カントー編第21話(通算21話)「バイバイバタフリー」


【基本情報】

カントー編第21話(通算21話)
バイバイバタフリー
本放送:1997年8月19日

【本編のあらすじ】

ヤマブキシティを目指すサトシ達は、バタフリーの群れを見つける。産卵の季節を迎えたバタフリーは子孫を残すためにつがいを探す為、群れになることが多いという。サトシも自分のバタフリーの恋の相手を見つけさせようと奮闘するが、なかなか相手にしてもらえない。そんな中、唯一色の違う桃色のバタフリーに一目惚れしたサトシのバタフリーは、積極的に求愛をするのだが…

【主な制作スタッフ】

脚本 :大橋志吉
絵コンテ:浅田裕二
演出 :浅田裕二
作画監督:玉川明洋

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター

ED 
ひゃくごじゅういち

挿入歌 
めざせポケモンマスター

【レギュラー以外の登場キャラクター】

美少女(CV:小谷朋子、尼子真理)
サトシと同様にバタフリーを群れに放していたトレーナー。

サカキ
ニャースの妄想で登場。セリフなし。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
振られて落ち込むバタフリーをサトシ達とともに励ました。またバタフリーに乗ってロケット団のヘリにしがみつき、電撃をお見舞いしてヘリを大破させた。
バタフリーとの別れで、サトシ同様に涙を見せた。

(CV:愛河里花子)(→パーティ離脱)
技:たいあたり、ふきとばし、しびれごな
つがいになる相手を探すために奮闘する。色の違うピンクのバタフリーに一目惚れし必死に求愛するが一度は振られ、落胆。しかしサトシ達に励まされ、タケシから黄色のリボンをつけてもらい再びチャレンジすることに。
ロケット団の強襲にも必死に応戦し、一度は逃がしてしまうが、サトシ達と一緒にロケット団に懸命に立ち向かった。そのおかげでピンクのバタフリーと晴れてペアになれた。

【カスミ】
(CV:大谷育江)
技:たいあたり
対ロケット団で使用。ムサシがバットよろしくハンマーで打ち返し一度ダウンするが、カスミがポンプで放水し元気を取り戻した。

(野生ポケモン)

ピンクのバタフリー(CV:西村ちなみ)
性別は♀。桃色で唯一色が違う、サトシのバタフリーが一目惚れした個体。最初は相手にしていなかったが、バタフリーの懸命の活躍に心を動かされ、バタフリーに求愛を返し晴れてペアになった。

(モブキャラ)

バタフリー(群れ)
産卵の季節を迎えて、野生のほかにもトレーナーがバタフリーを次々に放していた。

サカキのペルシアン
ニャースの妄想内で登場。

【ロケット団の行動】

バタフリーの群れを捕まえるためにヘリコプターで登場、巨大な網でバタフリーを捕らえた。一度は逃げかえることに成功したが、サトシ達の活躍により取り逃がす。再び網で捕まえようとしたところをピカチュウにヘリごと落とされ、谷底に落下し退場。

なぜか口上の一部をヘリから垂れ幕で流していた。

ニャース(CV:犬山犬子)

【アイキャッチのキャラ】

バタフリー

【名(迷)セリフ】

「恋なんてね、とにかく先制攻撃よ!ガーンとパンチをぶちかまして、相手がよろっとなったところを、ガンガンと押しまくるのよ!それで相手はいちころよ!」
(カスミ)

「サトシ、人はポケモンを育てることはできても、生み出すことはできないんだから」
「わかってる」
(タケシ/サトシ)

【memo】

・はじめて劇中で挿入歌が使用された回。

当時のゲーム(第1世代/赤・緑)には性別の違いや色違いのポケモンはまだ存在しない。また現行のゲームでの色違いのバタフリーとも異なっている
i_batafurii_s←現行の色違いのバタフリー。

後のストーリーでピンク色のポケモンが生息する場所が登場する。

【基本情報】 オレンジ諸島編第8話(通算90話) ピンクのポケモンじま 本放送:1999年3月18日 【本編のあらすじ】 海上を移...

・劇中でタケシが気球を操縦している。

・ロケット団のいる倉庫に入りこんだ際に、サトシ達がロケット団の口上をパクって真似をした。なぜかタケシだけ懐中電灯で驚かすような恰好をしている。

・サトシのキャタピーからバタフリーまでの活躍の軌跡が、回想として流れた。

・劇場版第20作【劇場版ポケットモンスター キミにきめた!】にて、この回のエピソードがアレンジされて採用された。

スポンサードリンク
スポンサードリンク