ジョウト編第51話(通算169話)「ジャングルのさんびき!おんせんバトル!!」


【基本情報】

ジョウト編第51話(通算169話)
ジャングルのさんびき!おんせんバトル!!
本放送:2000年10月5日

【本編のあらすじ】

エンジュシティを目指すサトシ達は、いつの間にかジャングルへと足を踏み入れていた。そこで偶然天然の温泉を見つけ、気分転換に遊んでいくことに。みんなでビーチボールで遊んでいたところ、強く打ちすぎてボールがジャングルの奥地に飛んでいってしまい、・ヒノアラシの3匹がケンカになってしまう。サトシに言われて3匹はボールを取りにジャングルへ向かうのだが、そこに温泉に入ろうとロケット団も現れて……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :園田英樹
絵コンテ:浅田裕二
演出 :浅田裕二
作画監督:岩根雅明

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらリレー

【レギュラー以外の登場キャラクター】

なし

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)

フシギダネ(CV:林原めぐみ)

チコリータ(CV:かないみか)
技:つるのムチ、はっぱカッター
遊んでいたビーチボールを巡ってワニノコとケンカになり、ボールを取りに行く際にも張り合っている。最初はヒノアラシに対して強引な面も多かったが、崩れた岩盤に閉じ込められた際には弱気になる一面も。その時は逆にヒノアラシに励まされて元気を取り戻した。合流後にワニノコと仲直りしている。葉っぱで風向きを感じて出口を探し、出口をふさぐカビゴンを葉っぱでくすぐる技能を見せた。

(CV:上田祐司)
技:かえんほうしゃ
チコリータとワニノコのケンカのとばっちりを受ける。2匹と比べ臆病なところもあり、チコリータにはいいように利用されたり暗い洞窟に強引に入れられたりしているが、弱気になるチコリータやニャースを励ます一面も。

ワニノコ(CV:西村ちなみ)
技:みずでっぽう、かみつく
遊んでいたビーチボールを巡ってチコリータとケンカになり、ボールを取りに行く際にも張り合っている。洞窟で道をはずれニャースと二人きりになり、岩盤が崩れ落ちてきた岩からニャースを助け、単独でも【みずでっぽう】で脱出を図ろうと諦めなかった。合流後にチコリータと仲直りしている。

ヨルノズク(CV:上田祐司)

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

トサキント(CV:大谷育江)

ヒトデマン(CV:三木眞一郎)

コダック(CV:愛河里花子)

ニョロゾ(CV:三木眞一郎)

【タケシ】
イワーク(CV:石塚運昇)

イシツブテ(CV:三木眞一郎)

ゴルバット(CV:三木眞一郎)

ロコン(CV:愛河里花子)

クヌギダマ(CV:石塚運昇)

温泉の近くで遊ぶ際に全員一斉に出されている。

(野生ポケモン)

(群れ)
技:すなかけ
ジャングルに集団で生息。飛んでいったビーチボールを持っており、それを盗んであちこち逃げまわった。段々になった温泉でロケット団と出くわし物を投げて追い出したが、温泉があふれ出した際にはたまらずボールを置いて逃げ出した。


ロケット団の持っていた果物を狙って果物の入ったカゴごと食べたがカゴは食べられず、怒って洞窟の入口をふさいでしまった。さらに寝相が悪く寝返りを打つたびに洞窟の岩盤が崩れる始末。チコリータのくすぐり、ワニノコの【かみつく】、ヒノアラシの【かえんほうしゃ】でやっと入口から離れ、その一連の攻撃を3匹がニャースがやったと濡れ衣を着せた為、ニャースを追いかけて洞窟を攻撃。するとロケット団がいた近くの温泉が鉄砲水のごとくあふれ出し、川に流された(3匹はカビゴンの足に掴まっている)。

(その他)

なし

(モブキャラ)

マンキー
ジャングルのポケモン。

【ロケット団の行動】

隠れた秘湯があるとガイドブックで目にし、道中採ってきた果物片手にジャングルへやってきた。日頃の疲れとストレスを取るべく温泉でゆっくりしようと心に決めて進んでいるなか、ビーチボールを盗んだエイパム達と、それを追いかけるチコリータ達3匹を目撃。コジロウの推理から近くにサトシ達がいて温泉もあると読み(しかし、あくまで温泉が目的で、珍しくピカチュウを奪おうとは判断しなかった)、ポケモン達を追いかけることに。しかしポケモン達の入った洞窟で野生のカビゴンに遭遇し、果物を食べられたうえ、急いで駆けこんだ洞窟の入口をカビゴンにふさがれてしまう。

