カントー編第51話(通算54話)「けいさつけんガーディ」


【基本情報】

カントー編第51話(通算54話)
けいさつけんガーディ
本放送:1998年7月16日

※ポケモンショック以前の放送順では、1998年4月7日放送、第54話の予定だった。

【本編のあらすじ】

旅の途中、いかにもわかりやすい泥棒を見つけ、協力しようとしたサトシ達。しかしそれは警察犬訓練学校の訓練生であるガーディたちのための訓練だった。ジュンサーの指揮で機敏な動きを見せるガーディに惚れ惚れする一行。サトシもピカチュウを「世界一のポケモンにしたい」一心で、1日だけ体験入学をすることになったのだが…?

【主な制作スタッフ】

脚本 :武上純希
絵コンテ:鈴木敏明
演出 :鈴木敏明
作画監督:井坂純子

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター
ED 
ポケモン音頭
(うた:ガルーラ小林/合いの手:新津姉妹)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ジュンサー(CV:西村ちなみ)
警察犬養成学校を担当し、訓練中のガーディを指揮する。サトシとピカチュウの1日体験入学を特別に許可した。

ドロボウ(CV:坂口候一)
ガーディの実技訓練として泥棒をやった男性。ピカチュウの電撃で倒れる。

【登場したポケモン】

(手持ち)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんきショック
(訓練とは知らずに)通りかかったところに現れた泥棒に攻撃しようとしたが、持っていた拳銃を怖がってしまう。ガーディの体当たりで拳銃を落としたところに電撃を放った。
奔放なトゲピーにハラハラしては、助けようとして逆に自分が損な役回りになったりと、苦労はこの頃から絶えない。
サトシが躍起になる訓練にもあまり乗り気ではないようだった。しかし、サトシとの強い信頼関係は築かれており、ボイスかわるんジャーによる声真似にも騙されず、サトシ達をガーディから守った。しかし、途中で電気を使いすぎスタミナ切れを起こしてしまった。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)
カスミのリュックの中に入っている。

【ジュンサー】
(CV:小形満)
全部で10体おり、すべて警察犬としての訓練中。ジュンサーの命令には忠実。しかしジュンサーが声変わりガスを吸ったときには声による命令がわからなくなってしまい、ボイスかわるんジャーで声を変えたロケット団の命令を聞いてしまった。しかし、ピカチュウ同様にジュンサーとの心が通じ合ったその時、声に騙されず再び命令を聞くようになった。
ピカチュウの電撃にも耐える忍耐力をあわせ持つ。

(野生)

プリン(CV:かないみか)
サトシ達の後を追って顔を見せ、その後ガーディに取り囲まれピンチに陥るサトシ達の前に登場。歌おうとしたが、プリン自身も声変わりガスで声が変わってしまった為、興ざめになり退場。
その後タケシが捨てたボイスかわるんジャーを見て、なにかたくらむような顔をした。

(モブキャラ)

ドードリオ
朝を告げる鳥がわり。

【ロケット団の行動】

ジュンサーに忠実なガーディたちを観察。その後ガーディ型の装飾をした車で壁を突き破り登場し、クサイハナのエキスを使った「ロケット団特製・くさいガス」でガーディの鼻を効かなくし、「声変わりガス」を噴射し声を変えて、ジュンサーの命令も効かなくさせた。そのうえでふたりともジュンサーの恰好に変装。「ボイスかわるんジャー」でジュンサーの声を真似て、ガーディが自分たちの命令を聞くようにした。

ポケモンを持っていないサトシ達を取り囲み、さらにサトシの声真似でピカチュウをもおびき寄せようとしたが、ピカチュウは騙されなかった。そしてジュンサーとガーディも心が通じ合い、形勢は逆転。ニャースが車で勝手に逃げ出し、ムサシとコジロウはガーディに噛みつかれ痛がりながら、走って退場。

【ロケット団のメカ】
・ロケット団特製・くさいガス
クサイハナのエキスを使ったガス。嗅覚の敏感なガーディの鼻を効かなくした。

・声変わりガス
いわゆるヘリウムガス。声を甲高く変えたことでジュンサーの命令を効かなくさせた。

・ボイスかわるんジャー
変声機つき拡声器。ジュンサーやサトシの声をそっくり真似できる。(音声はムサシやコジロウの声真似ではなく、ジュンサーやサトシの声そのままを使っている。
1セリフだけだが、ロケット団それぞれの声にも変えられる模様。また、タケシがいつの間に拾っており、ジュンサーの声真似でひとり妄想の世界に入りこむ。エピローグで捨てられ、プリンがそれを見ていた。

ニャース(CV:犬山犬子)
猫ゆえか、(犬である)「ガーディはなんとなく苦手」と発言。いつになく弱気でとっとと撤収しようと言いだす。またふたりを置いて勝手に逃げ出す始末。

【アイキャッチのキャラ】

ガーディ

【名(迷)セリフ】

・「ピカピ」「ピカチュウ…」「どうなってんの?」「サトシとピカチュウは、心と心で繋がっているから声が同じでも騙されたりしないんだ」(ピカチュウ/サトシ/カスミ/タケシ)

・「俺、やっぱり間違ってたよ。ピカチュウは警察犬じゃないけど俺を助けてくれた。ピカチュウは今のままでいいんだよね」(サトシ)

【memo】

・警察犬の養成学校には選ばれたガーディだけが入れるため、普通のポケモンは入学できない。

・訓練学校の起床時間は朝4時。その後は既定の障害物コースを、ポケモンとトレーナーが一緒に走り1周するタイムアタック。有糸鉄線の張った草むらをほふく前進のあと、高い壁をよじ登る。しかしサトシとピカチュウにはハードルが高く、途中でリタイア。

・「ロケット団特製・くさいガス」はクサイハナのマーク、「声変わりガス」にはコダックのマークが描かれている。ムサシとコジロウ以外がガスを吸った為、以降サトシ達の声が高くなっている。

・ロケット団の騒動時、訓練で起こされた為ピカチュウ以外のポケモンは全員ボールごと部屋に置いてきた状態だった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク