ジョウト編第30話(通算148話)「ソーナンスとポケモンこうかんかい!!」


【基本情報】

ジョウト編第30話(通算148話)
ソーナンスとポケモンこうかんかい!!
本放送:2000年5月4日

【本編のあらすじ】

次のジムがあるコガネシティを目指すサトシ達は、リーフタウンの手前でテルという少年と出会う。彼はリーフタウンで開かれるお祭りで行われる【ポケモン交換会】で、持っているソーナンスを交換しようと思っているらしい。しかしソーナンスをもらってくれる交換相手はなかなか見つからない。そんな中ロケット団も交換会の噂を聞き、ポケモンを奪おうと企むのだが……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :大橋志吉
絵コンテ:井硲清高
演出 :浅田裕二
作画監督:岩根雅明(原画もひとりで担当)

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらリレー

【レギュラー以外の登場キャラクター】

テル(CV:亀井芳子)
リーフタウンの手前でサトシ達が出会った少年。持っているソーナンスをポケモン交換会に出そうとしていた。なかなか交換相手が見つからずにいたが、ひょんなことからムサシのベロリンガと交換が成立した。

ミツジ(CV:遊佐浩二)
ケンタロスバトルで10連勝を打ち立てた青年。飛び入りで来たサトシに敗れる。

オーキド博士(CV:石塚運昇)
ケンタロスバトルに参加する為、ケンタロスをヘラクロスと交換で送ってもらった。

コイキング売りのオヤジ(CV:石塚運昇)
過去にサントアンヌ号でコジロウにコイキングを3万円で売りつけたオヤジ。今回も同じ手口でコジロウをだまそうとしたがバレて、そそくさと逃走。

アナウンサー(CV:小西克幸)
ケンタロスバトルの実況を担当。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
ソーナンスを破りロケット団を撃退した。

ヘラクロス(CV:小西克幸)(→オーキド研究所へ)
ケンタロスを転送してもらう際、オーキド博士が「少し調べたいことがある」とのことで、オーキド研究所に転送された。

チコリータ(CV:かないみか)
技:つるのムチ、はっぱカッター
対ロケット団に出され、ソーナンスと対戦。しかし【ミラーコート】で反射され倒される。

(CV:小西克幸)
技:とっしん
ケンタロスバトルに触発されたサトシが、ヘラクロスと交換でオーキド研究所から転送してもらい、バトルに参戦。ミツジのケンタロスを破った。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

コダック(CV:愛河里花子)
テルのソーナンスの交換相手を探すなか、勝手に飛び出しリュックから顔を出した。意外に交換会の参加者からは好評だったが、カスミは交換を拒否している。

【テル】
(→ムサシ手持ち)(CV:上田祐司)
技:ミラーコート
テルがポケモン交換に出そうとしていた(愛着は持っているが、他のポケモンも育ててみようと思った為)。テルは当初はケンタロスバトルで活躍したサトシのケンタロスと交換しようと思っていたが、過去の一件もあってサトシが交換をしない主義だった為、成立せず。サトシ達も協力し相手を探すなか、男性の持つオドシシと交換が成立。いざ交換かと思いきや、通りかかった人のホーホーを見て男性は「空を飛ぶポケモンが欲しかったんだ!」と急に思い出しドタキャン。

しかしひょんなことからコジロウに吹っ飛ばされたムサシがポケットに持っていた、ベロリンガのボールが交換機に置かれ交換。交換されたとも知らずムサシが持ち去った。そしてムサシのポケモンとして対戦に出されるが、種族上自分から攻撃することができない。しかし、【カウンター】および【ミラーコート】で攻撃を跳ね返すことが可能。チコリータを倒し善戦するが、ピカチュウの【10まんボルト】は反射しきれなかった。

【ミツジ】
ケンタロス
技:とっしん
ケンタロスバトルで10人抜きを達成。飛び入りで来たサトシのケンタロスと対戦したが敗北。

(野生ポケモン)

なし

(その他)

(CV:愛河里花子)
カネヨのブルー。ロケット団のニャースのにおいを追ってやってきたが、特に騒動には関わらなかった。

ケンタロス
技:とっしん
祭りの恒例行事【ケンタロス追い】や、ケンタロス同士の戦いを繰り広げる【ケンタロスバトル】で盛り上がった。また力を合わせてロケット団を吹っ飛ばす。

(CV:坂口候一)
お祭りの参加者のポケモン。サトシ達を縛っていたロープを切った。

(モブキャラ)

グライガー、マリル、ヌオー、キマワリ、オタチ、オドシシ、ホーホー、ハネッコ、ストライク、オコリザル、クヌギダマ、スリープ、カモネギ、コイキング、ラッタ、ドードー、ビリリダマ、サンドパン、ニドラン♂、ニドラン♀、バタフリー、スターミー、ハッサム、ライチュウ、クラブ、マダツボミ、サイホーン、ナゾノクサ、メリープ、ゴーリキー、コンパン、プクリン、レディバ、ドンファン、ハピナス、ゴローニャ、ナッシー、ヤドン
お祭りの参加者のポケモン。

【ロケット団の行動】

リーフタウンのポケモン交換会の噂を聞きつけ、そこに乗り込めばポケモンが奪い放題と算段。売り子のバイトを装いつつ情報をさぐり、その後最新型ポケモン交換機をひっさげて登場し人々のポケモンを奪っていく。

その後コイキング売りのオヤジの手口にひっかかりそうになり、オヤジを追いかけるコジロウ。その勢いに吹っ飛ばされ、ひょんなことからベロリンガがテルのソーナンスと交換され、そうとも知らずムサシはソーナンスのボールを取る。ニセ交換機の嘘もバレたところで、ロープでサトシ達や参加者を縛り上げ、さらに持っているボールを吸い込んで奪おうとする。しかしサトシの機転で一斉に出されたケンタロス達の【とっしん】で吹っ飛ばされ、気球は森へ真っ逆さま。奪ったボールも落としてしまった。しかし、このボールは全部おとりの空のボールだった(【わざと負けたふり作戦】)。

