ジョウト編第29話(通算147話)「ウバメのもり!カモネギをさがせ!!」


【基本情報】

ジョウト編第29話(通算147話)
ウバメのもり!カモネギをさがせ!!
本放送:2000年4月27日

【本編のあらすじ】

2個目のバッジを獲得し、ヒワダタウンを後にしたサトシ達はウバメの森に入っていた。そこで炭焼き職人修行中の青年・ナオトと出会う。彼はカモネギを使って木を二丁取りにする仕事をしていたのだが、ポケモンの扱いに不慣れなせいか、カモネギとうまく息があわずにいた。一度彼と別れポケモンセンターで次の目的地を決めていたサトシ達だが、そこに慌てた様子のナオトが現れる。なんでもカモネギとケンカし逃げられてしまったらしいが……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :冨岡淳宏
絵コンテ:岩崎太郎
演出 :岩崎太郎
作画監督:平塚知哉

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ポケモンはらはらリレー

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ナオト(CV:吉野裕行)
ウバメの森にある炭焼き職人のもとに弟子入りし、修行している少し気弱な青年。炭焼きに使う木を切る仕事をしている。パートナーはヨサクから借りたカモネギ。しかしポケモンの扱いに不慣れなせいかカモネギにも愛想をつかされてしまっていた。しかしサトシ達とポケモン達の連係プレーに感銘を受け、カモネギと気持ちをひとつにしロケット団を撃退。カモネギとパートナーとして認めあい、指示も聞いてくれるようになった。

ヨサク(CV:島香裕)
ナオトが修行している炭焼き小屋の親方。職人肌ゆえに仕事に対してはとても厳しく、ジョーイいわく「とっても怖い人」

オーキド博士(CV:石塚運昇)
ウバメの森のポケモンセンターで連絡を取った。

ジョーイ(CV:白石文子)
ウバメの森のポケモンセンターを担当。ナオトや親方とも知り合い。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:はっぱカッター、つるのムチ
カモネギを捕らえた網を切り落とした。

ゼニガメ(CV:愛河里花子)
技:ハイドロポンプ
【えんまく】を振り払った。

(CV:小西克幸)
技:たいあたり
カモネギを捕らえたロケット団を最初に見つけた。【たいあたり】でロケット団が持っていたカモネギの茎を手放させた。

チコリータ(CV:かないみか)
技:はっぱカッター
カモネギを捕らえた網を切り落とした。

ヒノアラシ(CV:上田祐司)
技:かえんほうしゃ

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

コダック(CV:愛河里花子)

(CV:三木眞一郎)
技:みずでっぽう
サトシ達についたヘドロを【みずでっぽう】で洗い流した。

【タケシ】
(CV:石塚運昇)
サトシとナオトの窮地に現れ、身を盾に【どくばり】を防いだ。

イシツブテ(CV:三木眞一郎)

ズバット(CV:三木眞一郎)

ロコン(CV:愛河里花子)

クヌギダマ(CV:石塚運昇)
技:じばく
出して早々【じばく】しようとした為、すぐに戻された。

ナオトのカモネギを探すために、トサキント・ヒトデマン以外の全員が一斉に出されている(クヌギダマはすぐに戻された)。

【ナオト】

技:いあいぎり、つつく、みだれづき
炭焼き用の木を切るために、ヨサクから借りているポケモン。しかしナオトがポケモンの扱いに不慣れなせいか、指示を無視していた。その後も息が合わないどころかケンカになり、脱走。そこをロケット団に襲われる。

茎を攻撃や防御に巧みに扱い善戦するが、ベロリンガに茎を奪われ捕らえられる。しかしサトシとポケモン達の連係に感銘を受けたナオトが自ら茎を取り戻し、それを受け取ったことで形勢逆転。ロケット団に反撃し、逃げ出したロケット団には【いあいぎり】で木を切り倒し逃げ場を失わせた。切り倒した木を二丁取り(半月型の同じ大きさに切ること)にしたりと、今回の一件もあってナオトの指示も素直に聞くようになる。

