【無印】ジョウト

ジョウト編第35話(通算153話)「ワニノコはだれのもの!?サトシVSカスミ!」


【基本情報】

ジョウト編第35話(通算153話)
ワニノコはだれのもの!?サトシVS(たい)カスミ!
本放送:2000年6月8日

【本編のあらすじ】

カスミ指導のもと、水辺で釣りをしていたサトシ達だったが、成果をあげられずにいた。そこに出てきたのはとても陽気な野生のワニノコ。その愛らしさに惚れこんだサトシとカスミはワニノコを捕まえようと同時にルアーボールを投げ、ワニノコを捕まえる。しかしどちらが捕まえたのか判断がつかず、ふたりはワニノコの所有権を賭けてポケモンバトルで決着をつけることに!

【主な制作スタッフ】

脚本 :冨岡淳宏
絵コンテ:浅田裕二
演出 :浅田裕二
作画監督:岩根雅明

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらリレー

【レギュラー以外の登場キャラクター】

なし

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんきショック
ワニノコ争奪戦1番手。しかし対ピカチュウ対策としてカスミが出したトゲピーに対して全く攻撃ができず、戦意喪失負けを喫する。

(CV:林原めぐみ)
技:つるのムチ、はっぱカッター、たいあたり、ソーラービーム
ワニノコ争奪戦3番手。ニョロモを倒すがその直後に進化したニョロゾと連戦に。【のしかかり】で競り負け【ソーラービーム】の溜め行動中に【あわ】でじわじわと削られていくがなんとか持ちこたえ、【ソーラービーム】でニョロゾを倒し逆転勝利した。

(CV:かないみか)
技:はっぱカッター、たいあたり、つるのムチ
ワニノコ争奪戦2番手。レベルに差はあるが相性で有利に試合を運び、ヒトデマンを【つるのムチ】で掴みたたきつけて倒した。

 

【カスミ】
(CV:こおろぎさとみ)
技:あまえる
ワニノコ争奪戦にて、カスミが【対ピカチュウ対策用秘密兵器】として1番手に選出。ピカチュウの戦意を喪失させ勝利した。

(CV:三木眞一郎)
技:スピードスター、みずでっぽう、たいあたり
ワニノコ争奪戦2番手。チコリータとのレベル差による押し切りを狙ったが、【たいあたり】の接近戦をかわされ【つるのムチ】で掴まれて叩きつけられ、倒される。

 → (CV:三木眞一郎)
技:おうふくビンタ、みずでっぽう(ニョロモ)、のしかかり、あわ(ニョロゾ)
ワニノコ争奪戦3番手。フシギダネとの対戦で一度倒されるも、その直後にニョロゾに進化。連戦でダメージの溜まるフシギダネをじわじわと削っていくが倒しきれず、【ソーラービーム】の直撃を受けて倒された。

(野生ポケモン)

(CV:西村ちなみ)(→サトシ手持ち)
技:みずでっぽう、かみつく、ひっかく
サトシ達が釣りをしていた水辺に生息。釣りの様子に誘われて登場した。登場して早々、なりふり構わず踊りだすとても陽気な性格。しかし【みずでっぽう】の威力は侮れない。また発達した顎で興味を持ったものに噛みつき、一度かみつくとなかなか離れない。

その姿に惚れこんだサトシとカスミが同時に投げたルアーボールに自ら飛びこみゲットされたが、草むらで隠れてどちらがゲットしたのか判断がつかなかった為、所有権を賭けたポケモンバトルで決着をつけることに。その結果サトシの手持ちに入ることになった。対ロケット団戦で早速登場し、単独でロケット団を一掃、撃退した。

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【ライバル対決の戦績】

ワニノコ争奪・サトシvsカスミ
3対3シングル(2本先取制)

●ピカチュウ ‐ トゲピー ○
(【あまえる】による戦意喪失)
○チコリータ ‐ ヒトデマン●
(【つるのムチ】→叩きつけ)
○フシギダネ ‐ ニョロモ→ニョロゾ●
(【ソーラービーム】)

2対1でサトシが勝利した。

【ロケット団の行動】

ろくに成果が上げられず珍しくブルーになるニャースをよそに、のんきにおにぎりをほおばる2人。そんな中おにぎりにつられて来たワニノコを見つけるが、そのままおにぎりを全部食べられてしまう。食べ物の恨みとばかりに飛びかかるが【みずでっぽう】で早々に吹っ飛ばされた。

その後ワニノコの所有権を賭けてバトルするサトシとカスミの様子を遠巻きから見て、バトル後の疲弊したポケモン達を奪おうと計画。お祝い隊と称して現れるが、ソーナンスが勝手に登場した為失敗。そのままいつものように戦闘となるも、サトシが仲間に加えたワニノコに一方的にやられっぱなしで、最後は【みずでっぽう】で吹っ飛ばされて退場。

口上は普通に述べたが、前回同様ソーナンスがオチを横取りしニャースに押しのけられた。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
「そろそろ手柄を立てないとボスに忘れられるのでは」と危惧し、いつになくテンションが落ちていたが、ワニノコを見つけてすぐにいつもの調子を取り戻す。

 

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)

ソーナンス(CV:上田祐司)

 

【コジロウ】
マタドガス(CV:石塚運昇)
技:ヘドロこうげき

【アイキャッチのキャラ】

ワニノコ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.027:サンド
穴掘りが得意で巣は地中深くに造る。からだの溝は体温調節のほか、からだの水分を空気中に逃がす効果もある。得意技【まるくなる】は外敵から身を守るときにも有効。

まるくなっていたサンドを起こそうとしたオーキドが、飛び起きたサンドに驚いて倒れた。

 

【ポケモン川柳】
さあはしろう サンドのかけごえ 1,2の3ど

【名(迷)セリフ】

「この子(ワニノコ)、いつでもお祭り気分って感じね!」
「にぎやかな奴が仲間になったもんだ」
「でもサトシやるわね、いきなりワニノコを使えるなんて」
「へへっ……そうかな?」
「サトシ強くなったよね!バトルしてみてよくわかったわ。それにあたし達は仲間でしょ!ワニノコは誰がゲットしても同じかなー、なんてね!」
「あれ、ずいぶん殊勝だなぁカスミ?」
「だってぇー今はこの子(ニョロゾ)が一番なのー!あたしのピンチに進化してくれたんだもーん!あーんよろしくねーニョロゾ!」
(カスミ/タケシ/サトシ)

【memo】

・釣りの成果が出ないなかカスミが用意したのはとっておきだというルアー【カスミスペシャル・Ver.3】。自らを模したいつものルアーの3作目で、見た目で違う点は右手が3を表しているところ。

・ワニノコの愛らしい姿に惚れこんだサトシとカスミがワニノコの取り合いになり、先手を取ったカスミが釣り竿で捕まえようとするも、吐き出されてしまう。続いてサトシがピカチュウで攻撃後モンスターボールを投げたが、体力が余っていた為かゲットに失敗。そのまま逃げられてしまった。
その後草むらでワニノコを見つけた2人が、同時に投げたルアーボールによってゲットされたが、草むらで隠れてどちらがゲットしたのか判断がつかなかった為、所有権を賭けたポケモンバトルで決着をつけることになった。その間はタケシがワニノコの入ったボールを預かっている。

・ムサシは2度もワニノコに噛みつかれており、2回目は引き離す過程で自慢の髪を引きちぎられた。