ジョウト編第25話(通算143話)「ヒノアラシ!ゲットだぜ!!」


【基本情報】

ジョウト編第25話(通算143話)
!ゲットだぜ!!
本放送:2000年3月30日

【本編のあらすじ】

いつものように森の中で道に迷っていたサトシ達は、そこでユウジというガラの悪いトレーナーに絡まれる。話によればこの森のどこかに野生のヒノアラシが生息してるらしい。ヒノアラシと聞いて居ても立っても居られないサトシは早速探しにひとりで飛び出すが、そこにロケット団もピカチュウを奪いに妨害に現れて……?

【主な制作スタッフ】

脚本 :米村正二
絵コンテ:浅田裕二
演出 :浅田裕二
作画監督:香川久

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ニャースのパーティ

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ユウジ(CV:陶山章央)
森に生息しているヒノアラシを探している少年。素行や口が悪く、目的の為なら卑劣な手段もいとわない性格。往生際も悪く、サトシがヒノアラシをゲットした直後にも、サトシを挑発しヒノアラシを賭けたバトルをさせた。それにサトシが勝利した後もしぶとくヒノアラシを捕まえようとしたが【かえんほうしゃ】で反撃され、退散した。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
ピカチュウ(CV:大谷育江)
技:10まんボルト
においでヒノアラシを探したが見つけられず。ガムガム弾に捕らわれた際にはサトシの指示でサトシもとろも【10まんボルト】を撃ちガムガム弾を破壊した。

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

【ユウジ】

技:すなかけ、どくばり、みだれひっかき、きりさく、スピードスター
ヒノアラシを先に見つけたサトシを【すなかけ】で妨害した。またサトシがゲットした直後のヒノアラシを賭けて、ヒノアラシと対戦。連続攻撃を回避されスタミナを消費するも、着々とヒノアラシにダメージを与えるが、【みだれひっかき】をかわされて木に爪を突き刺したことで抜けなくなり無防備になったところを【たいあたり】で倒された。

(野生ポケモン)

ヒノアラシ(CV:上田祐司)(→サトシ手持ち)
技:かえんほうしゃ、たいあたり
穴だらけの洞窟に生息。優しい性格だがとてものんびり屋で、サンドパンとの戦闘中に眠りこけるほど。また欠点として、攻撃技を出すのに時間がかかる。(例として、【かえんほうしゃ】は背中の炎が燃えている時にしか使えない
先に見つけたのはサトシだが、それを妨害し先に追い詰めたのはユウジ。しかしロケット団の妨害で逃げる成り行きからサトシが捕まえる。その後ロケット団に目を付けられサトシに逃げるよう手放されるが、サトシを守ろうと逃げずに背中の炎を燃やし、【かえんほうしゃ】でニャースロボを焼き尽くした。ニャースロボの爆発に巻き込ませないようにとっさにサトシがモンスターボールを投げ、正式にゲット。

その後すぐにユウジのサンドパンとの対戦へ。持ち前の素早さと動きを見切る力で回避は抜群だが、マイペースゆえにやる気が出ないと攻撃ができないという欠点が発覚。サンドパンの攻撃を受け流し続けるが何度かダメージを受け、ダウン寸前まで追い込まれるが、【みだれひっかき】を回避して木に爪を突き刺し、隙を晒したところで反撃の【たいあたり】をぶつけ、サンドパンを倒す。勝負あってからもなおしつこく追い回すユウジには、背中の炎を燃やし渾身の【かえんほうしゃ】を放ち、追い払ったのだった。

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

今度こそピカチュウを奪うべく、各々が汗水たらして働いて稼いだ資金で完成したニューマシン【ニャースロボット・ストロンガー1号】を投入。カスミとタケシの前に現れたがサトシはヒノアラシ探しに夢中で不在。そうと知るとすぐさまサトシの前に跳び、ピカチュウを捕まえようと妨害をはじめる。ヒノアラシを探している最中で構っていられないサトシは逃げ続けるが、ニャンコ球の爆発で洞窟から外に投げ出されたサトシをガムガム弾でついに捕まえる。成り行きからサトシが持っていたヒノアラシもついでに捕まえようと追い詰めるが、ヒノアラシの【かえんほうしゃ】で返り討ちにされ、ニャースロボは爆発、吹っ飛ばされて退場。

エピローグではどこかの街で土木作業のバイトをやっており、夜空に輝く一番星にロケット団の栄光を夢見るも、監督に怒鳴られながらしぶしぶバイトに勤しむのであった。

口上はカスミとタケシの前では「なんだかんだと言われなくても」勝手に述べ、サトシの前では2回目なので途中省略された。

(ロケット団のメカ)

ニャースロボット・ストロンガー1号
ニャースを模した巨大メカ。額の小判の上が搭乗口である。いつものように電気耐性ばっちり。肉球が【ガムガム弾】という粘着弾になっている。また【メガトンスーパーレーダー・ニャースアイ】の能力で隠れた標的を見通すことが可能。
奥の手は【自動追跡ロケットニャンコ球】というバウンドする大玉。ヒノアラシのいる穴だらけの洞窟に入ったサトシを妨害しようと発射した。【ニャースロボパンチ】というロケットパンチも装備していたが発射前にヒノアラシの攻撃で焼け落ち不発に終わる。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)

【アイキャッチのキャラ】

ヒノアラシ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】
No.128:ケンタロス
3本のしっぽを叩いてきたら突進の合図。ある街では道にケンタロスの群れを放し、人々がそのからだに触るという祭りがあるらしい。

講義中にケンタロスの群れが横切ってオーキドが巻き込まれた。

【ポケモン川柳】
ケンタロス とっしんふみつけ おおあばれ

【名(迷)セリフ】

「ヒノアラシ、ケガはなかったか?」
「ヒノ」
「よかった…」
「ピカ…!」
「なぁ、お前さっき俺とピカチュウを助けようとして技を出してくれたのか?」強いだけじゃないんだなー、お前。すげぇ優しいんだ!
(サトシ/ヒノアラシ/ピカチュウ)

【memo】

・ユウジは本編内では一度も名前を名乗っておらず、その為サトシ達も名前を呼んでいない。

・ロケット団が資金調達のために別行動で働いたバイトは、ムサシはハンバーガーショップ店員、コジロウは土木作業員、ニャースはティッシュ配り。

・ヒノアラシが生息していたのは穴が無数に開いた洞窟。中は迷路のように入り組んで広さもそこそこにあるが、住んでいたのはヒノアラシ1匹だった。

スポンサードリンク
スポンサードリンク