【ヨサク(親方)】

技:かえんほうしゃ
炭焼き用の炉に【かえんほうしゃ】で火をくべていた。

(野生ポケモン)

なし

(その他)

ケンタロス、カビゴン、キングラー、ベトベトン
サトシが研究所に預けているポケモン達。オーキド博士と連絡中、サトシを応援しに顔を出した。

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

空腹に飢えながらウバメの森をさまよい、一度はサトシ達を見つけて追跡するも見失う始末。ニャースが嗅覚で探し当てたほこらのお供え物のまんじゅう2個を、ムサシとニャースが無断で食べた(コジロウは食いっぱぐれる)。その後ナオトのもとから脱走したカモネギを見つけ、活動資金とすべく奪おうとする。紆余曲折ありながらもカモネギを捕まえるが、ヘラクロスがそれを見つけサトシとナオトが立ちはだかる。

ベロリンガの舌さばきや、あまりの空腹から謎の粘り強さを見せたコジロウの活躍もあったが、サトシ達とポケモン達の連係で徐々に劣勢に。ヘラクロスの【たいあたり】で茎を落とし取り返されたことでカモネギにも逃げられ、逃走するもカモネギの【いあいぎり】で木を切り倒されて逃げ場を失い、最後はピカチュウの【10まんボルト】で吹っ飛ばされて退場。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
空腹状態から嗅覚で遠くにあるお供え物のまんじゅうを探し当てた。

※過去に自ら鼻がないことを発言していたはずだが…。

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)
技:どくばり、かみつく

(CV:西村ちなみ)
舌を伸ばしてカモネギの武器である茎を奪い、無力化。また網を切られて逃げ出したカモネギも舌で取り返した。

【コジロウ】
マタドガス(CV:石塚運昇)
技:ヘドロこうげき、えんまく
【ヘドロこうげき】はサトシ達全員に攻撃した。

ウツボット(CV:愛河里花子)
技:はっぱカッター

【アイキャッチのキャラ】

カモネギ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.053:ペルシアン
きまぐれな性格。しっぽを上げるのは飛びかからんとする攻撃のサイン。優美なからだつきが魅力とする人もいる。

オーキドは額の宝石のような部分を魅力としたが、無理矢理抱き寄せたことにペルシアンが怒りひっかかれた。

【ポケモン川柳】
おさんぽは つんとおすまし ペルシアン

【名(迷)セリフ】

「すごい!ポケモン達、サトシ君の言うことを聞いて連係プレーをしてる!」
「こうなった時のサトシとポケモン達はチームだからね!」
「みんなで気持ちをひとつにするから頑張れるんだ」
「気持ちを、ひとつに……」
(ナオト/カスミ/タケシ)

【memo】

・ナオトがカモネギに技を使わせようと懸命に指示をしていたが、サトシ達に指摘されるまで【いあいぎり】をずっと【いあいき】と言っていたりと、扱いに慣れていない様子。

・炭は燃料としてだけでなく水や空気を清潔にしたりする効果があるが、特にウバメの森で作られる炭は自然の浄化効果に優れている。タケシも愛用しているらしく、本人いわく特製ごはんの分量は【ニビシティ産の米:1、オツキミ山の湧き水:3、ウバメの森の炭:5】とのこと。

・ロケット団がお供え物を勝手に食べたほこらは、森の守り神を祀っているとされる。サトシ達はこのほこらを合流地点として、逃げたカモネギを探しにポケモン達を一斉に出し捜索した。

・お供え物のまんじゅうを逃したコジロウは空腹のあまり、カモネギの持っていた茎をかじっていたが食べられなかった。その後も退場まで結局何も食べることができなかった。

・騒動解決後、炭焼き小屋にもどったサトシ達は、ヨサクから焼いた炭の束をお礼に受け取った。

スポンサードリンク
スポンサードリンク