ジョウト編第33話(通算151話)「プリンVSブルー!」


【基本情報】

ジョウト編第33話(通算151話)
プリンVS(たい)
本放送:2000年5月25日

【本編のあらすじ】

コガネシティを目指すサトシ達は、【イワークの洞窟】に差し掛かった。野生のイワークが多く生息する物騒な場所だが次の街へ行くには通らざるを得ない。一晩経った翌朝、出発しようとした一行の前に現れたのはカネヨのブルー。何かを探しているようで後を追ってみると、今度はプリンが現れ眠らされてしまう。しかし2度目に会ったプリンは一変して元気がない。どうやらいつものマイクを誰かに取られたらしく……?

【主な制作スタッフ】

脚本 :大橋志吉
絵コンテ:藤本義孝
演出 :鈴木敏明
作画監督:志村泉

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらリレー

【レギュラー以外の登場キャラクター】

なし

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:つるのムチ
落とし穴に落ちたプリンを3度も助けた。

チコリータ(CV:かないみか)
技:つるのムチ、はっぱカッター
対ロケット団に登場。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

コダック(CV:愛河里花子)
ロケット団戦で勝手に登場し、カスミに戻されるだけでなく、ロケット団にも「他のポケモンにしてほしい」とツッコまれる。

ニョロモ(CV:三木眞一郎)
技:みずでっぽう、おうふくビンタ
対ロケット団に登場。ソーナンスの【ミラーコート】を最大パワーの【みずでっぽう】で破り倒した。

【タケシ】
クヌギダマ(CV:石塚運昇)
技:じばく
タケシに抱きかかえられて機嫌が良く【じばく】した。

(野生ポケモン)

(CV:かないみか)
技:うたう、おうふくビンタ
サトシ達の後を追ってきた。そしてブルーを追うサトシ達にばったり会って早々に【うたう】で周囲を眠らせ、いつものように落書きをしてまわっていた。しかしブルーにマイク代わりのマジックペンを奪われ、落ち込んでしまう。サトシ達が機嫌を直そうと同行するが途中で抜け出し、ニャースと意気投合。新ユニットを作ろうと持ちかけられるが、そこでブルーと再会しマイクの取り合いのケンカに。

ロケット団退場後、ブルーがマイクを置いていったことでマイクを取り戻し、喜びとともにまた歌ってサトシ達を眠らせる。そのままイワークの洞窟に入り、イワーク達にも【うたう】で眠らせて、怒って落書きをしてどこかへ去っていった。

「みんなの前で眠られずに最後まで歌を聴いてもらいたい」という夢があることが判明した。


技:いわおとし、しめつける
イワークの洞窟に複数生息。ロケット団に襲いかかった。プリンが眠らせたためにサトシ達が通った際には襲われなかった。

(その他)

ブルー(CV:愛河里花子)
技:おうふくビンタ
カネヨのブルー。ニャースのにおいを追って、サトシ達の前にも現れた。ニャースまであと一歩のところまで来るもプリンの歌で眠らされ、おまけに落書きもされる。その怒りからか偶然出くわしたプリンの持つマジックペンを奪い取った。その後念願のニャースを見つけ、ロケット団と行動。その最中プリンと再会しマイクの取り合いに。ロケット団退場後はマイクを放り投げてまたどこかへと去っていった。

(モブキャラ)

ポッポ
プリンの歌で眠らされ、落書きされていた。

【ロケット団の行動】

サトシ達より先にイワークの洞窟に入るが、襲い掛かるイワークに太刀打ちできず退散。相性のいいみずタイプのポケモンもおらず途方に暮れるが、そのみずポケモンを手に入れるべくカスミのポケモンを狙おうと計画。こっそり忍び寄って奪おうとする計画はプリンに眠らされて失敗し、いつもの落とし穴作戦でいくことになったが、その途中ニャースを追ってきたブルーが現れる。ブルーをボスへの手土産にしようとするが、ブルーを迷惑がるニャースが反対。どっちを連れて行くか問いただすが2人は即答でブルーを選び、ニャースは茫然自失でひとりになった。

落とし穴作戦もプリンに邪魔され失敗し、逃げ出したブルーを追ってみるとそこにはプリンとニャースが。プリンのマイクをめぐってケンカになる中、サトシ達も現れ本来の目的であるカスミのポケモンを奪おうと戦闘へ。しかしニョロモの【みずでっぽう】でまとめて倒されて最後はピカチュウの【10まんボルト】で爆発、吹っ飛ばされて退場。

エピローグで再びイワークの洞窟へ入り、プリンがイワークを眠らせた為無事に通れるかと思われたが、転んだムサシの叫び声にイワークが目を覚まし、結局ひどい目にあう羽目に。

口上は普通に述べたが、締めゼリフはニャースではなくソーナンスが横取りした。

(ロケット団のメカ)

新型落とし穴製造マシーン
スコップにスプリングを仕込んだもの。ホッピングしながら掘れる。ムサシいわく「楽しいから作った」。(厳密にはメカではない)

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
技:みだれひっかき
イワーク相手に無理矢理出されるが、体格差もあって勝負にならなかった。おまけにブルーにしっぽを噛みつかれ毛並みが台無しになり、挙句「ブルーを取るかニャーを取るか」を問いただした結果即答でブルーが選ばれ、自分が必要とされていないと茫然自失。

その後マイクをなくして落ち込むプリンと意気投合し新ユニットを結成しようとするが、またブルーにしっぽを噛まれ台無しに。結局はいつものロケット団に戻り退場した。

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)

ソーナンス(CV:上田祐司)
技:ミラーコート

【コジロウ】
ウツボット(CV:愛河里花子)
技:はっぱカッター
イワーク相手には相性がいいはずだが【はっぱカッター】は弾かれて効き目がなかった。

【アイキャッチのキャラ】

プリン
(マイク(マジックペン)を持ったプリン。)

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.013:ビードル
普段は葉っぱの下に潜み、餌を食べている。イチョウの葉を好んで食べるが、ときには1日でイチョウの木を食べ尽くしてしまう例もあり、見た目によらず大食漢。

オーキドが差し出した木の葉っぱはおろか、オーキドの服まで食べ尽くした。

【ポケモン川柳】
ビードルが はっぱのベッドで ゆめのなか

【名(迷)セリフ】

(目の前に不自然に置かれたフルーツの山。)
「あっ、フルーツだ!」
「ちょっと待った!あれってどう見ても不自然でしょ!?」
「確かに不自然だな……」
「でもこの前はそうやって迷って落とし穴に落ちたんだぜ?」
「うーん、そういえばそうだったような……」
(サトシ/カスミ/タケシ)
フルーツのくだりは、OR24話【ピカチュウVSニャース!?】でロケット団が前にも使った作戦。このときタケシはいなかった。
「プリー……」
「ニャ、プリン?どうしたのニャ?元気がないニャー」
「プリュ、プリ……」
「『大切なマイクを取られた』だって?それは災難だニャー。世の中にはつらいことが多いニャー……」
「はぁー……」「プリュ……」
「それでもみんな夢を持って生きなきゃいけないんだニャ!プリンの夢は何なのニャ?」
「プー、プリュ!」
「なるほどー、『みんなの前で最後まで歌を歌うこと』なのかー!」
「プリ!」
「けなげな夢だニャ!」
「プリュ、プリ!」
「よく見ればプリンはニャーが大好きな満月に似てるニャ」
「プリ?」
「ニャー……ニャーのことを好きになってくれるポケモンがプリンのようにまるまるとしてたら良かったけどニャ」
「プリ、プリプリ!」
「プリン、ニャーのこと慰めてくれるのニャ……?そうニャ!ニャーとプリンで組んで新たにロケット団を結成するのニャ!ニャーの夢とプリンの夢をかなえるための新ユニットを作るのニャ!」
「プリ、プリー!」
(プリン/ニャース)

【memo】

・ロケット団が狙おうとしていたカスミのポケモンは、本命ニョロモ、対抗ヒトデマン、大穴トサキント。コダックは「見なかったことに」した。

スポンサードリンク
スポンサードリンク