作戦がうまくいったことに高笑いするが、そんなことをしている間にサトシ達に追いつかれ戦闘に。ベロリンガと思い込んだままソーナンスを繰り出し、戦闘となるがソーナンスが自ら判断して【ミラーコート】を出しチコリータを倒す。しかしピカチュウの【10まんボルト】は反射しきれず、そのまま威力の上がった流れ弾をくらい爆発、吹っ飛ばされて退場。

(ロケット団のメカ)

最新型ポケモン交換機
「交換をしながらポケモンのレベルを上げられる」というでたらめなうたい文句で人々を集めた。中にニャースがおり交換の振りをしてポケモンの入ったボールをくすねて、空のボールを返却するという寸法。

自動縛りロープ改良型・盆結び3号
ニャースが隠し持っていた。サトシ達や交換会の参加者をまとめて縛り上げた。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
ニセ交換機の中でポケモンを奪っていた。

【ムサシ】
ベロリンガ(CV:西村ちなみ)(→テル手持ち)
顔を洗ったばかりのムサシの顔をなめたせいで胸ぐらを掴まれる。オヤジを追うコジロウに吹っ飛ばされたことでボールが飛び出たことで交換機に置かれ、テルのソーナンスと交換された。

交換後もテルにとても懐いており、顔をなめまわしていた。

【コジロウ】
ウツボット(CV:愛河里花子)
水やりをしてもらい気持ちよさそうにしていたが、結局コジロウを飲み込む。

【アイキャッチのキャラ】

ソーナンス

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.122:バリヤード
パントマイムのような動きをすると、周囲に不思議な波動を発生させ、見えない壁(バリヤー)を生み出す。指の吸盤でその壁を昇ることもできる。

いつの間にかオーキドを見えない壁で囲っていた。

【ポケモン川柳】
バリヤード バリヤーうります バリヤーどう?

【名(迷)セリフ】

「なーに、また勝手に出てきて!あんたまさか交換されたいの!?」
「わぁ、コダックだ!」「かわいい!」
「え、コダックがかわいい?」
「このとぼけた顔がいいんだよなぁ!」
「世の中をなめ切ったこの顔!」
「哲学的だぁ」
「哲学的ぃ!?」
(カスミ/交換会の参加者)
「見てよ見てよそのコイキング!元気いっぱいなのを確かめてよ!ここだけの話、そのコイキングは黄金を生むんだぜぇ?」
「黄金を?」
「そいつは1回に卵を1000個産むんだ!それで1000匹のコイキングがまた1000個卵を産んでごらんよ!1000の1000倍だから、100万!100万匹が1000個の卵を産んでみなよ!そりゃもう天文学的な数字だぜ?」
「うん、うん」
「それを全部売ったら億の金だよ!お・く!」
「億!?」
「そりゃもう大金持ち!笑いが止まらないよぉ!普通なら1万円のところ、このコイキング産卵セット!育児セット!英才教育セット!おしゃれ小鉢をつけて!なんと3万円でどうだぁ!!」
「買います買います!…あ!待てよ?以前こうしてコイキングを買ってひどい目に……あれは確かサントアンヌ号のパーティーで……!ああーー!あんたあん時のおっさんじゃないか!金返せー!!」
(コイキング売りのオヤジ/コジロウ)

【memo】

・リーフタウンのお祭りでの有名行事が【ケンタロス追い】。群れて突進するケンタロスの角を触ることができれば、勇気ある者として称えられるという。

・ケンタロスバトルで連勝記録を破る活躍を見せたサトシとケンタロス。その功績から街の人々からもケンタロスの交換を持ちかけられる。そのうち3人の交換提示ポケモンはイワーク、ニドキング、サイホーン。しかし、サトシはサントアンヌ号でのバタフリーの一件もあって、ポケモン交換には慎重な立場であり、「あのケンタロスは交換しないんだ」と断っている。

・ポケモンを奪い小金を稼いだコジロウが声をかけられたのは、お祭りに興じて商売をしていたコイキング売りのオヤジ。例によって【黄金を生むコイキング】とうたいコイキングを3万円で売りつけようとした。コジロウはまたしても同じ手にひっかかりそうになるが、一度同じ手口でひどい目にあったのを思い出し、さらに偶然にもその時のオヤジと同じだったと気づくと、オヤジはすぐさま退散。返金させようと追いかけたが逃がしてしまう。

・ロープで縛られ動けないうえに、吸引機でボールを奪おうとしたロケット団。サトシはケンタロス追いでの経験からひらめき、ケンタロスを出すように指示。一斉に【とっしん】を仕掛け、ロケット団を吹っ飛ばした。

・ソーナンスは自ら攻撃することができないが、相手の技を反射することができる。ムサシはコジロウが持っていた図鑑から技を検索した結果【カウンター】が使えるのを知り、以降ソーナンスへの技の指示は全部【カウンター】で通している。相手の技によって【カウンター】【ミラーコート】の判断をしているのはソーナンス自身であり、とても頭のいいポケモンだといえる。

(※【カウンター】は物理攻撃を、【ミラーコート】は特殊攻撃を反射する技であり、本来は使い分けが必要。

・騒動解決後、テルは「ベロリンガを交換してくれた白衣のお姉さん(変装したムサシ)にお礼を言おうとして探していた」が、どこにもおらず。戦った張本人のサトシ達も、その時はまさかテルのソーナンスがムサシのもとに行ったとは思っていなかった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク