ジョウト編第37話(通算155話)「おどれワニノコ!あいのステップを!!」


【基本情報】

ジョウト編第37話(通算155話)
おどれワニノコ!あいのステップを!!
本放送:2000年6月22日

【本編のあらすじ】

コガネシティを目指すサトシ達は、川辺で休憩を取っていた。みずポケモンを川で遊ばせるなか、ワニノコは川のそばで歌っていたマリルリに一目惚れ。熱烈なアピールをするが、マリルリにはなかなか振り向いてもらえない。マリルリのトレーナー・ヒバリが言うには、ポケモン演芸団の花形として活躍する一方、最近なぜかわがままを言うようになってしまったらしい。そんな中、ひと儲けを狙うロケット団にマリルリが捕らわれてしまい……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :藤田伸三
絵コンテ:椎名ひさし
演出 :岩崎太郎
作画監督:はしもとかつみ

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらはらはらリレー(むずかしばん)(2番)

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ヒバリ(CV:高田由美)
ポケモン演芸団として巡業の旅をしている女性。ショーの中ではマジックショーを担当する。マリルリがゴルダックに惚れていたのを知っていた。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
マリルリを助けようとして逆にロケット団に捕らわれた。翌朝になって解放される。

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:はっぱカッター、つるのムチ
ピカチュウとワニノコの檻とリングを【はっぱカッター】で壊し、マリルリの檻も【つるのムチ】で引っ張って取り戻した。ロケット団撃退後、マリルリの檻も壊して解放している。

(CV:西村ちなみ)
技:みずでっぽう
川で泳いでいたところ、川辺で歌っていたヒバリのマリルリに一目惚れ。一方的にラブコールを送るがそっぽを向かれてしまう。それからもマリルリに熱烈なアピールを続けるがなかなかうまくいかない。ロケット団に捕らわれたマリルリを助けようと、マリルリのしっぽから外れたリボンを手に単独でロケット団を追跡し見つけ出すが、ニャースの投げたリングで口を封じられ、逆に捕らわれてしまった。それでも、その夜寂しさから涙を流すマリルリを元気づけようと、リボンを渡し得意のダンスで励ました。

翌朝サトシ達に助けられ、ロケット団に【みずでっぽう】で反撃する。しかし前からゴルダックのことが好きだったマリルリには振られてしまう。しかし懲りる様子もなく今度はすぐそばにいたヌオーに一目惚れしている。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

トサキント(CV:大谷育江)

ヒトデマン(CV:三木眞一郎)

コダック(CV:愛河里花子)

ニョロゾ(CV:三木眞一郎)

【ヒバリ】

性別:♀
技:みずでっぽう
しっぽの黒い部分にピンク色のリボンを付けている、ポケモン演芸団の花形スター。ゴルダックに惚れているような描写があり、ゴルダックが来てからはきまぐれでわがままになり、演芸の練習をサボりがちになっているという。
川辺で歌っていたところをワニノコが一目惚れされ、一方的に求愛されるが、迷惑そうにしていた。その後もワニノコのアピールにそっぽを向いていたが、突如現れたロケット団に捕らわれる。その途中でしっぽのリボンが外れるが、ワニノコが取り戻し返している。ロケット団撃退後、好きだったゴルダックへの気持ちにやっと素直になり、抱擁を交わした。


技:ハイドロポンプ
冒頭でいなくなったマリルリを探していた。ロケット団戦ではアーボックとマタドガスをまとめて攻撃した。


ヒバリが肩に乗せていた。ロケット団の気球を見つけ、穴を開けて墜落させた。

(野生ポケモン)


水辺のポケモン。はねていたところをワニノコが【みずでっぽう】でお手玉のように回す芸を披露した。

(その他)


頭に赤いリボンを付けている。マリルリに振られたワニノコがすぐさま一目惚れし、追いかけまわしていた。

(モブキャラ)

ゴーリキー、マリル、ポッポ
ポケモン演芸団のポケモン。

【ロケット団の行動】

サトシ達が見ていたポケモン演芸団のショーを裏からのぞき見し、花形スターのマリルリとピカチュウを奪って【ロケット演芸団】を結成し、一儲けしてやろうと計画。不意を突いてマリルリを捕まえ、助けようと飛びかかったピカチュウも捕らえて逃走に成功する。さらにマリルリを助けに単独行動に出たワニノコも捕らえ、浮かれ気分で一夜を明かす。

翌朝、ロケット演芸団は諦めるが3匹をボスに献上しようと気球で出発。しかしヒバリのポッポに穴を開けられ墜落し、ピカチュウとワニノコを取り返されてしまう。マリルリだけは死守しようと戦闘を仕掛けるが返り討ちにあい、結局マリルリも取り返され最後はピカチュウの【10まんボルト】で吹っ飛ばされて退場。

口上は普通に述べた。

(ロケット団のメカ)

耐電カプセル
ピカチュウを捕らえた、電気を吸収するカプセル。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)

ソーナンス(CV:上田祐司)

【コジロウ】

マタドガス(CV:石塚運昇)
技:えんまく

【アイキャッチのキャラ】

マリルリ
(リボンはしていない。)

【オーキド博士のポケモン講座】

※2000年当時に公開された劇場版第3弾【結晶塔の帝王 エンテイ】【ピチューとピカチュウ】の直前情報が放送された。
第1週は【ピチューとピカチュウ】に登場するポケモン、ピチュー・ドーブル・ブビィの紹介。

【ポケモン川柳】
だいとかい しらざるとこにも ピッピカチュウ

【名(迷)セリフ】

「お嬢さん!」
「え?」
「ずいぶんお困りのようですねぇ。自分はタケシと言います!タッツーのタ、ケンタロスのケ、シェルダーのシを頭文字に、タッツーのやさしさとケンタロスの勇敢さ、そしてシェルダーの芯の強さを兼ね備えた男なのです」
「は、はぁ……」
(タケシ/ヒバリ)
「失恋は男の勲章さ。男ってやつは失恋して失恋して、いい顔になっていくもんだ。俺みたいに!な!」
(タケシ)

【memo】

・ポケモン演芸団は、ポケモンの特性を活かした一芸を披露しながら、各地を巡業している団体。

・マリルリのショーを見て感化されたワニノコが突然ショーに乱入し、【みずでっぽう】で水芸を披露。観客もそれに乗っかりワニノコにテープや果物を投げて盛り上げるが、マリルリは怒ってショーを抜け出してしまう。サトシがあわててワニノコを止めに入ったが、落ちてきた果物をピカチュウと協力してとっさにキャッチ。これが観客にも大いにウケていた。

・マリルリとピカチュウを捕らえたロケット団は演芸団のテントから対岸にある森の中の小屋に身を潜めた。サトシ達も後から捜索にあたるが夕方になっても見つけられず、苦渋の決断だが翌朝まで待つことにした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク