カントー編第22話(通算22話)「ケーシィ!ちょうのうりょくたいけつ!」


【基本情報】

カントー編第22話(通算22話)
!ちょうのうりょくたいけつ!
本放送:1997年8月26日

【本編のあらすじ】

夜の森の中で迷っていたサトシ達は、謎の少女を見かける。後を追ってみるとそこは次のジムがある大都会、ヤマブキシティだった。そこでロケット団の罠にはまりピカチュウを奪われてしまうが、またも現れた謎の少女によって窮地を脱する。そしてヤマブキジムに挑むサトシだったが、そこにいたのは何度も一行の目の前に現れた少女と、ジムリーダーのナツメだった!

【主な制作スタッフ】

脚本 :武上純希
絵コンテ:井上修
演出 :井上修
作画監督:酒井啓史

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター

ED 
ひゃくごじゅういち

【レギュラー以外の登場キャラクター】

謎の少女(ナツメの人形)(CV:荒木香恵)
帽子をかぶった少女。サトシ達の前に何度も現れ、超能力を見せる。ヤマブキジムではナツメの膝に抱えられていた。「負けたら友達になる」という条件で、サトシとのジム戦を許可した。しかしこの「友達になる」とは、相手を小さくしてドールハウスに閉じ込めることだった。
正体はナツメが操っていた人形であり、目に生気はない。

ナツメ(CV:荒木香恵)
ヤマブキジムのジムリーダー。謎の少女を操っていた。ポケモンには自身の超能力によって指示を出した。

老人(CV:秋元羊介)※EDクレジットで”秋元介”と誤表記。
超能力を持つ謎の男性。目の前の建物がヤマブキジムであると教え、「このジムだけは避けた方がいい」と忠告した。ナツメに敗北しドールハウスに閉じ込められたサトシ達を助け、再度同じ忠告をするが、自身の超能力に根性で立ち向かうサトシに驚き、「シオンタウンの幽霊ポケモンをゲットすればナツメに勝てるかもしれない」と教えた。

訓練生(CV:小西克幸)※EDクレジットで”小西克“と誤植。
ヤマブキジムで出会った白衣の男。サトシ達を見下した態度を取っていたが、謎の少女の超能力におびえ退散する。スプーンは力づくでないと曲げられない。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんきショック、かみなり
ロケット団の罠により連れ去られるが、謎の少女により助けられる。ヤマブキジムでの訓練生に意地になって張り合うサトシに少し恥ずかしそうな素振りを見せた。
ジム戦ではケーシィが全く動かないことに油断し、さらにユンゲラ―に進化されたことで攻撃も跳ね返され歯が立たないまま敗北した。

【ナツメ】
ケーシィ
技:テレポート
ナツメのポケモン。戦闘中にユンゲラーに進化。


技:ねんりき、サイコキネシス
ピカチュウの【かみなり】を逆に操って反射し、【サイコキネシス】でピカチュウを操り地面にたたきつけ、勝利した。

(野生ポケモン)

なし

(モブキャラ)

なし

【ジム戦/ライバル対決/リーグの戦績】

ヤマブキジム 1対1シングル

●ピカチュウ - ユンゲラー○
(サイコキネシスによる叩きつけ。サトシが途中で降参した)

【ロケット団の行動】

フラダンサーに変装し歓迎の素振りを見せ、ピカチュウを連れ去りサトシ達をワープフロアに閉じ込めたが、謎の少女の超能力(かなしばり)によって動きを封じられ、ピカチュウは救出される。

口上は液晶画面越しに行ったが、サトシ達には飽きられ無視され、途中で切り上げた。

ニャース(CV:犬山犬子)
超能力により体が動かないままのムサシとコジロウを、サトシ達を追いながら引っ張っていた。

【アイキャッチのキャラ】

ケーシィ

【名(迷)セリフ】

俺は確かに頭悪いけど、知らない人におめでたいっていわれる程じゃないよ!」
(サトシ)
自覚はあったようです。

「俺に超能力はないかもしれないけど、それに代わる根性がある!」
(サトシ)

【memo】

・フラダンサーに変装したロケット団が、さりげなくサトシにキスしている(キスの描写は初)。後にロケット団だと発覚してサトシは気持ち悪がった。

・ワープパネルはゲームのヤマブキジムにもある仕掛けだが、サトシ達がワープパネルで入れられたのは出口のない謎の空間だった。

・カスミいわく、試合中にポケモンが進化するのは公式試合でも「反則ではない」らしい。

・予告最後の締めセリフは「ほ、本当に怖くないんだからなっ!」

スポンサードリンク
スポンサードリンク