カントー編第24話(通算24話)「ゴーストVSエスパー!」


【基本情報】

カントー編第24話(通算24話)
ゴーストVS(たい)エスパー!
本放送:1997年9月9日

【本編のあらすじ】

ゴーストを仲間に加え、再びヤマブキシティに戻ってきたサトシ達。しかしいざジム戦へと挑むサトシだったが肝心な時にゴーストがいなくなってしまう。仕方なしに敵前逃亡のサトシ。しかしあの少女の人形の超能力によってカスミとタケシは人形にされてしまう。絶体絶命と思われたところに現れたのは、前にも会った超能力を持つ老人だった。そして老人は、ナツメの過去をサトシに話すのだった……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :武上純希
絵コンテ:鈴木敏明
演出 :織田美浩
作画監督:山本郷

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター

ED 
ひゃくごじゅういち

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ナツメ(CV:荒木香恵)
ヤマブキジムのジムリーダー。ゴーストが出てこず試合を始めないサトシに激怒。強くあるためにずっと笑顔を見せずにいたが、ゴーストによって笑顔を取り戻した。

ナツメの持つ人形(CV:荒木香恵)
ナツメの超能力によって喋る。試合を放棄したサトシを追いかけ、超能力によってカスミとタケシを人形の姿に変えてしまう。父親いわく、「超能力に目覚める前のナツメの姿」。ナツメに笑顔が戻ったのをきっかけに、そっと姿を消した。

老人(ナツメの父親)(CV:秋元羊介) ※EDクレジットで”秋元介”と誤表記。
絶体絶命のサトシをテレポートで救い、サトシにナツメの過去を語った。自分が父親だとバレるのを覚悟で話したのだが、サトシは「もしかして隣の家のおじさん?」と答え、あまりの鈍さに驚く。

ナツメの母親
人形の姿で登場し、タケシとカスミに出会う。「ナツメは本当は優しくていい子」と本来の姿を知る人物。ジム戦後に元の姿に戻った。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんきショック、10まんボルト
ヤマブキジムのリベンジに燃えるサトシとは対照的にカスミ達と応援に回ろうとした。ゴーストがいなくなり代わりにバトルに出されそうになり思わず後ずさり。
しかし、再リベンジではまた消えてしまったゴーストに代わり、「サトシを人形にはさせない」という強い意志から対ユンゲラーに参戦する。

この回でロケット団のことを「ピピッカチュウ」とはっきり呼んでいる。

フシギダネ(CV:林原めぐみ)、ヒトカゲ(CV:三木眞一郎)、ゼニガメ(CV:愛河里花子)
ピカチュウ同様に対ユンゲラーに出されそうになり後ずさりし、戦闘拒否した。

(CV:森川智之)(→ナツメのもとへ)
前回サトシを気に入りついてきた、対ナツメ用の切り札。陽気でいつも笑っている。しかし気まぐれで忘れっぽい性格で、ジム戦で姿を現さなかった。ロケット団の騒動でサトシと再会しジムに挑むもまたしても姿を消してしまう。しかしバトル中に姿を現し、ナツメを笑わせようと奮闘。結果、ナツメに笑顔が戻った。ジム戦後はナツメのもとに残っている。

【ナツメ】
(CV:石塚運昇)
技:テレポート、サイケこうせん、じこさいせい
ゴーストが何度もバトルに出ず、再び対ピカチュウ戦に。【10まんボルト】を受けるが【じこさいせい】で回復した。ゴーストによってナツメが笑ったときにはユンゲラーも笑い転げていた。(父親いわく、ナツメとユンゲラーはテレパシーで通じ合っている為。

(野生ポケモン)

なし

(モブキャラ)

なし

【ジム戦/ライバル対決/リーグの戦績】

ヤマブキジム再戦 1対1シングル

○ピカチュウ - ユンゲラー●
(ゴーストの乱入によってナツメが笑い、ユンゲラーも笑い転げて戦闘続行不可能になった。ナツメの父親によるジャッジ。

【ロケット団の行動】

なぜかビルの清掃作業員に変装してビル上から登場。投網でピカチュウを捕まえようとしたところに、ゴーストが現れ顔芸で笑わされ落ちそうになる。必死に耐えるもゴースト渾身の「ガチョーン!」がムサシのツボに入り、笑いながら落下。
エピローグで落下時に開いた穴にコンクリートが注がれ、固められそうになる寸前で脱出した。

ニャース(CV:犬山犬子)

【アイキャッチのキャラ】

ゴースト

【名(迷)セリフ】

(ゴーストとサトシを見て)
「ゲットしたっていうより、ただ取り憑かれたような気もするけど…」
(タケシ)
「北海の潮風に吹かれて鍛えて18年、作り上げた必殺の新兵器!お魚ちゃん用投網で一網打尽にしてやるぜ!」
「どこが新兵器だニャー!」
「こんなもんを兵器にしようとしたのが新しいんだよ!」
(コジロウ/ニャース)
「たとえ俺が負けて人形にされたとしても、タケシとカスミを残してこの街を出るわけにはいかない!」
(サトシ)

【memo】

・ゴーストに対してタケシはあまり慣れず距離を取っていたが、カスミは「意外とかわいい」と言っておりゴーストも懐いていた。

・ナツメは幼少期に超能力の訓練をはじめてからそれに夢中になり、ひとりぼっちでのめり込み、両親も追いだしてしまったという。「誰にも負けない強い自分」「いたずら好きで友達をほしがる孤独な心の自分」、ふたつの姿を持つようになった。ナツメの持つ人形は、超能力に目覚める前のナツメの姿だという。

・人形にされ動けなくなったタケシとカスミ(ナツメの母親も)だが、意思を持って話すことはできたうえ、それをナツメにも聞かれているため発声はできていた可能性がある。

・バッジをゲットしたサトシも今回は「これでもらってもいいのかな」と少し躊躇していた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク