!」(カスミ/サトシ)

「サトシ、カスミさんを大事にしろよ」「え、なんのこと?」「フッ、幸せなやつめ」「…?」(ジギー/サトシ)

【memo】

・ジギーはユズ島に来て以降カスミにべったりであり、暇があってはカスミをキザなセリフ回しで口説いていた。その反面サトシの話をスルーしていら立たせたりもしていた。

・技テストに合格したサトシ。明日の本戦に備え英気を養うのだが、そこでもジギーはカスミを口説き食事に招待。豪華なもてなしをされるなか、置いて行かれたサトシとケンジはファーストフードを買って食べていた。

ケンジがオーキド博士にスケッチを見せたシーンにて、エレキッドの頭の一枚絵が公開された。ケンジいわく「ユズ島に到着する前に偶然発見した」らしい。

・マリーを助けてもらった恩からカスミに一目惚れしたジギー。ジム戦前夜、カスミに「マリーのためにジムに残ってほしい」と発言し「返事は勝負が終わった後で聞く」と言い残す。ジム戦のさなかカスミはその発言が残り困惑・葛藤するが、その想いを振り切るように、いつもの強気な調子で、苦戦するサトシに檄を飛ばした。その行動からカスミが「サトシに気がある」と思ったジギーは潔く身を引き、マリーも笑顔を見せるのだった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク