【無印】ジョウト編

ジョウト編第55話(通算173話)「ブラッキー!やみよのたたかい!!」


【基本情報】

ジョウト編第55話(通算173話)
!やみよのたたかい!!
本放送:2000年11月2日

【本編のあらすじ】

エンジュシティを目指す道中で、偶然にもシゲルの姿を見かけたサトシ達。最初に連れていたイーブイはブラッキーに進化しており、より精悍な顔立ちになっていた。相手を圧倒し勝利したシゲルにまっさきにバトルを挑もうとするサトシだが、シゲルには全く相手にされず。ポケモンセンターでヤケ食いしていたところ、突然街全体が停電にみまわれる。その原因を突き止めるべく、一行は街の発電所へ向かうのだが……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :米村正二
絵コンテ:浅田裕二
演出 :浅田裕二
作画監督:岩根雅明

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらリレー

挿入歌 
ロケット団よ永遠に

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ノボル(CV:岸尾大輔)
ヨシノシティ出身のトレーナー。シゲルとバトルした。直情的で熱くなりやすい性格。

 

シゲル(CV:小林優子)
サトシのライバル。イーブイをブラッキーに進化させ、着実に力をつけていた。サトシの実力を見抜いたかのように、バトルの申し込みを断っている。その後ロケット団の襲撃からサトシ達に助太刀し、電力供給にも協力してくれた。

 

ジョーイ(CV:白石文子)
ポケモンセンターや街全体が停電し、発電所に連絡がつかないことを心配していた。

 

発電所職員(CV:田中完、浜田賢二)
裏山の発電所の男性職員。ロケット団に捕らわれた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:10まんボルト

(CV:かないみか)
技:つるのムチ、はっぱカッター
ソーデモナインス1号を締め上げ、扉を開かなくして反射を封じた。もろくなった鎖を【はっぱカッター】で切り落とした。

(CV:上田祐司)
技:かえんほうしゃ、たいあたり
発電所の水門を開ける際に、扉を【たいあたり】で開ける、鎖を【かえんほうしゃ】で熱するといった活躍を見せる。

(CV:西村ちなみ)
技:みずでっぽう
水門近くの小屋を最初に見つけた。ヒノアラシが熱した鎖を【みずでっぽう】で急速に冷やしもろくさせた。

ヨルノズク(CV:上田祐司)

 

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

ヒトデマン(CV:三木眞一郎)
技:みずでっぽう

ニョロゾ(CV:三木眞一郎)
技:みずでっぽう

 

【シゲル】
ブラッキー
技:たいあたり、でんこうせっか、めざめるパワー
シゲルが連れていたイーブイが月の光によって進化した姿。スピードによる回避力も高く、シゲルの判断力も相まって相手の攻撃を巧みにかわし勝利した。また、暗がりでは自らの黄色い模様の部分から、光を発することができる。

 

【ノボル】

技:でんじほう、サイコキネシス、ずつき、ばくれつパンチ、かげぶんしん、テレポート、はかいこうせん
シゲルのブラッキーと対戦。豊富な技で攻め立てるもかわされ、反撃の【めざめるパワー】で倒される。

(野生ポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

ハピナス
街のポケモン。

【ロケット団の行動】

サトシ達の動向をうかがうなか、ソーナンスの【カウンター】から何かをひらめいたムサシ。その夜、裏山のダムにある発電所を襲って電気を盗み、巨大メカを始動させてポケモンセンターを襲う作戦に出た。そこに発電所へ向かっていたサトシ達を見つけ、立ちはだかった。ピカチュウ達の攻撃をことごとく跳ね返し好調かと思われたが、コンセントによる有線タイプだったため動けなくなり、さらにシゲルのブラッキーがコードを破壊し、電気が途絶えて動けなくなる。

そんなこともあろうかと、自家発電によって再起動。しかしコジロウとニャースの体力切れですぐに使い物にならなくなり、反撃でピカチュウの【10まんボルト】をくらうが、これが功を奏して電気が溜まり再々起動。こちらも反撃に出たが、吸収時に扉にしまうのが仇となった。ヒノアラシの【かえんほうしゃ】を吸収するもチコリータの【つるのムチ】で締め上げられ、扉が開かないために増幅されたエネルギーがメカの内部に逆流。そのまま爆発して吹っ飛ばされて退場。

(ロケット団のメカ)

ソーデモナインス1号
ソーナンスの【カウンター】からヒントを得た、ソーナンスを模したメカ。【エレキックエンジン】と呼ぶ大掛かりな装置によって、あらゆる特殊攻撃を吸収し倍にして跳ね返す。映像パネルや球状のレーダーなど、装備もいつになく豪華。ただし有線なので行動範囲が限られる(発電所からコンセントを刺していた)。しかし予備として自家発電システムも搭載していた(ペダルを漕いで発電)。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
技:ひっかく
夕陽を見るとたそがれたくなる性分らしい。騒ぐムサシ達をひっかこうとしたがソーナンスに反射された。

 

【ムサシ】
ソーナンス(CV:上田祐司)
技:カウンター
ニャースの【ひっかく】攻撃を【カウンター】で反射した。

【アイキャッチのキャラ】

ブラッキー

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.016:ポッポ
比較的どこにでもおり、新人トレーナーが最初に捕まえることが多い。あまり戦いは好まず、襲われると【かぜおこし】や【すなかけ】で相手を撃退する。
【すなかけ】の実演をしようとしたが、【かぜおこし】をされてオーキドが吹っ飛ばされた。

 

【ポケモン川柳】
きかんしゃに ポッポをのせたら きしゃぽっぽ

【名(迷)セリフ】

(みんなの協力で、街への電力供給に成功したサトシ達。)
「あははは!偉いぞピカチュウ!」
「ピッカー!」
「やったなサトシ!」
「いやぁ、シゲル達のおかげさ!」
(シゲル、サトシ達の顔を見つつも立ち去ろうとする)
「シゲル……行くのか?」
「あぁ。……サトシ」
「ん?」
「見せてもらったよ。いい育てをしているな、君のポケモン」
「へ?」
「今度会ったときは、僕のほうからバトルを申し込ませてもらうよ」
「シゲル……ありがとう!」
「ピカ!」
「フッ……」
(サトシ/ピカチュウ/タケシ/シゲル)

【memo】

・シゲルのバトルを観戦し、熱くなって飛び入りでバトルを申し込んだサトシだったが、シゲルには「ピカチュウの行動パターンは解析済みだから(やるだけ)時間の無駄だ」と相手にされず。新たに加えた仲間達を見せて力を見せつけようとしたが、気ままに動くポケモン達にかえって統率のとれなさが目立ち、挙句シゲルに無視されている。

 

・シゲルの助太刀のおかげで発電所の職員は助けられたが、ロケット団が好き勝手やったせいで復旧に時間がかかるという。そこでダムにある第2発電所を起動することになり、シゲルが先に現場へ向かい、サトシ達もロケット団撃退後に現場へ。サトシ達とチコリータ・ヒノアラシ・ワニノコ・ピカチュウの4匹、そしてシゲルとブラッキーが協力して、街への電力供給に成功する。