ジョウト編第42話(通算160話)「コガネジム!スピード&パワー!?」


【基本情報】

ジョウト編第42話(通算160話)
コガネジム!スピード&パワー!?
本放送:2000年8月3日

【本編のあらすじ】

3つ目のジムがある大都会・コガネシティに到着したサトシ達。早速ジム戦に挑もうと意気込むサトシだったが、ジムが休みと知って意気消沈。気分転換に街のデパートへ行こうにも道に迷ってしまうが、そこで知り合った少女・アカネに道案内をしてもらうことに。無事コガネデパートに到着するが、そこではぐれてしまったアカネのピッピがロケット団に連れ去られて……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :武上純希
絵コンテ:細谷直行
演出 :井上修
作画監督:佐藤まさふみ

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
タケシのパラダイス

【レギュラー以外の登場キャラクター】

アカネ(CV:宮村優子)
サトシ達がコガネデパートに行こうと道に迷ったなかで出会った少女。コガネ弁(関西弁)で話す。コガネシティを道案内をしてくれたが、一所懸命な反面あわてんぼうで方向音痴。ロケット団撃退後にコガネジムのリーダーだと明かし、サトシとのジム戦を受けた。ノーマルタイプの使い手。

美容師(CV:坂口候一、小西克幸)
コガネシティ地下道にあるポケモン美容院の店員。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:かみなり、10まんボルト、こうそくいどう
ロケット団を追い詰め【10まんボルト】を撃とうとしたが唐突にピッピを返され、その隙を狙われ捕らわれる。ピッピの【ゆびをふる】で救出され、【かみなり】で反撃した。

ジム戦では3番手。タケシの助言でワニノコの【みずでっぽう】で濡れたミルタンクにでんき技が有効だと踏み、【10まんボルト】を撃つも【ころがる】の勢いは止められず、【こうそくいどう】でも回避できないまま連続攻撃を受け倒された。

(CV:上田祐司)
技:かえんほうしゃ、たいあたり
ジム戦1番手。ニドリーナを【かえんほうしゃ】で倒し、続けてピッピも交代させた。ミルタンクの【ころがる】には【たいあたり】で対抗するが、徐々に威力の増す攻撃に対処しきれずに倒された。

(CV:西村ちなみ)
技:みずでっぽう
ジム戦2番手。【みずでっぽう】で【ころがる】ミルタンクを止めようとするも止められず、回避も間に合わず倒された。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

【アカネ】
(CV:飯塚雅弓)
技:ゆびをふる(→かぜおこし、はねる)
出会い頭にピカチュウとぶつかったのが、サトシ達との出会いのきっかけ。コガネデパートを散策中にはぐれてしまい、ロケット団に捕らわれる。解放される代わりにピカチュウが捕らわれるが、【ゆびをふる】で【かぜおこし】を引き、ピカチュウを救出した。

ジム戦では2番手。【ゆびをふる】で博打に打って出るが、出たのは何も効果のない【はねる】。【かえんほうしゃ】で反撃され、たまらず交代した(戦意喪失負け判定)。


技:どくばり、たいあたり
ジム戦1番手。ヒノアラシの【かえんほうしゃ】で【どくばり】を焼き払われ、【たいあたり】の接近戦に持ち込むも【かえんほうしゃ】が直撃し倒された。


技:ころがる
ジム戦3番手で、アカネの切り札。ヒノアラシの2連勝に加えて温和な性格だというポケモン図鑑の説明が、サトシの油断を生んだ。技を命中させるたびに威力の上がる【ころがる】でヒノアラシとワニノコを立て続けに倒し、勢いを止めずピカチュウも【こうそくいどう】による回避をさせずに倒し勝利した。

(野生ポケモン)

なし

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【ジム戦/ライバル対決/リーグの戦績】

コガネジム 3対3シングル

○ヒノアラシ ‐ ニドリーナ●
(【かえんほうしゃ】)
○ヒノアラシ ‐ ピッピ●
(交代による戦意喪失負け)
●ヒノアラシ ‐ ミルタンク○
(【ころがる】)
●ワニノコ ‐ ミルタンク○
(【ころがる】)
●ピカチュウ ‐ ミルタンク○
(【ころがる】)

アカネが勝利し、サトシはジムバッジを獲得できなかった。

【ロケット団の行動】

コガネデパートの地下、食品売り場の試食品にがっつくが、知らずに試食品以外も食べたので店員に怒られ、一文無しだった為働いて返す羽目に。その最中に迷子になったアカネのピッピを見つけて、捕まえればお手柄だと仕事を放りだす。外でピッピを捕まえるもピッピを探していたサトシ達に出くわし、慌てて逃走する。

リニア駅に入るも肝心のリニアは工事中。仕方なく近くにあったリニアトロッコで逃走するも速度がものすごく遅く、追い詰められる。仕方なくピッピを解放するが、隙を狙ってピカチュウを強奪。しかしピッピの【ゆびをふる】でピカチュウを取り返され、さらにピカチュウの【かみなり】によってトロッコが急加速する。そのまま線路伝いに流されて、退場。

口上は食品売り場の店員に対して述べた。特別口上。
「何なの?と聞かれたら」
「答えてあげるが世の情け」
「世界の試食品を食べるため」
「世界の試し飲みを飲み干すため」
「腸と胃をからっぽにしておく」
「ラブリーチャーミーな敵役」
「ムサシ!」
「コジロウ!」
「試食品を食べるロケット団のふたりの通った後には」
「ドーナツちくわの穴だけしか残ってないぜ!」

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
子供たちの持っていたピッピ人形の出来の良さに、ボスにプレゼントすれば本物と見間違うだろうとボケをかます。

【ムサシ】
ソーナンス(CV:上田祐司)

【アイキャッチのキャラ】

ピッピ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.067:ゴーリキー
強靭な肉体はどんなに働いても疲れを知らない。その反面性格は謙虚で、力を誇示することはない“気は優しくて力持ち”なポケモン。

近くにある本の山を運んでほしいと頼んだオーキド。ゴーリキーはオーキドごと本を軽々と運んでいった。

【ポケモン川柳】
さんぜんと ベルトきらめく ゴーリキー

【名(迷)セリフ】

(ピッピの【ゆびをふる】が発動。)
「来るぞ!」
「ヒノ!」
(発動したのは【はねる】。)
「ピッピ!ピッピ!ピッピ!」
「へ?」
「どうしたの!?ピッピ?」
「あかーん!コイキングの【はねる】や!」
「あれって……」
「うん、はねるだけの技だ。」
(サトシ/ヒノアラシ/ピッピ/カスミ/アカネ/タケシ)

【memo】

・コガネシティは西側が海に面した、ジョウト地方でも最大の繁華街。地下道にも店が建ち並んでいる。アカネの案内でコガネデパートを目指すなかで、間違ってポケモン美容院に入ってしまい、ピカチュウとピッピが利用者と間違えられた。

おぼっちゃま育ちのコジロウは今まで試食品の存在を知らず、食べてもいいものなのかと怪しんでいたが、いざ食べるとそのおいしさに感動し、ムサシ達と同じくがっついていた。

・工事中のリニア駅に入りリニアで逃走しようとしたが、作業員いわく工事中で、完成は1年後とのこと。仕方なく近くにあったリニアトロッコで逃走を図ろうとしたが、見た目のハイテクさに反してものすごく遅く、漕いでもピカチュウが歩く速度と同じ速度しか出なかった。

・その日コガネジムは休みだったが、アカネの好意で特別にサトシのジム戦が行われることになった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク