無印カントー編【★】

カントー編第1話(通算1話)「ポケモン!きみにきめた!」


【基本情報】

カントー編第1話(通算1話)
ポケモン!きみにきめた!
本放送:1997年4月1日

【本編のあらすじ】

マサラタウンに住む少年・サトシは10歳になりポケモン取り扱い免許を取得、ポケモントレーナーとして旅立つことを許された。しかしポケモンを受け取る当日に寝坊してしまい、ライバルのシゲル達にも先を越されてしまう。3匹の初心者用ポケモンのほかに用意されていたポケモン、ピカチュウを受け取り旅立つサトシだったが、ピカチュウはサトシを全く信頼していないようで…

【主な制作スタッフ】

脚本 :首藤剛志
絵コンテ:湯山邦彦
演出 :鈴木敏明
作画監督:酒井啓史、一石小百合

【曲情報】

OP 
めざせポケモンマスター
(うた:松本梨香)

ED 
ひゃくごじゅういち
(うた:オーキド博士(石塚運昇)とポケモンキッズ)
※EDクレジットでは石塚運昇名義。

【登場キャラクター】

サトシ(CV:松本梨香)主人公、レギュラーキャラ
ポケモントレーナーとして旅立つのを楽しみにするが旅立ちの当日に寝坊してしまい遅刻。本来もらえるはずの3体の初心者用ポケモンを全員先に取られ、4体目に用意されていたピカチュウを受け取って旅に出る。ゲットに失敗する、オニスズメの群れに追われるなどさんざんな旅立ちだった。

 

カスミ(CV:飯塚雅弓)レギュラーキャラ
釣りをしていたところで、川に飛び込んだサトシとピカチュウを釣りあげる。ボロボロのピカチュウを見て初対面であるにも関わらずサトシにビンタ。ポケモンセンターのあるトキワシティをサトシに教えた。自転車をサトシに使われ憤慨する。

 

シゲル(CV:小林優子)
オーキド博士の孫であり、サトシのライバル。サトシより先にポケモンをもらい旅に出た。キザな性格でサトシのことを自分より劣っていると見下す節がある。

 

オーキド博士(CV:石塚運昇)準レギュラー
マサラタウンでポケモンを研究する人物。当日に遅刻したサトシに4体目のポケモン、ピカチュウを与えた。

 

ハナコ(CV:豊島まさみ)
サトシの母親。当日に遅刻する息子を心配しながらも、旅の支度をしてくれた。ピカチュウを最初に見た時「変なポケモン」といいピカチュウの気分を害した。

 

アナウンサー(CV:上田祐司)
テレビのポケモンバトルを実況。

 

ポケモン図鑑(CV:三木眞一郎)
サトシがオーキド博士から受け取った。ポケモンにかざすと自動的に詳細情報を話す。かざさなくても適宜情報を話すこともある。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんきショック(オニスズメを撃退した) また落雷を受けて強力な電撃を発した。
「恥ずかしがり屋のくせに人になれにくい」問題児だったサトシの相棒。狭いところが嫌いでモンスターボールに入るのを嫌う。ポッポに逃げられたサトシを笑うなど態度もよくなかった。

(野生ポケモン)


技:かぜおこし、すなかけ
サトシが最初にゲットしようとするが、ピカチュウが戦闘拒否したため、ボールを素投げするも逃げられる。


サトシのリュックを漁った。


サトシがポッポと間違え石を投げたため怒って襲ってきた。


晴れた空を飛ぶ黄金のポケモン。虹の空へ消えていった。ジョウト地方のポケモンで先行登場した第1号。
図鑑「データなし。この世界には、まだ知られざるポケモンがいる」

(モブキャラ)

サンド、マンキー、コイキング、ギャラドス
オニスズメから逃げるサトシの道中にて。

(その他)

(技:つのでつく)、(技:さいみんじゅつ)、(技:たいあたり)
テレビのポケモンバトルで登場したポケモン。イワークのボールは通常とは異なる、緑のボールだった。

フシギダネ、ゼニガメ、ヒトカゲ
テレビでのオーキド博士のポケモン講座内、およびサトシの夢の中にて登場。
「育てるのは簡単で、初心者にぴったり(フシギダネ)」「違いのわかる辛口な人におすすめ(ヒトカゲ)」

ドードリオ
冒険当日のシーンにて。朝を告げる鳥がわり。

【ロケット団の行動】

(本編登場なし)

【アイキャッチのキャラ】

ピカチュウ

(Aパート終了時に「だーれだ?」の音声とともにシルエット公開、Bパート開始時にカラーでポケモン名と全体が公開される。)

【名(迷)セリフ】

「少しは話を聞いてくれてもいいんじゃない?」
「チャァー」(ピカチュウ歯を見せる)
「歯はある、歯なしじゃない・・・話したくないってこと?」
「ピカ」
(サトシ/ピカチュウ)
(石が当たったオニスズメに対して)
「あんただれ?」
(サトシ)
「ピカチュウ、これ(モンスターボール)に入れ。この中に入るの、嫌いなのはわかってる。でもこの中にいれば、お前助かるかもしれないんだ!さぁ、入ってくれ!あとは俺に任せろ!」
(傷ついたピカチュウをかばいオニスズメの大群に仁王立ちをして)
「お前ら!俺を何だと思ってんだ!マサラタウンのサトシ、俺は世界一のポケモンマスターになるんだ!お前らなんかに負けない!みんなまとめて、ゲットしてやるぜ!」
(サトシ)

【memo】

・サトシが最初に決めていたポケモンはゼニガメ。次いでフシギダネ、ヒトカゲ。

EDクレジットで「シゲル」が「ジゲル」に誤植されている。

・予告の締めは「この次こそ、ポケモンゲットだぜ!」

・劇場版第20作【劇場版ポケットモンスター キミにきめた!】にて、この回のエピソードがアレンジされて採用された。