無印ジョウト編

ジョウト編第56話(通算174話)「レディアン!かぜのたにをこえて!!」


【基本情報】

ジョウト編第56話(通算174話)
!かぜのたにをこえて!!
本放送:2000年11月9日

【本編のあらすじ】

雪山のふもとにやってきたサトシ達は、近隣の警備をする森林パトロール隊員のシロウ親子と、パートナーのレディアンと出会う。しかし突然現れたロケット団にピカチュウとトゲピーが捕らわれ、逃げられてしまう。救助に向かう一行は危険な岩山を進むが、時折山から吹くという突風にあおられて……

【主な制作スタッフ】

脚本  :藤田伸三
絵コンテ:横田和
演出  :大町繁
作画監督:たけだゆうさく

【使用曲】

OP
OK!

ED
ポケモンはらはらリレー

【レギュラーキャラ以外の登場キャラクター】

(CV:
父親とともに近隣の森林パトロールをする少年。ピカチュウとトゲピーを救出に向かうサトシ達に同行する。

(CV:
森林パトロール隊員。序盤でふもとの村へとパトロールに出かけたが、岩山へ行く旨をシロウから聞き、ロケット団に襲われるサトシ達に助太刀した。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】

(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
トゲピーとともにロケット団に捕らわれる。しかしロケット団よりもきまぐれに動くトゲピーのお守りに必死だった模様。

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:つるのムチ、はっぱカッター
岩場に取り残されたピカチュウ達を救助しようとしたが、【つるのムチ】では距離が届かなかった。

ヨルノズク(★色違い)(CV:上田祐司)
山の突風で縄ばしごから落下しそうになったサトシ達を引っ張る、シロウとレディアンに助力する。全員がのぼりきったころには力を使い果たして倒れてしまった。

 

【カスミ】

(CV:こおろぎさとみ)
技:ゆびをふる(テレポート)
ピカチュウとともにロケット団に捕らわれるが、本人はたいして動じていない様子。ソーナンスの登場で落下したロケット団達を、【ゆびをふる】で【テレポート】を引き当て、状況を仕切りなおした。

 

【シロウ】

レディアン
技:れんぞくパンチ、スピードスター
森を飛行する姿をサトシが見かけた、森林パトロール隊であるシロウのパートナー。ピジョンの【かぜおこし】の強風に負けたりと、まだ修行中だが頑張り屋な性格。単身でロケット団とポケモン達を乗せた網を持ち上げる底力を見せ、救助する。

【シロウの父】


技:かぜおこし
シロウのレディアンの特訓として、【かぜおこし】で強風を吹かせた。その威力はマタドガスとウツボットをまとめて倒す実力。

レディアン
技:スピードスター
シロウの個体よりもひとまわり大きい。親子の連携攻撃でロケット団を攻撃した。

(野生ポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

飛行訓練をするシロウのレディアンに対してメカで突風を吹かせ、姿を現す。強力吸引でピカチュウとトゲピーを捕らえご満悦だったが、山から吹く突風で気球が飛ばされ、岩場に墜落。さらにその岩が根元から折れて、崖に取り残されてしまう。

シロウとレディアンの協力で救助されるが、「恩を仇で返すのがロケット団のやり方」だと手のひらを返し、ピカチュウとトゲピーを再び捕まえて戦闘態勢に。しかしそこに駆け付けたシロウの父が助太刀に入り、親子の連携攻撃でポケモンを倒され、取り戻されたピカチュウの【10まんボルト】で吹っ飛ばされて退場。

エピローグではまたしても同じ状況で岩に取り残され、バランスを崩さないようにするなかソーナンスが勝手に現れて、結局落っこちた。

(ロケット団のメカ)

スーパーマシン・かぜおこし君5号
気球に装備されたメカ。風を吹かせるのに加え、吸引も可能でピカチュウとトゲピーを捕らえた。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)

【ムサシ】

ソーナンス(CV:上田祐司)
みんなが崖のバランス取りに騒ぐなか勝手に現れ、岩を落下させた。(トゲピーの【ゆびをふる】で仕切りなおされた)

【コジロウ】

マタドガス(CV:石塚運昇)
技:えんまく

ウツボット(CV:愛河里花子)
技:つるのムチ
気球のロープが切れ、【つるのムチ】で代用しようとしたが案の定コジロウに噛みつき、暴れたせいで落下する羽目になる。

【アイキャッチのキャラ】

レディアン

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.077:ポニータ
脚力が強く走るのも得意だが、300m以上を誇るジャンプ力も特徴。

ポニータに乗って高くジャンプしたらさぞ気持ちいいだろうと思うオーキドに、ポニータが自らオーキドを乗せて勢いよくジャンプ。天井が崩れた。

 

【ポケモン川柳】

あめのひは さんぽはおやすみ ポニータよ

【名(迷)セリフ】

(岩から落下してしまうロケット団とピカチュウ達。それをトゲピーが【ゆびをふる】で【テレポート】し、状況が仕切り直しに。)
「な、なにこれ?一体どうなってるわけ?」
「これは、もしかしたら」
「誰かが【テレポート】を使ったニャ?」
「誰かが?って、あんたじゃないわよね?」
「ソーナンス!」
(ムサシ、ソーナンスの頬をつねる。)
「なるほど……わかったわ、今のは全部夢だったのよ!」
(ムサシ/コジロウ/ニャース/ソーナンス)

【memo】

・シロウ達が主にパトロールする場所は雪山のふもとにあり、時折すごい突風が吹きつける環境にある。その風にも負けないように、ピジョンを使ったトレーニングを重ねているという。

・ロケット団撃退後、空にまたたく一番星を見つけたサトシ達。するとシロウのレディアンの背中が赤く光り、続けてまたたいた星にも反応し模様が赤く光る。「レディアンの模様が輝けば一人前」とこの地域では言われており、晴れてシロウも一人前のパトロール隊員として認められた。