カントー編第70話(通算75話)「ガラガラのほねこんぼう」


【基本情報】

カントー編第70話(通算75話)
ガラガラのほねこんぼう
本放送:1998年12月3日

【本編のあらすじ】

ポケモンリーグ開催まであと1週間。ろくに自主トレもできないまま開催地のセキエイ高原へ向かうサトシ達だが、そこでトレーナーのサイゾウに「持っているバッジすべてを賭ける」条件で勝負を挑まれる。勝負には勝ったサトシだったが、サイゾウはロケット団の罠に落ち、苦労して集めたバッジを奪われていたという。バッジひとつひとつへの思い入れはわかると共感したサトシはバッジを取り返そうと協力するのだが…

【主な制作スタッフ】

脚本 :大橋志吉
絵コンテ:浅田裕二
演出 :浅田裕二
作画監督:玉川明洋

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター
ED 
タイプ:ワイルド

【レギュラー以外の登場キャラクター】

オーキド博士(CV:石塚運昇)
サトシ達が自主トレの良い手段がないか尋ねたが、ポケモンリーグ開催が1週間後だと檄を飛ばし、セキエイ高原へ送り出した。

ハナコ(CV:豊島まさみ)
サトシのリュックの荷物を整え、息子を送り出した。

サイゾウ(CV:菊池正美)
ちょんまげ頭に和装と、武士風の恰好をした青年。「手持ちのバッジをすべて賭ける」条件でサトシにバトルを仕掛けた。(最初はサトシが断ったが、サイゾウの挑発に乗ってしまった)。しかし手持ち内でエース格のガラガラが倒された為に降参し、敗北。
ロケット団の罠にはまりバッジを奪われた為、サトシと戦った時にはバッジを持っていなかった。「しゃべるニャース」が手掛かりとなり、バッジ奪取のためサトシ達と協力。一度ガラガラに見限られてしまうが、戻ってきたときには涙を浮かべ、ともにロケット団を撃退した。

男性トレーナー(CV:小西克幸)
変装したムサシとバッジの見せ合いをした。(バッジは8個すべてゲームに未登場)

【登場したポケモン】

(手持ち)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:でんきショック
サイゾウ戦2番手。相性不利のガラガラ相手に【ホネこんぼう】を素早くかわし、【でんきショック】の一撃で下した。(※本来じめんタイプのガラガラには相性無効)
2体同時に仕掛けたロケット団にまとめて攻撃した。

ピジョン(CV:林原めぐみ)
サトシの回想に登場。バッジ探索の偵察役も行った。

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:たいあたり、つるのムチ
サイゾウ戦1番手で出るが、相性有利のガラガラに手も足も出ず倒される。サトシの回想にも登場。

リザードン(CV:三木眞一郎)
サトシの回想に登場。ヒトカゲとしても同じく登場した。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)
バッジを奪われたサイゾウの話を聞いて珍しく怒った表情を見せた。

【サイゾウ】

技:きあいだめ、ホネこんぼう、ホネブーメラン
普段は冷静沈着で、武士のような立ち振る舞いをする。素早さや攻撃力も持ち合わせており、【ホネこんぼう】の一閃でフシギダネを倒した。しかしピカチュウが素早さで上回り、【でんきショック】で倒される。
ニャースの翻訳いわく「ポケモンリーグ前にしてバッジを取られ、今までの修行が水の泡にされた」と怒りを見せ、一度サイゾウを自ら見限ってしまう。しかしサイゾウとの修行の日々を思い出し涙を浮かべ、戻ることを決意。サイゾウのピンチに駆けつけ、アーボックを圧倒した。退散しようとするロケット団にもとどめの一撃を与えた。


ロケット団戦に登場。しかしアーボックに苦戦するうえ、ふたつの頭がケンカしてしまい行動不能になる。

(野生)

なし

(その他)

ストライク、マチスのライチュウ、サワムラー、カツラのブーバー
サイゾウの回想シーンで登場した、各ジムリーダーのポケモン。

ナツメのユンゲラー、タケシのイワーク、カスミのスターミー、マチスのライチュウ、アヤのコンパン、エリカのウツドン、サカキのキングラー/サイドン(当時の使用者はムサシ)、カツラのブーバー
サトシの回想シーンで登場した、各ジムリーダーのポケモン。(アヤのみジムリーダーではなく前座戦)

(モブキャラ)

ニドラン♂、サワムラー、ブースター、ラッキー
放浪するガラガラが出会ったトレーナー達のポケモン。

【ロケット団の行動】

サイゾウとガラガラを落とし穴にはめ、その拍子に8個のバッジを強奪。金庫に入れて大事に保管したがムサシが勝手に持ち逃げし、リーグに出場しようと抜け駆けする。

そのころムサシはコジロウ達に気づかれないよう変装して行動したが、長年コンビを組んだコジロウの目はごまかせず、条件反射で口上も述べてしまいあっさりバレる。そしてサトシ達に追いつかれ、サイゾウとムサシがバトル。ガラガラが戻ってきて形勢逆転し、逃げようとしたがガラガラの【ホネブーメラン】で気球を爆破され、退場。

口上は「なんだかんだと聞かれたら」をコジロウが述べ、それ以降条件反射のようにムサシが変装のまま続けた。

ニャース(CV:犬山犬子)
ムサシにバッジを取られ怒りの表情を見せ、コジロウとムサシを探そうとしたところサトシ達に見つかり、持ち物検査までさせられる。
額の小判を磨くためにワックスを所持していることが判明した。

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)
技:すてみタックル
サイゾウのドードーを退けるがガラガラに圧倒される。

【コジロウ】
マタドガス(CV:石塚運昇)
アーボックに次いで出されるがピカチュウにあっさり倒される。

【アイキャッチのキャラ】

ガラガラ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】No.143:カビゴン
当時のポケモンの中では最重の460kg。体重維持のために1日400kg食べる。
オーキドが寝るカビゴンに注意したところ、寝返りをうたれてつぶされた。

【ポケモン川柳】
たべてねて またたべてねて ああカビゴン

【名(迷)セリフ】

「俺、サイゾウさんの気持ちわかるんだ!俺だって、このバッジ集めるのにどれだけ苦労したか…」(サトシ)

「サトシ、リーグ戦に出場する人たちはひとりひとり、サイゾウさんのようなドラマを背負っている。そう簡単には勝てないぞ」「わかってる。さらに気合を入れなきゃな、ピカチュウ」(タケシ/サトシ)

【memo】

・シゲルはサトシ達よりずっと前にセキエイ高原へ出発していた。

・サイゾウの回想シーンで、各ジムリーダーのポケモンが登場した。ライチュウ(クチバジム)、ブーバー(グレンジム)はサトシも戦ったが、ストライク(セキチクジム)はサトシ戦未登場。

・サイゾウがロケット団にバッジを奪われた際、8個のバッジが出ているがそのうち3個がゲームに未登場のジムのバッジ。

・サトシ達に問い詰められたコジロウとニャースが持ち物を出したところ、ポケモンカード、化粧道具、缶詰のポケモンフーズ、殺虫スプレー、パチンコ、独楽、ニャースが額の小判を磨くためのワックスといったものまで出てきた。
コジロウはポケモンカードでポケモンのことを勉強しているらしい。また牛乳ビンの紙ふた、王冠、缶ジュースのプルタブをコレクションで集めている描写も見られた(タケシには「なんだこのガラクタは!」と言われた。このうち王冠のコレクションは後の話にも登場する)

スポンサードリンク
スポンサードリンク