ジョウト編第14話(通算132話)「だいピンチ!マダツボミのとう!」


【基本情報】

ジョウト編第14話(通算132話)
だいピンチ!マダツボミのとう!
本放送:2000年1月13日

【本編のあらすじ】

最初のジムがあるキキョウシティに到着したサトシ達は、その途中子供たちにポケモントレーナーとしての基礎を教えるポケモン塾に立ち寄った。そこの女性教師・サユリに惚れたタケシに押されるままに授業の講師をすることになったが、サトシのピカチュウを気に入った男子生徒・ショウは強引にでもピカチュウをゲットしようとわがままを言いだす。ついには逃げるピカチュウを追って外に飛び出してしまい……。

【主な制作スタッフ】

脚本 :園田英樹
絵コンテ:石原立也
演出 :石原立也
作画監督:池田和美

【曲情報】

OP 
OK!

ED 
ニャースのパーティ

【レギュラー以外の登場キャラクター】

ショウ
ポケモン塾に通う男の子。ピカチュウを野生ポケモンと思いユカリと取り合いになった。その後もピカチュウを気に入り接近するが、強引にピカチュウを取ろうとする場面が多く見られ、断られると泣いてしまう泣き虫な面も。
偶然とはいえマダツボミをゲットするが最初はピカチュウに未練があり不仲だった。しかしロケット団撃退のために共闘し、友情を深めた。

ユカリ
ポケモン塾に通う女の子。ピカチュウを野生ポケモンと思いショウと取り合いになった。

サユリ(CV:柚木涼香)
ポケモン塾の女性教師。生徒達にも優しい性格だがジョバンニの変わったテンションを特に気にしておらず、少々感性がズレているともとれる。

ジョバンニ
ポケモン塾の塾長。ダンスが好きでいつも踊っており、奇抜な格好と陽気すぎる性格も相まってサトシ達も引いたほど。

【登場したポケモン】

(手持ちポケモン)

【サトシ】
(CV:大谷育江)
技:でんげき、10まんボルト
ショウに気に入られるが、少し困ったような表情を見せた。それでもなお強引に乗っかかられた為たまらず放電した。

フシギダネ(CV:林原めぐみ)
技:つるのムチ、はっぱカッター
爆破装置のリモコンを取り戻した。またマダツボミと協力し【はっぱカッター】でピカチュウと塔の柱を守った。

リザードン(CV:三木眞一郎)

ゼニガメ(CV:愛河里花子)
技:みずでっぽう
【えんまく】を塔の火事と思い放水した。

ヘラクロス(CV:小西克幸)

チコリータ(CV:かないみか)

【カスミ】
トゲピー(CV:こおろぎさとみ)

トサキント(CV:大谷育江)

ヒトデマン(CV:三木眞一郎)

コダック(CV:愛河里花子)

ニョロモ(CV:三木眞一郎)
技:みずでっぽう
【えんまく】を塔の火事と思い放水したが、すぐに戻された。

【タケシ】
イワーク(CV:石塚運昇)

イシツブテ(CV:三木眞一郎)

ズバット(CV:三木眞一郎)

ロコン(CV:愛河里花子)

(野生ポケモン)

(→ショウ手持ち)
技:はっぱカッター
ショウが茂みに隠れるピカチュウに向かってボールを投げ、ピカチュウと思い込んで捕まえたポケモン。くねくねとした独特の動きが特徴。最初はピカチュウに未練があるショウとは不仲だったが、だんだんと仲良くなり、ロケット団撃退のためにサトシのポケモン達と協力し、活躍した。

(その他)

なし

(モブキャラ)

なし

【ロケット団の行動】

サトシがショウに追いつき捕まえたマダツボミ(2人は中身がピカチュウだと思いこんでいる)の取り合いになるなか、いつの間に仕掛けていた落とし穴に2人を落とし、姿を現す。ロケット団も捕まえたのがピカチュウと思い込み、ボールを要求するが、ショウがボールを投げて登場したのはマダツボミだった。ピカチュウがまだ近くにいると読み、ボイスかわるんジャーでサトシの声になりすましピカチュウをおびき寄せ、あと一歩で捕まえられると思われたが、落とし穴の中にいるサトシが警告しピカチュウが逃げた為失敗。捕まえる網もなくなり、なすすべなくピカチュウの【10まんボルト】で吹っ飛ばされて退場。

その後マダツボミの塔の屋根上に落下、そこでタケシ達を見つけ、上階からマタドガスの【えんまく】で火事と思わせタケシ達を外へ出させ、塔を乗っ取り塔の柱をのこぎりで切り、爆弾も設置。交換条件としてピカチュウを差し出すよう要求する。ピカチュウが自ら要求をのみ捕まり、特製ゴム手袋で電気対策も施し事はすべてうまくいくと思われたがしかし、ショウのマダツボミの【はっぱカッター】で爆破装置のリモコンを奪い形勢逆転。ロケットでそのまま逃走しようとするが、フシギダネとマダツボミの【はっぱカッター】でピカチュウと塔の柱を縛るロープを切られ、ロケットの暴走に振り回されながら、空中でロケットが爆破、再退場した。

口上時は浴衣姿で登場。途中から盆踊りしながら述べた。

(ロケット団のメカ)

ボイスかわるんジャー
カントー編でも一度使われた、声を変えられる拡声器。サトシになりすましピカチュウをおびき寄せた。

ロケット型爆破装置
リモコン式で作動する。ニャースが持っていたがショウのマダツボミが隙を見て手放させた。

(手持ちポケモン)

ニャース(CV:犬山犬子)
ショウにボールを要求するムサシに「もうすぐおばさんだけど」と口を滑らせ蹴りをくらう。

【ムサシ】
アーボック(CV:坂口候一)
特製ののこぎりでマダツボミの塔の柱を切り落とそうとした。

ベロリンガ(CV:西村ちなみ)
特製ののこぎりでマダツボミの塔の柱を切り落とそうとした。

【コジロウ】
マタドガス(CV:石塚運昇)
技:えんまく
特製ののこぎりでマダツボミの塔の柱を切り落とそうとした。

【アイキャッチのキャラ】


マダツボミ

【オーキド博士のポケモン講座】

【今日のポケモン】

No.126:ブーバー
体温は1200℃に達する。マグマの中に身を隠すと見失いやすく捕獲例も少ない。

講義中にブーバーがいるだけであたりは高温になり、オーキドもたまらず裸になった。

【ポケモン川柳】
かくれんぼ ほのおにかくれる ブーバーよ

【名(迷)セリフ】

「ニャハハ!この塔の名前と同じでおみゃーらまだまだつぼみだニャ」
「つぼみで何が悪い!つぼみはいつか花を咲かせるんだ!」
(ニャース/サトシ)

【memo】

・マダツボミの塔の由来は、塔が1本の柱で支えられており、絶えずゆらゆらと揺れている柱がマダツボミの様子に似ていることからつけられた。また、ジョウトリーグを目指すトレーナーは必ず塔を訪れ、自分が旅立った故郷のことに思いをはせると言われている。(自分がトレーナーとして「”まだつぼみ”だ」と初心を忘れないようにする為)

・ショウはその後もピカチュウを気に入り「オイラにピカチュウをくれ!」とサトシにせがむが断られ、泣き出す。しかしその隙を見てサトシから空のモンスターボールをひとつ奪い、逃げたピカチュウを追って外に出るなど、子供ながらのずる賢さも見せた。生徒達がマダツボミの塔の見学に行くなか、サトシはショウとピカチュウを追うことに。

スポンサードリンク
スポンサードリンク