最初の分かれ道でニャースとはぐれたことも知らず、カビゴンの寝返りで岩盤が崩れて閉じ込められるも、ハンマーで強引に突破し外に出た先は念願の温泉。しかしボールを盗んだエイパム達が先におり、物を投げられ追い返される。しかもカビゴンが洞窟にヒビを入れたことで温泉が鉄砲水のごとくあふれ出し、あっけなく流されてしまう。

エピローグでは岩に引っ掛かったカビゴンによってなんとかその場にとどまっていたが、カビゴンが突然泳ぎだして、結局滝めがけて流されるのだった。

口上は専用BGMなしで途中まで言ったが途中省略された。

(手持ちポケモン)

(CV:犬山犬子)
温泉には興味がなさそうだった。洞窟では道をはずれワニノコと二人きりになり、はじめこそ敵対したが、岩盤が崩れて落ちてきた岩からワニノコに助けてもらい、さらにチコリータ・ヒノアラシと合流後、ムサシとコジロウに置き去りにされたのを落ち込んだ際にも3匹になぐさめられ、その人情に涙を流す。

3匹の活躍でカビゴンをどかして洞窟から脱出した後に、手のひらを返し取り出した網で3匹を捕らえる。3匹をダシにピカチュウをおびき寄せようと企むが、3匹に濡れ衣を着せられカビゴンに追いかけられる羽目に。とっさに洞窟に入り込んだばっかりに、ムサシ達ともどもあふれた温泉に流される。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:上田祐司)
技:がまん
毎度のごとく勝手に登場しているが、ムサシがご機嫌だったので即座にボールには戻されなかった。果物を持っているコジロウがカビゴンに食べられそうになり、”なんとかしようと”【がまん】を繰り出すも何も起こらず。

【アイキャッチのキャラ】

エイパム

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.045:ラフレシア
頭の巨大な花は、世界一大きい花と言われる。縄張りを示すために様々な花粉をまき散らすが、その時消費したエネルギーは頭の花びらを広げ、光合成することで回復する。また花の模様は地域によって異なる。

オーキドが講義に出たらラフレシアの生息地を調べようとして触り、怒って花粉をまき散らされくしゃみが止まらなくなった。

【ポケモン川柳】
はなびらを ひがさにさんぽ ラフレシア

【名(迷)セリフ】

(カビゴンの寝返りで岩盤が崩れた洞窟内。ワニノコは落ちてきた岩からニャースをかばった。)
「んんー……ニャ、ワニノコは!?ワニノコーー!!」
「ワニワー!」
「大丈夫ニャのか!?」
「ワニワ!」
「にゃぜニャーを助けてくれたのニャ?」
「ワニワニワニ」
「『からだが勝手に動いた』って?うぅ、おみゃーいいやつだニャー……」
「ワーニ!」
(ニャース/ワニノコ)
「チコ、チコチコチコー」
「『さっきはごめんなさい』って、おみゃーらケンカしてたのニャ?」
「ワニワニワー……」
「おみゃーも反省してるんだニャー」
「ヒノ、ヒノヒノ」
「『なんでケンカしたのかわからない』って?まぁしょうがないニャ、ケンカってそういうもんニャ!」
(チコリータ/ニャース/ワニノコ/ヒノアラシ)

【memo】

・もともとのケンカの発端は、ビーチボールで遊んでいた最中チコリータのスマッシュをワニノコがしっぽで弾き飛ばし、その弾がヒノアラシにぶつかってボールがジャングルの奥地に飛んでいったことから。チコリータとワニノコの責任の押し付け合いにヒノアラシがとばっちりをくらい、3匹で争いになってしまった。カスミが心配するなかサトシはそれをケンカだとは思っておらず、3匹に飛んでボールを取りに行かせており「3匹とも楽しそうじゃん」と楽観視している。

・ポケモン達やロケット団が入り込んだ洞窟は、途中道が分かれている迷路のような構造になっており、入って早々の分かれ道でワニノコとニャースが他のメンバーとはぐれている。また内部の岩盤は意外ともろく、カビゴンが寝ながら動くたびに地響きが起こるほど。その影響で岩盤が崩れ、ところどころ道がふさがれてしまった。

・3匹は洞窟を脱出しサトシ達と合流するが、カビゴンともども川に流され、しかもその先は滝。チコリータが【つるのムチ】で2匹をカビゴンのお腹に引き上げた後、続いて【はっぱカッター】で近くのヤシの木を切り落とす。ワニノコが木に噛みつき、チコリータが【つるのムチ】でヒノアラシを抱えながらワニノコのしっぽに掴まり3匹で耐え忍び、最後はサトシが引き揚げて、なんとか帰還することができたのだった。結局ボールはその後川から流れついた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク