オレンジ諸島編第21話(通算103話)「だいへいげんのコイルたち!」


【基本情報】

オレンジ諸島編第21話(通算103話)
だいへいげんのコイルたち!
本放送:1999年6月17日

【本編のあらすじ】

次のジムがあるビッグシティを目指し、マンダリン島の大平原を進むサトシ達。街までまだ距離があるなか突然の雷雨に見舞われ雨宿り。それをコイルを連れて雷の電気エネルギーを街まで供給して回っている男性・フォードに助けてもらい、さらに途中の街まで馬車に乗せてもらうことになった。しかしその途中、近隣の街で発電所の故障による停電が起きたという知らせが入る。すぐに助けに行こうとするがそこにロケット団が妨害に現れ…

【主な制作スタッフ】

脚本 :武上純希
絵コンテ:井硲清高
演出 :大町繁
作画監督:小林勝利

【曲情報】

OP 
ライバル!
ED 
タイプ:ワイルド

【レギュラー以外の登場キャラクター】

フォード(CV:有本欽隆)
雷雨のなか雨宿りするサトシ達を見つけた男性。平原に落ちる雷をコイル達に吸収させ、その電気エネルギーを近くの街に供給してまわっている。出会った縁からサトシ達を荷馬車に乗せて、途中の街まで送ってくれた。
ロケット団と対峙した際にダメージを受けたサンダースを受け止めて岩に叩きつけられ負傷してしまい、サトシにコイル達を引き連れてもらうことに。

ジュンサー(CV:西村ちなみ)、ジョーイ(CV:白石文子)
近隣の街で停電が起きパニックになっていると、ポケモンセンターからフォードの馬車に連絡を入れた。

【登場したポケモン】

(手持ち)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:でんきショック、10まんボルト
自らの電気がコイルを呼びよせ、囲まれて困ってしまう一幕も。ロケット団に捕まるがあっさり解放され、反撃し撃退した。
サトシがコイルを引き連れる際は、離れてしまったコイルをサンダースを真似て電気で引き寄せた。体力が消耗するなか、ロケット団の妨害にも負けずに電気を発し、それが6番コイルの進化の手助けとなった。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

【フォード】
 → 
技:でんじは、10まんボルト
雷にすぐ対処できるように、いつもボールから出して空中に放牧しており、平原に落ちる雷の電気エネルギーを吸収し、発電機に送る。フォードの持つ笛で集合する。また、フォードはそれぞれ識別番号で呼んでいる(からだの特徴などはほとんどない為サトシ達には皆同じに見えるが)。
サトシが単独でコイル達を引き連れるなかで再びロケット団の妨害にあい、ピカチュウの電気とロケット団の静電気による取り合いとなるが、その電気を一身に浴びた6番コイルがレアコイルに進化。さらに他のコイル達もピカチュウに電気を送り体力を回復させ、【10まんボルト】でロケット団を撃退した。

(CV:小西克幸)
技:ミサイルばり、でんじは
羊飼いの牧羊犬よろしく、電気を発して離れたコイル達を誘導する。ロケット団の巨大磁石に捕まったコイル達も【でんじは】で解放した。アーボックの【たいあたり】でダメージを負う。


2頭でフォードの荷馬車を引く。サトシが手綱を持った際は一度暴れてしまうも、すぐに落ち着いて走ることができた。
サトシがフォードに代わってコイル達を街に届ける際はそのうちの1頭を借りて乗っている。もう1頭はケンジが手綱を持って馬車を引いた。

(野生)

なし

(その他)

ラッキー
ジョーイの助手。

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

フォードの荷馬車に乗り街に向かうサトシ達を見つけ、ポケモン達と電気エネルギーを根こそぎ奪ってしまおうと計画。巨大磁石でコイル達をまとめてくっつけ捕まえ、サトシ達の前に現れる。ついでにピカチュウとサンダースも特製の耐電マジックハンドで捕まえるが、サンダースの【ミサイルばり】でひるみ2匹をあっさり落としてしまう。さらにサンダースの【でんじは】でコイル達も解放され、ピカチュウの【10まんボルト】で気球に穴が開き、吹っ飛ばされて退場。

その後サトシが単独でコイル達を引き連れる最中に、6番のコイルが引き寄せられたところに再登場。6番以外のコイルをマシンで引き寄せて捕まえる。マシンの静電気と体力を消耗するピカチュウの電撃でコイルの取り合いになるなか、6番コイルがその電気を一身に浴び、レアコイルに進化。負けじとフルパワーで静電気を起こすが、こすりすぎて摩擦熱が起こり大騒ぎ。とどめはピカチュウ、コイル、レアコイルの【10まんボルト】一斉射撃で吹っ飛び再退場。

【ロケット団のメカ】
コイル捕獲マシーン
2度目の登場時に使用した、「さっき開発に成功した」マシン。静電気を増幅させて磁石であるコイルを引き寄せる。発電する際にムサシとコジロウが下敷きをこすって自力で電気を発している。

口上はフォードの「これは一体なんなんだ…」に反応して述べる。

ニャース(CV:犬山犬子)
静電気をフルパワーで起こそうとして、摩擦熱で毛に発火した。

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)
技:たいあたり
ムサシがボールを投げたところコイルに当たった為、着地に失敗し地面にたたきつけられた。

【アイキャッチのキャラ】

コイル
(磁石の先端が少し曲がっている。フォードの持つ【6番】の個体。

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】No.015:スピアー
腕と尻にある大きなトゲは、住処を守るために発達したものといわれる。それぞれ役割を持って集団生活をしているポケモン。
オーキドが4体のスピアーに警戒されて空中に連れていかれる。

【ポケモン川柳】
スピアーの まもるおうちは もりのなか

【名(迷)セリフ】

(負傷しながらも馬車に乗ろうとするフォード。)「フォードさん、まだ動いちゃダメですよ…」「私のことはどうでもいい…停電した街がコイルが来るのを待ってるんだ」(ケンジ/フォード)

【memo】

・サトシ達がいる地点からビッグシティまでは徒歩であと3日の距離。最寄りの街も昼の時点から明日の朝には着く計算の位置だった。

・フォードの連れているコイル達は、固有の識別番号で呼ばれている。そのうち6番の個体は特に好奇心旺盛らしく、じっとしているのが苦手なようだ。

・ロケット団との戦いでサンダースをかばい負傷したフォード。そこでコイル達を街に届ける任務を、サトシがケンタロスに乗り単独で引き受ける。好奇心旺盛な6番のコイルには手を焼き、途中ロケット団の妨害にあうが、その中で6番コイルがレアコイルに進化。ロケット団も撃退し無事街に明かりを取り戻した。
その活躍を称えてフォードはサトシを助手として迎えようとしたが、サトシは「オレンジリーグに出場して、強い相手と戦ってもっと修行したい」と断った。

スポンサードリンク
スポンサードリンク